「日々のニュース」ボーナスは何に使いましたか?

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

企業に勤めていると、一般的に年に2回もらう機会の発生するボーナスというイベント。その企業で頑張ったことによる対価として給与とは別に支給されます。

もらうことで仕事へのモチベーションを維持できる部分が私は多いにあると思っています笑

しかしながらボーナスはあくまで企業が利益を出してこそ、当たり前にもらえるものではありません。

ボーナスはあくまで余剰のお金です。私はボーナスはあてにして家計管理はしていません。自分ではそう考えていますが、周りの人はどうなんだろう?と考え、調べてみると興味深い記事にたどり着きました。

今回の記事は。

ボーナスの使い道は?そして考え方についての記事になります。

ではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

皆さんは何に使いましたか?

少し期間はずれていますが、皆さんは会社からのボーナスはどのように使われましたか?

私は必要経費で車の車検費用に使い、残りは全て投資に回しました。一般的に夏と冬の年2回、半年間の頑張りの成果として、ボーナスという固定で支払われる給与に加えて支払われる給与があります。

ローンの支払いや、貯蓄、生活費、私のように投資するなど人それぞれ家庭環境によってそれぞれ異なると思います。

他の方の使い道は?

私の頭の中ではボーナス=投資資金で脳内変換されるのでボーナスを他の用途に使うという選択肢は浮かんでこないのですが笑

ふと他の方々がどのような使い方をしているのか?気になったので調べていると以下のような記事に行き着きました。

【2020年】今年のボーナスの使い道を既婚男女1,038人が回答!コロナ禍における使い道の変化とは!?

引用 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000021233.html#:~:text=%E3%80%8C%E4%BE%8B%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E9%81%93,%E3%80%8F%E3%80%8E%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%BB%E9%A4%8A%E8%82%B2%E8%B2%BB%EF%BC%88

収益用都市型マンションの総合デベロッパーのプロパティエージェント株式会社(https://www.propertyagent.co.jp/)は、ボーナスのある民間企業に従事している既婚男女(子どもの有無別)を対象に、「ボーナスの使い道」に関する調査を参照しています。

ちょうど私の家庭環境と同じ条件の調査だったので少し見ていこうと思います。

子供あり、なしでも関係なく圧倒的に貯蓄の割合が多いようです。わかってはいましたが、私が行なっている投資の方は割合が少ないですね。

今使うのか?それとも後々の資産の為に使うのか?という時間的観点から見たときにまだまだ今使うお金以外の用途がなければ貯蓄という選択肢の割合が多いということが見て取れます。

スポンサードリンク

ボーナス減少、支給されない

ボーナスはあることで貯蓄ができている、そんな人もいるかもしれませんが、ボーナスに関していえば昨年のコロナウイルスによって企業業績は良い、悪いの格差が如実に現れたといえるでしょう。

それを表す一つの尺度としてもボーナスは図ることが出来ます。

冬ボーナス、7割弱の企業で「減少」――1万社調査

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/807c9b9e939fa09e5b556897841a27a4a3f1b5ed

調査は東京商工リサーチが12月1日~9日、約1万社にネット上で実施した。資本金1億円以上を大企業、それ未満もしくは個人企業を中小とした調査になります。

記事によりますと、今冬のボーナス額について「減少した」と答えた企業は7割弱に上ったそうです。

ボーナスの使い道は?のアンケートでも使い道以前にボーナスがなくなったという回答も一定数ありました。このことからも昨年始めに流行が始まったコロナウイルスによる企業への影響が徐々に増えてきていることがわかります。

しかしながらボーナスがあるか、ないかでもし家計に影響が出るのであれば、それは家計管理に問題を抱えていると私は考えます。

スポンサードリンク

そもそもボーナスはあてにしない

ボーナスはあくまで会社の利益に対して出るものだと思っています。私の会社のようにコロナの影響で赤字に陥っている企業がボーナスを期待できないのはしかたのないことです。

私自身ボーナスはゼロベースで考えておかないといけません。

ないという事実は私自身にも精神的ダメージかないと言えば嘘になりますが、そういう性質のものだと割り切って、他のところで補えるように頑張るのが賢明かと思っています。

投資の必要性

そこで投資が必要になってくるわけです(いつも言っています笑)

労働する以外にも収入源を作っておくことがこれからの時代必要不可欠であり、その中の一つに投資があります。

投資を始めるにもどうすれば?いきなり多額の資金を投入するのではなく、小額投資でも経験するしないで人間としての成長度合いは違います。

まずは投資を始めることが大事です。また積み立てnisaなど税金面で優遇されている制度もあります。

短期投資なのか?長期投資なのか?キャピタルゲイン、インカムゲインなど投資スタイルは様々です。

どのような投資スタイルが自分に合っているか?についてはゴール地点をどこに設定していくかによって異なります。

それもこれもスタートを切らないことには始まらないのです。

投資が上位に食い込む日はくるか?

今後ボーナスの使い道の上位に投資の二文字が浮上してくることがあるのでしょうか?今ままは年齢を重ね、余裕資金が生まれてきた高齢の方々が投資を始めるイメージでした。

しかしながら今の若い世代は投資の大事さに徐々に気づいているようです。私も開設している楽天証券に関する記事がありました。

楽天証券500万口座突破 9カ月で100万口座増

引用 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2012/15/news144.html

記事の中ではこのように書いてあります。

楽天証券の伸びを支えたのは、女性と若年層、そして初心者層の取り込みにある。新規口座開設者のプロフィールを見ると、女性比率は39%と大きく増加し、30代以下の比率は全体の65%に達している。また、投資初心者の比率は7割を超えている。

若年層の証券口座開設の割合が大幅に増えてきているそうです。もしかしたら近い将来投資も上位にやってくるのかもしれません。

私もボーナスなんて当てにしなくても投資で全然賄える、そんな言葉が言える日が来る様に、不労所得+キャピタルゲイン投資で資産運用を続けていくつもりです。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

以上オカユログでした!@okayuchikuwa

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。