「年収500万サラリーマン」株式投資、不労所得、ブログで得られたもの

現在の不労所得状況

10月度の不労所得は32567円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

初めまして okayuと申します。@okayuchikuwa 現在30代 適度な田舎な町で平凡なサラリーマンをやっており…

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

証券口座はそれぞれに特色があります。自分にとって少しでも有利な証券会社は何か?を考えた結果SBI証券と楽天証券になりまし…

okayuです(@okayuchikuwa

私は現在30代、田舎に住む極々普通のサラリーマンです。ここ2年間は投資+副業を通じて本業の所得に依存しない。

本業以外の収入で毎月の生活費を賄うこと=経済的自立を目指して日々活動しています。

昨年から本格的に目指し始めましたが、これから長く遠い道のりなのは間違いなく、しかも必ず成功する保証はありません。

しかし労働だけの収入で資産を築く時代はもう終わりを迎えています。お金に稼いでもらう、そして自分で稼ぐ力をつけることが今後重要になってきます。

最近自分でも稼ぐ術を身に着けるために日々活動していると、本業にも副業にもお互いに活かせる部分があり、相乗効果での成長を感じています。

今回は不労所得そして副業それぞれに経験を積むことの大切さについて記事にしていきたいと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

株式投資によって得られたもの

私は1年半前から米国株式市場への投資を行なっています。「時間」と「複利」で配当金を再投資する。長期的な視野で資産を築いていくことを目的としています。

投資に出会えたことは私の人生の中で大きな転換点となりました。20年後、30年後もこの気持ちは変わらないでしょう。

投資によって行動そのものが変わったからです。具体的に何か?と言いますと。

①稼ぐお金に対して、使い方をより細かく管理

労働によって稼いだお金の活かし方をより考えるようになりました。特に投資資金の捻出の為の行動、そして日々の買い物が大きく変わりました。

・投資資金の捻出

投資というものは銀行に預けているより資産を増やせる可能性がある一方で、元本保証はありませんので資産を減らす可能性もあります。

その為投資判断に対してできる限りの行動をしなければなりません。投資は自己責任です。

もしかしたら労働によって稼いだお金が減ってしまう可能性があります。

そして家計の支出に関しても削減を進めました。本当に値段に見合ったサービスを受けているのか?

よりコストパフォーマンスの良い商品はないか?ということで支出の見直しをしました。

  • 電力会社(楽天でんきへ)
  • 火災保険(年9000円から年4000円で保証内容が同じ保険へ)
  • 通信費(auから楽天モバイルへ)
  • 生命保険(終身保険を払い済みに)

を見直すことで家計の黒字化を目指し、結果残業代がなくとも家計黒字を維持できるようになりました。

投資資金を安定的に捻出することができるようになりました。安定的な資金の捻出には支出削減は必要不可欠、特に固定費の削減は必須項目になってきます。

・日々の買い物

それまで現金主義だった私がクレジットカード払いに切り替えました。それまでは会計の際現金を受け渡すことによるお金を支払った感覚を大事にしていましたが、今や現金を手に取ることはほぼなく、9割以上クレジットカード払いで対応しています。(私は楽天ゴールドカードです)

楽天カード

現金で払えば何もポイントがつきませんが、クレジット払いは利用しているサービスによってもらえるポイントがあります。

そしてお会計もカードを渡すだけなのでスムーズで時間短縮にも繋がります。

・ネットショッピング

またネットショッピングも積極的に利用するようになりました。私は楽天経済圏の人間なので、食料品以外は楽天市場で買い物するようにしています。

DポイントやTポイントなどサービスを利用することでもらえるポイントは様々な種類あるのですが、出来れば一つにまとめるべきです。

貯めるポイントを絞り込みサービスを利用することでポイントの貯まるスピードが上がります。

楽天ユーザーの私はそこまでヘビーユーザーでなくとも、楽天経済圏に入ればこのぐらいはもらうことができます。(※楽天でんき、モバイル、銀行、証券など利用でポイント倍率は常時倍です)

同じもの(10000円)を購入するにしても、私の場合楽天市場で購入すれば900Pが還元されます。常時9%引きで購入することができます。

・稼いだお金を有効活用する

少しでも自身で稼ぐお金を有効に活用できるよう常に意識しながら使うようになりました。

お金を銀行に預けているだけでは資産は増えていきません。リスクを負うことも大事で、そのリスクを少しでもカバーするために家計管理をし、家計を安定させることでバランスをとっています。

不労所得で得られたもの

労働以外で収入を得る手段を知らなかった私が、米国株で配当金再投資を続けてきたことで毎月20000円近い不労所得を得るまでになりました。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

私が米国株に投資し, 経済的自立を目指すのは株主還元の意識の高さ以外にも国内の状況として日本市場よりも魅力的だからという…

自分が働いていない時でも企業は活動し、利益を生み出しています。その利益から還元される配当金が私の不労所得です。

投資したお金がお金を生み出してくれます。これが配当金の魅力であり、インカムゲイン投資の最大の特徴になります。

仕事との向き合い方の変化

今までは収入を少しでもあげる手段は昇進、もしくは残業時間を積み上げることが必要でしたが、不労所得を得ることでこだわりがなくなりました。

不労所得を得ることで残業に依存しなくても収入を得られる。これにより精神的な支えが生まれ、身を粉にして働くことが全てだった狭い視野を広げることができ、その結果会社以外で過ごす時間が増え、精神的、肉体的に楽になりました。

いくら残業してお金を稼いでも、体力的に限界はありますし、たとえお金を稼いだとしても結果、健康を害してしまっては元も子もありません。

私の現状はコロナウイルスによって残業規制がされていますが、ここまでの準備(固定費削減、不労所得の積み増し)によって大きな支障はありません。

私はこれからもサラリーマンは人生をかけるものではなく、あくまで収入を得る手段の一つとできるように。

投資で不労所得を積み上げていくことに全力を注いでいくつもりです。

ブログによって得られたもの

このブログを立ち上げ、約10ヶ月になります。慣れないながらも毎日更新しています。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

10月度のブログ報告になります。継続は力なりということで経済的自立という目標へ向けて毎日コツコツと継続してきました。少し…

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 47cceba526fb7f2b17a158a65aa1d594.png

先月収益は約1240円と久しぶりの4桁の収益に喜んでおります。時給に換算すると非常に低いので考えません笑

最初は読んでくれる人はいるのか?と疑心暗鬼でしたが。着実に訪問してくれる方は増えています。

今もそうですが、自分の言いたいことを文章で表現するのが難しいです。わかりやすい文章を意識して書こうと思っていても、なかなか難しいですね。

  • 相手に説明する
  • 文章を書く能力
  • 誤解なく伝える

を日々意識しながらブログを書いています。これからも更新しながら勉強を続けていきます。

相乗効果で成長スピードアップ

20代の頃は定年までサラリーマンとして働き、収入を得ることしか考えていませんでした。

このままで良いのか?という疑問を持ったことがきっかけで現在に至ります。

労働しかなければ、それでしか経験値を積み上げることができません。

私は投資でお金に対する意識、ブログで相手に伝える文章力、様々なことを経験することで人間としての幅を広げようとしています。

異なる経験は他の経験に活かせないのか?と言われると決してそんなことはありません。

一つの経験では解決できなくても、他の経験がどこかで解決の糸口になったり、物事の考え方(アイデア)に幅が生まれます。

これからもやらないままにイメージで失敗から逃げるのではなく、失敗するとしてもまずやってみる。

何事も挑戦する姿勢を貫いていきたい、この部分を意識して活動していきたいと思います。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

私が利用しているサービスです


楽天カード+楽天市場

楽天経済圏への第一歩、家計の味方楽天ポイントをお得に貯めています。楽天カードだけでも楽天市場でのお買い物がお得に♪

楽天カード

SBI証券

米国株投資はSBI証券、SBIネット銀行の米ドル為替コストが安いのもありメイン口座です。

SBI証券

ハピタス
ポイ活も積極的に行なっています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ザ・モトリーフール・ジャパン株式会社

登録無料です。米国株の情報収拾に、投資の参考にしています。

モトリーフール

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。