「株式投資」は資産形成に限らず 自身も成長させてくれる

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

私の投資の軸は『長期投資』『複利』『配当金再投資』の三本で構成されています。

2018年11月からこのスタイルで投資を始めましたので、現在まで約一年半になります。

一番は配当金を再投資することになります。企業から頂けるお金を使って、企業の株を購入する。

その資金確保に今全力を注いでいます。支出の管理を徹底し、余剰資金の最大化を図り、そして収入の複線化も同時に行なっています。

しかし最近資産形成のみならず、様々な面で自身を成長させてくれていることに気づくようになってきました。

そんな株式投資にまつわることについて書いていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

目次に戻る▶▶

株式投資を始めるきっかけ

私は30代の平凡なサラリーマンです。何故投資を始めたか?それは。

現在の労働に依存しきった家計のままで良いのか?

という漠然とした不安からスタートしました。

米国株投資を始める以前は日本株メインで短期売買を繰り返していましたが結局約30万円の損失を出しました。

私の性格上、取引時間が仕事中の日本株は気になりすぎて精神的にも良くありませんでした。

そこで良い投資先、手法はないか?と考えていた時に出会ったのが米国株で「配当金再投資戦略」でした。

この書籍に出会って、タイトル通り投資バカな私でも出来るかな?と思いスタートしたのが米国株に投資を始めたきっかけになります。

そして配当金再投資戦略を勉強していく中で、他の方々が揃って参考にされている書籍が以下になります。

配当金再投資戦略の魅力を具体的な数値と共に示してくれたこの書籍は今までもこれからも読み返すであろう良書です。

目次に戻る▶▶

現在に至るまで

赤のグラフが株式投資の割合になります。最初が約28万円からスタートで、現在は約700万、これだけ積み上げていきました。現在の総資産に占める株式の割合は50%で半分を占めます。

それまでリスクを取ることなど論外と考えていた私がここまで変わりました。

総資産の面で見ると株式投資の効果はまだまだ見えてきていませんが。配当金の実績を見ると株式投資の成果が見て取れます。

昨年の2月から配当金の受領が始まり。着々と積み上がってきています。今年に入ってから毎月1万円の配当金、そして今年は約25万円の配当金を予定しています。

特別に難しいことをしているわけでもなく、株式を保有し、もらう配当金で株式を買い増しすることです。さらに言えば連続増配をしている銘柄に投資をしています。

米国企業自体が株主還元に積極的なのもありますが、それだけ毎年利益を出し続け、財務が安定しているということです。私のポートフォリオもほぼ増配している銘柄で構成されています。

配当金再投資戦略が成り立つのは、株主還元に積極的な米国の企業文化にもあります。

目次に戻る▶▶

継続するために必要なこと

現在の配当金再投資戦略を継続するために必要なことは。

支出の管理し、余剰資金を生み出すこと

これに尽きると思います。毎月の入金を欠かさぬように支出管理しています。支出管理に有効な手段は数値をいつでも見える状態にすることです。

私は「マネーフォワード」を使ってネット上で管理しています。管理をまとめていつでも見れる状態にすれば、改善意欲にもつながりますし、毎月の状態もチェックしやすいです。

家計管理によって生み出した余剰資金は毎月の買い増しに使います。

毎月の買い増しを大事にする理由は。

時間を利用して高値掴みのリスクを分散することにあります。

引用 https://www.39asset.co.jp/beginner/bunsan/より

長期投資なので、そこまで気にすることもありませんが、少しずつ買い増しすることが毎月の楽しみであり、家計管理のモチベーション維持にも繋がっています。

私はSBI証券で株式を保有していますが、現在は一回の取引手数料がなくなったので、手数料負けという概念がなくなりさらに入金力が乏しい私でもやりやすい環境になったというのもモチベーションに繋がっています。

目次に戻る▶▶

投資は資産形成以外でも自身を成長させてくれる

総資産で見ると目立った効果は見られませんが、配当金はコツコツと積み上がってきています。

これからも継続していくことで着実に資産に繋がってくると思われます。

1年半という短い期間ですが、やってみて思ったことは。

株式投資は様々な面で自身を成長させてくれるツールであるということです。

株式投資に出会えなければ。

配当金という不労所得の概念を知ること

家計管理にメスを入れること

・収入を増やす努力をすること

世界経済の動向をチェックすること

これらのことをすることはなかったと思います。資産形成は経済的な自立というゴールのために必要ですが、それ以外の面でもこの短期間で様々な勉強をさせてくれました。

資産形成以外でも学ぶことの多い株式投資は学校教育にも取り入れるべき重要な教養であると私は感じています。

目次に戻る▶▶

まとめ

私の人生の中で、株を含め「投資」に出会えたことは本当によかったと思っています。

これからも人生を豊かにしてくれる、成長させてくれる「投資」と向き合い。経済的自立達成に突き進んでいきたいと思います。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!