「年収500万サラリーマン」のポートフォリオ 9月2週目

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b15559231a30e507c2ebdf45ee6e0be0.png

8月度の不労所得は13926円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

okayuです。@okayuchikuwa

今週もポートフォリオ報告を始めていきたいと思います!

リスクというものはそれぞれの家庭で異なります。その抱えているリスクによって投資へのアプローチは変わってきます。

投資資金と生活防衛資金のバランスなど一般的な尺度や基準はありますが、それを自分自身の環境に置き換え、検討する作業が必要で。

私はそれを常に意識して行動しています。

今回の記事は。

年収500万サラリーマンのポートフォリオとリスクについてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今週のポートフォリオ 米国株

今週の米国株ポートフォリオの評価損益は+347686円と先週に比べて−54512円となりました。今週も先週に引き続きほとんどの銘柄でマイナスになりました。

米国市場の調整局面ですかね?週を通じて大きく下落しました。

NYダウ10日終値27534.58ドル(前週末終値比 -598.73)

今月の買い増しはまだ行なっていないので、この下落局面がどこまで大きくなるのか様子を少し見ている段階です。配当金再投資をしている身としては下落している時の方がホッとするというのはあるあるですかね?笑

買い増しの際上記の表で参考にする部分はPER(株価収益率)、そして評価額がマイナスになっている銘柄です。その2項目を確認してからポートフォリオの構成比と照らし合わせます。

PER株価収益率

PER(株価収益率)は株価の割安割高を判断する為に重要な指標ですが、それだけで判断しないようにしています。

・同業他社と比較して数値はどうなのか?

・比較して低い場合、何故低くなっているのか?直近の決算を確認します。

ポートフォリオの構成比

配当金という不労所得を多くもらう為には単純に高配当の銘柄を買い増せば良いのですが、そうすると構成比のバランスが崩れ、リスクが偏ってしまう可能性があります。

私は「銘柄に惚れるな」という言葉を頭に刻み込んでいます。投資判断が偏った見方にならないようにする為です。

スポンサードリンク

割安な銘柄、株価が下がっている銘柄は買い増しをすれば多く配当を積み上げるチャンスでもあります。しかしながらそれだけを注視してしまうと本質を捉えられなくなってしまう可能性があります。

株式投資にはPER以外にも様々な指標があります。自分に有利な情報のみを参考にしがちですが、マイナス部分もしっかりと把握してから追加投資をするように心がけています。

スポンサードリンク

インフラファンド

インフラファンドは+1800円と先週に比べプラスに推移しました。インフラファンド は景気に左右されにくいというメリットがある反面、自然災害の影響を受けるというデメリットも併せ持っています。

インフラファンド への投資は先月から始めましたが、先日台風10号が過去最高レベルの勢力のまま九州に上陸することになり、投資している商品が自然災害の脅威に晒される場面に初めて遭遇しました。

双方のHPを確認してみると、台風による設備の損傷はなく、発電への影響は軽微だったようですね。特にカナディアンソーラーの設備の中心は九州にあります。

発電施設を特定の地域に集中させることによって、全国に分散しているよりも管理コストを低減できるメリットがありますが、同時に自然災害が発生すると被害が多数に及ぶデメリットもあります。

その為、投資をする際全国的に設備を分散保有しているのか?場所を絞って集中的に設備を保有しているのか?確認する必要があります。

カナディアンソーラーに投資する理由は。

  • 現時点でファンドの中で最大手であること。
  • パネルの製造→発電所の開発→発電所の運営・管理を一貫して行う垂直統合モデルを採用している、これによりコストの削減が可能であること

の2点が挙げられます。日本再生エネルギーは拠点が絞られているカナディアンソーラーに比べ、全国に分散して設備を保有している点でリスク分散の意味を込めて保有しています。カナディアンソーラーを軸に集中リスクを日本再生エネルギーで補填しているといったところです。

スポンサードリンク

仮想通貨

仮想通貨の方は先週に比べ、価格は回復しましたね。先週は保有通貨であるイーサリアム、リップル含むほぼ全ての通貨が下落した為、一気に含み損を抱えました。

投資額がまだまだ少ないので、価格下落による影響はわずかですが、暗号資産のボラティリティの高さを思い知ることになりました。

やはり仮想通貨に多くの金額を注ぎ込むのはリスクですね。株式市場と異なり仮想通貨の取引所は土日も含めて原則24時間365日、好きな時に取引を行うことができます。

総資産のうちの多くを仮想通貨で保有することは、リスクが大きすぎます。冷静に投資判断する事が困難になりそうです。

  • 毎月のブログでの収益をリップル
  • 楽天ポイントで1000Pをイーサリアム

しばらくは入金額を絞り込み、長期保有前提で投資を続けていくつもりです。

スポンサードリンク

リスク分散について

私はどこにでもいる平凡なサラリーマンです。特に他の投資家さんと比べ秀でたものはなく、毎月家計管理をして投資資金を捻出し、コツコツと資産形成を目指しています。

そんな私が総資産の約7割近くを投資に回す事ができているのは他にリスク(借り入れ)がない事があります。

安定的に資産を形成するには余計なリスクはなるべく少ない方が良い、私はそう考え行動するようにしています。

一つのリスクに集中して管理する事でどんな状態に陥っても適切な対処が出来るようにしています。

人それぞれ抱えているリスクが違えば許容範囲も違ってきます。投資のリスクのみならず様々なリスクを洗い出し、適切に判断できる上限を設定し管理していく事が資産形成に置いて重要であると私は考えています。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク