「年収500万サラリーマン」 不労所得の積み上げと家計の変化

現在の不労所得状況

9月度の不労所得は22868円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

初めまして okayuと申します。@okayuchikuwa 現在30代 適度な田舎な町で平凡なサラリーマンをやっており…

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

証券口座はそれぞれに特色があります。自分にとって少しでも有利な証券会社は何か?を考えた結果SBI証券と楽天証券になりまし…

okayuです(@okayuchikuwa

今回はMKC(マコーミック )から配当金を頂きました。

こうして私がサラリーマンとして仕事をしていない時でも、自身で稼いだお金が働いてくれ、配当金を頂ける機会を生み出してくれます。

一人で働いているようで、お金にも働いてもらっているので、ダブルで収入源があります。

ということはリスクヘッジにもなり得ます。ある程度元金は必要になってくるこの戦略ですので、元金が少ない場合はまずは貯蓄する習慣が必要になってきます。

お金が自然と貯まる習慣作りから始め、投資への準備(マネーリテラシーの向上)していきましょう。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

投資をすることは様々な学びの場を提供してくれ,成長に繋がりますが,しっかりとした土台がないとすぐに場から退場させられてし…

今回の記事は。

配当金受領と配当金推移の記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今回の配当金

今回はMKC(マコーミック )から配当金を頂きました。金額にして税抜き1457円ほどの不労所得を得ました。

・企業概要

マコーミック・アンド・カンパニー(McCormick & Company, Incorporated)は小売業者、食品製造業者及びフードサービス事業者等の食品業者向けのスパイス、シーズニングミックス、調味料等の生産・マーケティング・販売を行う。

ロゴ

アメリカ合衆国メリーランド州に本社を構える世界最大のスパイスメーカーです。

アメリカ各地はもとよりヨーロッパ、中南米、アフリカ、インド、中国、東南アジアなど世界各地に支社、工場を持ち、特に北米とイギリス、フランスでのシェアは約3割~5割にまで達しています。

世界を見るとスパイス市場はマコーミックが席巻しています。

マコーミックのビジネスは、調味料やスパイスという極めて安定性が高く、不況耐性も強い商品の製造を行っています。そもそも、調味料やスパイスは、ハイテクのような技術によるイノベーションがほとんどありません。

私もそうですが、昔から使い慣れた商品、食べ慣れた商品は余程の変化がない限り。新商品に冒険しようとは考えません。馴染みのある商品は裏切りがありませんからね。

・直近の決算は?

香辛料や調味料などを販売するマコーミック(NYSE:MKC)は、29日の第3四半期(6〜8月)決算で、好調な売上高と利益を発表しました。

・売上は14.3億ドルで、前年同期比8%増

・営業利益は2億7,300万ドルで、前年同期比8%増

・調整後の営業利益は2億7,300万ドルで、前年同期比5%増

経営陣は、需要見通しの改善によっては2002年以来の株式分割(2対1)を実行すると述べました。

私自身米国株に投資を始めてから、初めての経験になります。

株式分割とは

株式分割とは、会社が発行済の株式を一定の割合で分割して、株式数を増やすことです。一株当たりの株価が分割されることで下がるので、MKCの株が欲しい・・でも株価が高くて手が出ないという人にとってはチャンスになります。

市場の流動性が上がります。今まで株価の高い状態では、目を向けていなかった投資家たちの注目を集めることができるだろう。それによって、分割前よりも、全体としての資産が増加することが目的の一つです。

今回のMKCの発表は2対1なので私の保有している25株→50株へと増えることになります。

・株価の動きは?

週足のチャートになります。コロナショックによる大きな下落から株価は一気に価格を戻し最高値を更新していますが、ここ最近伸びが落ち着いていますね。

この動きを鑑みて分割に踏み切ったのでしょうか。

配当金推移

今回で4回目の配当金受領になり、2020年度のMKCからの配当金受け取りは最後です。合計で5642円の配当を受けています。

配当利回りは1.27%で、私のポートフォリオの平均利回り(4.05%)は下回ります。

今回の株式分割にあるように、私の保有株の中では数少ない成長性も感じられる銘柄となっています。

・ここ数年の増配率

ここ四年間の配当推移です。ここ3年は二桁に迫る増配率を記録しています。マコーミックは33年連続増配銘柄となっています。

マコーミックの配当性向は約40%で、まだまだ配当余力はありますね。成長と安全性を重視する収入を求める投資家にとって、マコーミックは注目すべき銘柄といえそうです。

・配当金状況

今回の配当金で今月の受け取り配当額は27892円となりました。過去最高を記録しました。

今月は受け取る銘柄が多いので、初の月に3万円の配当も見えてきています。

こうして一つずつ階段を登っていくのが配当金の魅力であり、醍醐味です。MKCからの配当金額は少額かもしれませんが、コツコツと積み上げていくことが大事です。

高い配当金にも障害が

高い株主還元の意識で連続増配銘柄が多数ある米国企業ですが、米国からの配当金は一つ税金面で不利な部分があります。

日本でかかる税金(20.315% 内訳は所得税が15.315%、住民税が5%。)+米国でかかる税金(10%)で合計約30%の税金という2重課税問題があります。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

証券口座はそれぞれに特色があります。自分にとって少しでも有利な証券会社は何か?を考えた結果SBI証券と楽天証券になりまし…

・私が米国市場に魅力を感じる点

しかしながらそれ以上に米国市場には世界を代表する企業(GAFAを筆頭に)数多く上場しています。GAFAとは。

  • Google(グーグル)
  • Apple(アップル)
  • Facebook(フェイスブック)
  • Amazon(アマゾン)

の頭文字をとった呼び名です。これらにマイクロソフトを加えると時価総額上位5社の合計が、東証1部約2170社の合計を上回っているという・・。

そんなITの巨人達が創業し、米国であり、在籍しているのが米国市場になるのです。そんな巨大企業が在籍している市場に投資しない手はないと私は考えています。詳しい部分は以下の記事から

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

私が米国株に投資する理由は,これから先の人口の推移になります。日本は今後人口は減少していくことが見込まれていますが,米国…

不労所得の積み上げと家計の変化

待機資金をどう運用していくか?これからの課題です。ゆっくりと考えていこうと思っていたのですが。ここ最近そんな悠長なことも言ってられなくなる事態になりました。

私の所属している企業は成果主義とは真逆の世界を行っています。

古き良きといえば聞こえは良いですが、典型的な昔ながらの日本企業のそのものです。成果よりも自分の時間を切り売り(残業)することで収入を稼ぐスタイルです。

ある意味でその恩恵を受けていたわけですが、それがコロナウイルスの先行き不透明感から残業規制がかかり、サラリーマンとしての収入が悪化するという事態になりました。今後数年は続く予定です。

・家計の変化、良い、悪い点

今回の件で良かったこと、悪かったことそれぞれあります。

良かった点

・家計支出を既に最適化できていたこと

良かったというか、助かったともいうべき事柄です。2019年から家計支出の見直しを段階的に行なってきたことで残業がなくとも家計黒字を維持できる状態にしていたことで、残業依存体質を抜けていたことで、現状でも焦りはそこまでありません。

家計黒字を目指すには固定費の削減が必須です。

・副業に専念する時間が生まれたこと

平日は常に19時帰宅だったのが、平均で18時帰宅になったことで、家にいる時間が増えました。そのことによって自炊する機会も増えましたし、何より副業に専念する時間が増えたのも大きな変化です。

悪かった点

・余剰資金を生み出しにくい環境になったこと(収入減少によって)

現状はこれらが挙げられます。良い点は時間を作り出すことができたことです。この時間は副業の時間に割り当てていこうと考えています。

唯一の懸念事項である投資資金の捻出の問題、それを解決すべく、配当金再投資を行い、毎月の配当を積み上げています。家計支出は既に最適化できているので、この毎月の配当金を積み上げる作業に注力していきたい。

その為には待機資金を投資に変えていくペースを上げていくべきか・・、現金比率を保つか・・。悩みどころです。

焦る気持ちを抑えながらも、経済的自立のための行動にブレーキはかけたくない・・その為にどうするべきかを考える日々です。

今回は以上になります、最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆さんが実りある日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

是非ともシェアお願います↓励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。