「−30万円損切りを経て、配当金40万円まで」資産形成は大切な学びの場

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

配当金によって平凡なサラリーマンである私の仕事観が一変しました。

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、マス層サラリーマンのオカユログです!(@okayuchikuwa

医療の飛躍的な発展により、平均寿命が伸び、日本人の平均は、男性が81.41年、女性が87.4年となっています。

生きる年数が増えれば、相応に生きていくためのお金もより多く必要になってきます。昔と違い、銀行に預ければ資産運用でき、また一つの会社に所属し続ければ、充分な退職金ももらえる時代ではありません。

そして崩壊しつつある年功序列・終身雇用制度のなかで、国や勤務先に頼るのではなく、個人が積極的に資産運用に取り組む必要性が求められています。

これからの現役世代(若ければ若いほどに)自分自身で資産を築いていかねばなりません。

今回の記事は。

資産形成をこれから始めていく人に向けて、どこから始めていけば良いのか?について考えていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

未体験ゾーンの投資をいきなりは厳しい?

idecoやnisa、積立nisaなど、投資をより身近に、始める人に少しでもハードルを下げる意味も込めて、投資を政府が推奨してきています。

ついには高校の授業にも金融教育を盛り込み、マネーリテラシーの向上を図ろうと躍起になっています。

個人個人の資産形成に対して、非常に魅力的な制度があっても、投資に対するイメージはどうしても「ギャンブル」的な発想が抜けきらない人もいて、世間一般に浸透しているとは言い難く、銀行に、安全に預かって貰えばいいと考える人もいるでしょう。

20、30、40代はまだまだ働く期間も長いですし、子供の教育費や住宅ローンなどかかってくるお金は多いです。そんな時に投資と言う資産形成の手段を身につけていけば、将来の資産形成に銀行の利息以上の利益をもたらしてくれる可能性があります。

その為には、これまでまともに受けてこなかった、お金に関する知識を蓄えていく必要があります。

資産運用は何から勉強すべき?はじめの一歩は家計分析から

引用 https://zuuonline.com/archives/229398

投資を始める前にやっておくべき「目的の明確化」

「資産運用」と耳にすると、株や投資信託、不動産など「投資」のイメージが先行しがちです。また、その仕組みも十分に理解しないまま、ハイリスクな金融商品に手を出してしまう投資初心者が散見されます。投資に前のめりになる前に、まずは資産運用の目的を明確化する必要があります。

私も投資を始める時、「資産運用」で真っ先にイメージしたのは、株式投資でした。あの当時は、何も知りませんでしたが、知らないことでリスクを理解することなく、突っ込んでいった感じです。

「目的の明確化」などあったものではありませんでした笑

漠然とした老後への不安を少しでも早く抜け出したい、すぐに成果が欲しいと無駄に焦り、キャピタルゲインを目指し、日本市場で小型、中型株を中心にスイングトレードをしていました。2週間、多くても1ヶ月ぐらいを目安に取引を繰り返していましたが、今となっては無謀なことをしていたなと思います。

何のために投資をするのか?資産運用において重要なことは、何に価値を置き、その実現のために、いつまでにいくら用意する必要があるかを知ることです。

私は損切りを経験した後に、何が目標なのか、を自問自答した結果、老後に心配ない資金を作り出すことだと言うことになり、その為にはどう言った投資スタイルが良いか?考えた結果、長期投資というスタイルに行き着きました。

目的を見つけ、目標を設定することは、継続へ向けての大きなモチベーションにもつながりますので。

  • 何のために
  • 誰のために
  • いくら

ぐらいの視点ざっくりと設定していっても良いと思います。現状の資産状況と家族構成などを見ればそこまでリスクを取る必要がない場合もありますからね。

3つの運用スタイル

運用の目的に応じて取るべき投資スタイルも異なってきます。例えば、私のように老後の資金、一昨年に話題になった老後資金2000万円問題を30代の今から解決するために動いていきたいと考えた時に、資産運用の捉え方も変わってきますね。

時間が10年しかないのと30年あるのとでは、同じ金額を目標にした時に、取るべき行動は全く違います。資産の減少リスクをより取らなければいけないのは、もちろん前者です。

今後数十年に渡って物価が上昇すれば現在、現金で保有する資産は、価値が目減りしてしまうリスクが潜みます。資産運用を行う必要性は、物価上昇リスクなども含めて判断しなければなりません。物価上昇分をカバーすることも含め、資産運用スタンスとしては、以下の3つのスタイルが考えられます。

投資はもちろん価値が減ってしまうリスクもありますが、かと言って銀行に預けたままではインフレリスクにさらされることになります。

投資を始めるタイミング、目標とする金額に応じて取るべきスタイルは大きく分けて3つある記事では言っています。

運用スタンス1:積極的運用型

十分な資産を保有するものの、子どもを海外の大学に進学させたい、趣味の海外旅行を毎年欠かさず楽しみたい、都心に住居を構えたいといった目的から資金運用を考えるケースです。この場合、株式や不動産を中心に積極的に投資を行い、お金に働いてもらうことで必要な資金を準備していきます。

充分に資産を築いているかどうかと言われると微妙なところですが、いち早く拘束時間の長い働き方から離れることのできる資産を築きたい、そう思って積極的にリスクを負って投資し、今現在の総資産は1800万円となっています。

お金にも積極的に働いてもらおうと、頂いた配当金は再投資し、お金がお金を生み出す状況を作り、私自身の労働に加えて、お金とのダブルインカム状態を作っています。

運用スタンス2:リスク考慮型

資産運用の重要性を認識し、運用によって得られる利益で人生を豊かにしたいが、リスクコントロールはしたいと考える場合です。このようなケースでは、保有する金融資産のうち半数を投資に回したり、株や債券、投資信託などに分散投資したりしながらリスクをコントロールしていきます。

先ほども言ったように、私は株式投資でリスク(総資産の7割を株式投資)を積極的にとっていますが、リスクコントロールも意識して、安定した配当が得られやすい生活必需品や医療分野など生活になくてはならない企業を中心に投資を行なっています。

私の主戦場は米国市場になるので、米国企業の話になりますが、話題のテスラやGAFAなどには、直接投資はしていません。非常に高い成長性がある反面、落ちた時の落ち幅も大きいことがネックに感じているからです。

それでも最近は守りの運用一辺倒ではなく、キャピタルゲインも目指して、GAFAのような成長株にも投資を始めています。最近では台湾の半導体メーカーTSM の購入もしました。

運用スタンス3:安全運用型

保有する金融資産で、将来のライフイベントで必要となる資金がすでに準備できている場合、積極的にリスクを取って運用するよりは、物価の上昇で資産が目減りしない程度に安全に運用するほうが賢明でしょう。このスタイルにおいては、国債など債券を中心に運用することになります。

リスクを負って投資してはいますが、ゆくゆくはスタンス3のように安全に運用できるようシフトしていこうと考えています。

充分な資産が築けたらの話にはなるので、絶対なるとは限りませんが、保有資産が充分に確保できているのに、積極的にリスクを負う必要性もなくなってきます。

リスク資産の割合が今よりももっと減り、債券など比較的安全とされている資産へと移行していくでしょう。

私の投資スタイルを改めて見てみると

私の投資スタイルは運用スタイルで見てみると、①と②の中間といったところでしょうか。リスクは積極的に取りながらも、保有している銘柄は安定的に配当をいただけるディフェンシブ株がほとんどです。

(保有株の一覧は概要欄にざっくりと書いてありますが、詳細に見るのであれば、以下の再生リストに載っている動画を見てくれれば、頂いた配当金と共に保有銘柄もわかるようになっていますので、もしお時間あればどうぞ)

Youtube再生リスト⬇️【配当金を頂いている企業(1ヶ月毎に更新)】

https://www.youtube.com/playlist?list=PLXfcf_dPsI1C5d2mBg54ykXqX0-U9L0Bg

総資産は米国市場のおかげで順調に増えており、年内に2000万円も視野に入ってきています。しかしながら目標であるセミリタイアはまだまだ遠い先にあります。

2021年は年間配当40万円、最終的には200万円を目標に投資を続けていきます。200万円は我が家の年間生活費になります。これがもし達成できれば、より私生活を重視したライフスタイルへの移行も視野に入ってきます。

投資を始めると、より意識するようになるのは、時間の大切さです。

資産形成は学生時代には習うことのできなかった、お金に対する知識を育む、大切な学びの場です。私は今後も積極的に運用し、投資家として成長していこうと考えています。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加オカユログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

私がセミリタイア達成へ向け、お金に関して多くを学んだオススメ書籍を紹介しています!

スポンサードリンク