「年収500万サラリーマン」の大きな支え、配当金受領

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b15559231a30e507c2ebdf45ee6e0be0.png

8月度の不労所得は13926円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

okayuです。@okayuchikuwa

今回は米国オイルメジャーのXOMから配当金をいただきました。失敗を恐れる事なくリスクを全て配当金の為に投資に向けています。

収入という面では、私はサラリーマンという安定した収入源を得ています。

そんな恵まれた状況なのに、リスクを取らないのは非常にもったいない。

お金に対してももちろんそうですが、何より時間に対して無駄にしてしまう事がもったいないと感じています。

人生は一度きり!ただ貯蓄して記帳して増える金額を眺めているのか?わ元本保証はなくても銀行の利息以上の資産形成を目指すのか?

私は後者を選びます。

今回の記事は。そんな配当金の受領報告になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今回の配当金

今回はXOM(エクソンモービル )から配当金を頂きました。金額にして税抜き8651円ほどの不労所得を得ました。

エクソンモービルとは原油と天然ガスの探鉱・生産・輸送・販売及び石油製品の製造・輸送・販売を行っています。アップストリーム事業は原油・天然ガスの探査・生産を行う。ダウンストリーム事業は石油製品の製造と販売を行っています。

アメリカ合衆国テキサス州に本社を置く、総合エネルギー企業である。石油メジャー最大手であり、スーパーメジャーと呼ばれる6社の内の一社です。

私のような米国株で配当金再投資スタイルの投資家の方なら知らない人はいないと思います。

38年連続増配の優良企業になりますが、2020年はコロナウイルスの感染拡大により、石油需要が激減し、大きなダメージを負いました。

増配の歴史が途切れるか、もしくは減配へ舵を切るのではないかと噂されています。誰も予想していなかった未曾有の事態が今年起きましたので、受け入れるつもりです。

石油需要は今後急速に少なくなっていくのか?国際エネルギー機関(IEA)の資料によると。

出典 World Energy Outlook 2019 より

再生可能エネルギーの比率は今後徐々に大きくなってくるものの、シェアがひっくり返るほどの影響力はまだなく、需要はまだまだある事が予想されています。

今を見ているのではなく、長期的な視野で投資を考えていますので、あまり直近を過度に意識する事なく保有するスタンスは変わりません。

スポンサードリンク

配当金推移

今回の配当が3回目になります。ここまで21782円の不労所得をいただいています。私の残業時間に換算するとおよそ10時間分になります。

働かずとも、お金が働くことによって10時間分ものお金を生み出しているのです。

・不労所得を得るようになって

数年前まで不労所得なんてお金持ちのやる事として考えてこなかった私がこうして今となっては毎月不労所得を得ています。

自分の中のイメージだけで切り捨ててしまうのは簡単ですが、もしかしたらチャンスも捨ててしまっているかもしれません。

今はインターネットを調べれば情報の質は自分で取捨選択が必要ですが、情報はたくさん出てきます。スタートラインに立つか、立たないかで資産形成に関しては大きく差が生まれます。

まずは少額投資だって問題ありません。まずはスタートを切り、その後それを継続する為にどうすれば良いか?を考えていくことになります。始める前から失敗を想定してやらないのはもったいないです。

・今月の配当金

今月は17111円の受け取りになっています。あとMCDを残すのみですが、毎月前年度を超えていて徐々に積み上がっていく事が非常にモチベーションに繋がりますね。

このペースで来年度も積み重ねていけるように、家計管理や積極的な投資で失敗を恐れずガンガン突き進んでいきたいと思います。

スポンサードリンク

XOMに依存せず、分散投資を

現状XOMは私のポートフォリオの中で最も減配リスクのある株になります。だからと言ってすぐに損切りする決断はしません。

未来は誰にもわかりません、もちろん減配がないに越したことはないですが、たとえ減配になったとしても私は保有を続けます。

いくら再生可能エネルギーに注目が集まり、ESG投資家が増えたとしても、石油の需要がここ数年で全く0になることはありませんし、XOMに集中投資しているわけでもありません。

私のポートフォリオの中でXOMが占める構成比は5%で、一番比率が低くなっています。

私は米国株で16銘柄を1名柄に偏ることのないように、バランスを取りながら保有、買い増ししています。

またESG投資の観点で言えば、再生可能エネルギーへの投資としてインフラファンドへの投資もしていますので、その点でもある程度リスクヘッジしてあります。

減配ならそれは残念ですが、XOMに依存したポートフォリオは組んでいませんので、そこまで心配はしていません。

もちろんこの判断が正解かどうかはわかりません。XOM含め10年後、20年後に配当金再投資戦略で無事に資産形成が出来ていたら成功、出来ていなければ失敗ということになります。

しかしながら私は「時間」を優先します。お金は稼ぐ事が出来ても、時間は買うことはできません。今この時資産形成にむけ、やるべきことを後悔のないようにやっていこうと思っています。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク