「年収500万サラリーマン」資産のポートフォリオ報告10月5週目

現在の不労所得状況

9月度の不労所得は22868円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

初めまして okayuと申します。@okayuchikuwa 現在30代 適度な田舎な町で平凡なサラリーマンをやっており…

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

証券口座はそれぞれに特色があります。自分にとって少しでも有利な証券会社は何か?を考えた結果SBI証券と楽天証券になりまし…

okayuです(@okayuchikuwa

今回も保有している投資商品の報告を始めていきたいと思います!

大統領選挙が直近に迫っています・・。とその前にコロナウイルスの感染再拡大が懸念され、先週の米国市場は大幅に下落しました。

結果はどうあれ、株価がもしさらに下落するようなことがあれば・・。

もちろん買い増しをしていきます!

長期的な視野で投資をしていく私にとっては「時間」の使い方がより大事になります。

今後も米国市場には投資を続けていくつもりです、そんな中大統領選挙は今後複数回あります。その中の一回が今回になります。

こんなに他国の大統領が決まる瞬間を気にすることは株式市場に投資していなければ、深く考えることもありませんでした。

今年はコロナもあり、様々な制限がかかり楽しみの少ない一年となりそうですが、「時間」は過ぎ去っていきます。

資産形成においては特に無駄にしている暇はありません。後悔のないように今後も全力を注いでいくつもりです。

今回の記事は。

10月5週目、年収500万サラリーマンのポートフォリオと挑戦についてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

米国株

今週の米国株ポートフォリオの評価損益は−182812円と先週に比べて−398461円と非常に大幅な減少となりました。

NYダウ29日終値26659.11ドル(前週末終値比 -1676)

10月26-29日の米国株式市場で、NYダウは大幅に下落しました。米国で新型コロナウイルスの感染者数が過去最多ペースで増加していることや、新型コロナの追加経済対策をめぐる与野党協議の難航が株価を押し下げる結果となり、先行き不透明感を投資家達の中で売りが優勢だったと言えそうです。

先行き不透明感を投資家は一番嫌います。現状は大統領選挙に加え、コロナウイルスに対する脅威は依然としてあるので投資家心理は懐疑的な側面があることは間違いないところです。

引用 SBI証券 海外市況より

来週は大統領選挙を皮切りにFOMCや雇用統計など重要な発表が目白押しで、方向性が見えてきたらじっくり買い増し銘柄を検討していくのが得策かなと考えています。

・来月の投資資金

給与−家計支出を除いた投資資金とプラスαの配当、そして待機資金を組み合わせて来月の予算は20万円ほど予算で買い増しをしていこうと思っています。

今月の権利確定月の銘柄はパターン②です。PERや構成比プラスαでこの6名がらも見ながら買い増しを検討していきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 79b0a67ef1a68bbb57de3f906549c08e.png

・PERが割安=買いとはならない

PERがいくら割安な水準だからと言って、すぐに飛びつくのは問題です。

・割安に買いなく、割高に売りなし

安いものにはそれなりの理由があります。高値の銘柄には買われた理由があり、安値に放置されているには何か理由があります。

株に限らずですが、あまりに安売りされている商品は=お得とは最近感じなくなり、なぜ安いのか?を考えるようになりました。

安い「安いものにはワケがある」と疑ってかかることが重要です。

真の割安銘柄を発掘するように心がけることの大切さを説く格言です。

インフラファンド+仮想通貨

・インフラファンド

まずは下落耐性の強いインフラファンド から。

インフラファンドの方は+46772円マイナス200円と先週は久しぶりに僅かな減少で推移しました。相変わらず52週最高値付近で推移しています。

週足のチャートはカナディアンソーラーが陰線、日本再生可能エネルギーが陽線でした。

赤い線は日経225の推移になります。(トヨタ、ファーストリテイリングなど日本を代表する225社で構成された指標)

カナディアンソーラーは日経平均を上回り、日本再生エネルギーは日経平均と同じ水準で推移しています。どちらもここ数年分配金を安定して株主に提供しており、長期保有には問題はなさそうです。

上場しているインフラファンドは名前はインフラですが、投資対象は、依然として「太陽光偏重」が続いています。

上場インフラファンドは今のところ全ての資産が太陽光発電施設です。

今後は太陽光以外の再生可能エネルギー発電施設や公共インフラなどへの資産の多様化が課題となってきますが、安定した資産として投資家に注目されさらに資金が流入してくれば、さらなる市場の発展はあるのではないでしょうか。

・仮想通貨

仮想通貨の方は先週に比べ、価値は下落しました。

仮想通貨市場は政府公認の貨幣ではないことから、非常に値動きの激しい仮想通貨市場です。そんなボラティリティの高い市場で安定した利益を出すのは難しいです。

私の投資テーマは「長期投資」なので、長期的な視野で仮想通貨市場とも向き合っていくつもりです。毎月のブログ収益、楽天ポイントなどを駆使してコツコツと買い増しを行なっていきます。

・bitFlyer

仮想通貨の追加資金はブログ記事の収益を毎月の買い増し資金としています。収益に関しては今後ブログ報告と共に記事にしていく予定ですが、買い増しを行いましたので先に記載します。

新たにbitFlyerを口座開設して、買い付けしました。

・何故?口座開設したのか?

本来であればSBIVCトレード+SBIネットで買い付けを行う予定ですが、調べていくうちにbitFlyerもSBIネット銀行での入金は無料でした。その他にもメリットがあった為、今後はbitFlyerで積立を行なっていこうと考えています。

・他のサービスを利用することでビットコインをもらえる

引用 https://bitflyer.com/static/getcoin#first-time

様々なサービスをbitFlyerを経由して利用することでビットコインをもらえるサービスがあることです。

私は楽天経済圏の人間です。bitFlyerでは楽天市場、楽天トラベル、楽天ふるさと納税などのサービスを利用することで還元を受けられます。

一つ一つは少ないかもしれませんが、コツコツ時間をかけて積み上げていけばいずれ大きな還元金額になり、もしビットコインの価値も上がったとしたら一石二鳥となります。

買い付け手段がブログ収益のみだったのが、他のサービスを利用することでも仮想通貨の投資につながるのであれば、悪い選択ではないのではと。

何事も挑戦

株式投資も短期投資での失敗(損切り)から入り、長期投資で投資先を検討する中で米国株で配当金再投資の投資スタイルに行き着きました。

決して順風満帆ではありませんし、私自身どこにでもいるサラリーマンなので資金も潤沢にあるわけでもなく、守るべき家族もいますので資金を失うのはもちろん怖いです。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

生活防衛資金を検討することは大事で,取れるリスクは家庭環境によって異なります。最低限確保しながら,投資に回せるお金は積極…

仮想通貨は政府公認の通貨ではないので、特にリスクには敏感になるべき物も最近保有し始めました。

記事の最初にも言ったようにリスクというものはそれぞれの家庭で異なります。

それぞれの家庭の抱えているリスク、そして資産によって投資へのアプローチは変わってきます。そのバランスを常に意識することは重要です。

しかしながらその中でも挑戦の気持ちを持ち続けなければ、良くも悪くも何も変わりません。

変わらないままで良いと言う人もいますが、人生は一度きり。

自分の中で満足のいく人生を歩む為には、波風立たずに平穏な暮らしを続けていくのも一つの手ですが、何か後悔が残りそうな気がして。

少しでも後悔のないような人生を歩んでいきたいと言う思いが強い為、これからも挑戦を続けていきます。

未来は誰にも読めません。だからこそ面白いし、失敗も成功も血肉にして資産も自身も成長していきたいと考えています。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

私が利用しているサービスです


楽天カード+楽天市場

楽天経済圏への第一歩、家計の味方楽天ポイントをお得に貯めています。楽天カードだけでも楽天市場でのお買い物がお得に♪

楽天カード

SBI証券

米国株投資はSBI証券、SBIネット銀行の米ドル為替コストが安いのもありメイン口座です。

SBI証券

ハピタス
ポイ活も積極的に行なっています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ザ・モトリーフール・ジャパン株式会社

登録無料です。米国株の情報収拾に、投資の参考にしています。

モトリーフール

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。