「年収500万サラリーマン」配当金を頂き、再投資へ

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b15559231a30e507c2ebdf45ee6e0be0.png

8月度の不労所得は13926円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

okayuです。@okayuchikuwa

これからまたコロナショックのような暴落局面が来ても、自分の中の投資ルールを守り通せる自分でいたいと思っています。

これから損切りしたりする可能性もあるかもしれませんが、狼狽売りだけはしないように意識して行動します。

暴落して投資家たちが皆悲観していても配当金という名の不労所得は頂くことができます。

それをコツコツと積み上げていくのみです。

今回の記事は。

不労所得を頂くこと、そして保有する銘柄についてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今回の配当金

今回の配当金はPFE(ファイザー)とV(ビザ)からの配当金で合計5589円でした。

PFEは連続増配年数11年のファイザーは医薬品、ワクチン、医療機器等の提供。世界最大のメガ・ファーマの一つです。

Vも連続増配11年の決済技術(決済サービスや決済ネットワーク)を提供するテクノロジー企業です。

ファイザーはヘルスケア企業として安定した需要が見込め、ビザは日本国内でもキャッシュレス決済の筆頭として高い利益率と成長性が魅力の企業になります。

PFEは先日ダウ平均から除外されることが決まったことで株価が下落し、PERが割安水準になっています。

S&Pダウ・ジョーンズは24日、エクソン・モービル(XOM)、ファイザー(PFE)、レイセオン・テクノロジーズ(RTX)をダウ平均から除外し、新たにセールスフォース・ドットコム(CRM)、アムジェン(AMGN)、ハネウェル・インターナショナル(HON)を新規に組み入れると発表。新しい30銘柄で構成されるダウ平均の計算は8月31日に開始されます。

引用 トウシル https://media.rakuten-sec.net/articles/-/28392?page=2

私はそれ以前に買い増しを行なっていましたので、追加投資をすることはありませんでした。

保有銘柄の構成で買い増し候補を検討していますので、現在保有している銘柄の中で上位のPFEはしばらく買い増しは行いません。

次に購入する時は①株価が急落して構成比率が落ちてきた時か②比率下位の銘柄の買い増しを進め、構成比率が下がってきた時です。

Vに関しては買い増しを行なったのは随分と前になります。グロース株のため市場では常に人気で割高な状態で買うことになります。

高配当株ではないので、何故?ポートフォリオに組み込まれているの?と疑問に思われるかもしれませんが、今後の成長力と配当金も増配を続けているので、時代に乗る意味も込めて保有しています。

スポンサードリンク

配当金推移

2020年に入り3度目の配当金となりました。Vは買い増しを行なっていないのでほぼ横ばいです。Vは毎年増配をしているとはいえ投資家に人気の銘柄なので株価上昇によって配当利回りが少なくなってしまいます。一方でPFEは定期的に買い増しを行なっているので金額が積み上がってきています。

・成長企業と成熟企業と利回り

成熟企業と成長企業の違いは利回りにも影響してきます。高配当の企業はどちらかというと成熟企業が多いです。

安定した売り上げ、利益を稼げる土台がありますが、企業として爆発的な成長は見込めないので、成長株のように株価は大きく伸びることがない。その為利回りが上昇します。

需要と供給のバランスで需要の高いものを買おうとなると、市場で人気の銘柄は常に高い値段で購入せざる終えません。

米国株式市場で配当金再投資を行なっている人たちはこういった成熟企業の株を多く保有することで、頂く配当金を再投資して資産形成を目指すというスタイルです。

GAFA+MSFT、TSLAなどその時々の波に乗っていくスタイルではないということですね。

配当金と投資へのモチベーション

安定した利益と高い還元意識からくる配当金によって、不労所得を積み上げることが出来ています。

今回の成果を合わせると2020年は162107円の配当金になりました。自分のお金が働いてくれることによって得たお金が着実に積み上がる。

毎月私の元へやってくる不労所得を再投資し続ければ、減配にならない限り、前年の実績は超えていくことができます。

・配当金はさらなる投資のモチベーション

毎月不労所得が積み上がっていくことが投資に対する達成感とさらなるモチベーションを与えてくれます。

数字が積み上がっていくごとに少しずつ自身の成長も感じ、それと同時に運用の難易度も上がってます。

また未知の領域へ試行錯誤しながら少しずつ階段を登っていく地味ですがその作業を繰り返すことで資産は築いていけるものと考えています。

失敗も成功も経験はなんでも糧にして、資産形成を加速させていきたいと思っています。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク