「年収500万サラリーマン」不労所得で経済的自立を目指す

現在の不労所得状況

9月度の不労所得は22868円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

okayuです。@okayuchikuwa

今回は高配当ETFのHDVから配当金をいただきました。

デイトレードでキャピタルゲイン投資を目指すように、毎回大きな利益を得ることは出来ませんが、着実に歩を進めるインカムゲイン投資に魅力を感じています。

待機資金の活用方法などまだまだ改善すべきこと、考えるべきことはたくさんありますが、長い時間をかけて投資するからこそ慎重に、そして決断に自信をモテるような行動をしていかなければなりません。

今回の不労所得のように一つの銘柄の配当が私の目標である「経済的自立」へ近づいていると思うとモチベーションも湧きますし!地道に歩みを進めていきたいと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今回の配当金

今回はHDVから配当金を頂きました。金額にして税抜き3996円ほどの不労所得を得ました。

HDVとは世界最大の資産運用会社、米国のブラックロック社が提供しているiシェアーズ・コアシリーズの中で米国高配当株にフォーカスしたETFです。配当水準が比較的高位の米国株式で構成される指数と同等の投資成果を目指しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d4acf8d98b6c4192fa27223c4d7ad300.png
引用 ブラックロックHP プロダクトリストより

HDVの特徴の一つとして頻繁な銘柄入れ替えがあります。HDVが採用している指数はモーニングスター配当フォーカス指数(Morningstar-Dividend-Yield-Focus-Index)となり、この指数が銘柄の頻繁な変更と関係があるんでしょうか?

・モーニングスター配当フォーカス指数とは?

モーニングスター配当フォーカス指数は、モーニングスター(Morningstar, Inc.)が算出・公表する、米国株式市場において、米国高配当株で構成される指数(配当込み)をいいます。これは、米国株式市場全体の約97%を占める「モーニングスター米国株式指数(Morningstar US Market Index)」の構成銘柄の中でも、財務の健全性が高く、かつ持続的に平均以上の配当を支払うことができると認められた「利回り上位75社の銘柄」で構成されています。

引用 https://www.ifinance.ne.jp/glossary/index/ind177.html

財務の健全性が高く、同時に、持続的に平均以上の配当を支払うことのできる、質の高い米国籍企業75銘柄で構成されていて、配当として支払うことのできる資金余力(配当力)によってウェイト付けを行っています。

財務の健全性という言葉を切り取って、構成銘柄上位を見てみると、XOMが構成銘柄上位の2番手に位置しています。いずれ除外される時が来るのでしょうか?

引用 https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239563/ishares-core-high-dividend-etf

配当金推移

今回で3回目の配当金受領になります。合計で11719円の配当をこれまで受けています。

配当利回りは4.23%となり、私のポートフォリオの平均利回り(4.05%)を超える銘柄となっています。

今月はまだ始まったばかり、そして最も多くの配当がもらえる月です。毎月の買い増しによって配当金は着実に積み上がっているので、今月も期待できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bc14cfa63bce35e747b5e7d6bf501ceb.png

・配当金の現状

昨年まで不労所得が大体1万円程だったものが、2020年に入り2万円を超える月が多くなってきました。継続の大切さを身にしみて感じています。

昨年同時期はある程度ポートフォリオが固まってきていたのて、段々と不労所得の伸び率は下がってきますが。継続した買い増しで今後も地道にコツコツと。積み重ねていきたいと思っています。

現在の取り組みが大きな資産に繋がると信じています。

今の我慢は将来の資産の為に

そこまで我慢しているつもりはありませんが、欲を言えば、何も気にせず買い物もしたいし、外食にもいきたい。

しかしながらある程度我慢しているのは、今の満足よりも将来の資産の方が優先順位が高いからです。

毎月の余剰資金を全て投資に回し、経済的自立へ向けて突き進む。

満遍なくできるほどの給与は残念ながらもらっていません、何かを犠牲にしなければならないので、全てやろうとすれば逆に全てが中途半端になります。

理想を描くよりも現状でどうやりくりするかを考え、今後も突き進んでいきます!

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。