「積み重ね」JNJから配当金をいただきました

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

6月も続々と配当金の入金があり、安堵させてくれます。約一年半前まで考えもしなかった、不労所得を得るということ。

今思うとサラリーマンの給与に完全に依存していた私が、ここまで意識を変えることが出来たのは。

このままではマズイと真剣に思ったから、人に評価される事は確かに大事だけど、いつまでも与えられる(評価)のを待っているようじゃ、ダメだ。

何より目標が定まりづらい。私のように実力主義でない職場では評価の基準は仕事の出来のみでは測れないところが多々ある。

自身の成長が止まってしまうのに、時間だけが過ぎてしまう。

なら自分自身で稼げるようになろう!その過程で必ず自身の成長に繋がると思い資産運用を続けています。

今回はその成果でもある配当金入金の記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

JNJについて

今回はJNJ(ジョンソン&ジョンソン)から入金がありました。

JNJ 基本情報(MSNマネーより情報抜粋)

セクター 医療 業界 医薬品

52週最高値 157 52週最安値 109.16 利回り 2.87% EPS 6.41

2019年 売上高 820.59億円 純利益 151.19億円 売上純利益率 21.12%

ジョンソン・アンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)は医療分野において各種製品の研究・開発・製造・販売に従事する持株会社である。【事業内容】同社は消費者、医薬品、医療デバイスという3つの事業区分により構成される。同社は人間の健康と幸福に関連する商品を中心に提供する。消費者事業はベビー・ケア、口腔ケア、スキン・ケア、市販薬、女性の健康と創傷ケア市場に使用される各種製品を含む。医薬品事業は免疫学、感染症、神経科学、腫瘍学、心臓血管と代謝疾患を含む5つの治療分野を中心とする。医療デバイス事業は整形外科、外科手術、心臓血管、糖尿病ケア及び視力ケア分野に使用される製品を含む。研究施設は米国、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、日本、オランダ、シンガポール、スイス、英国に位置する。

スポンサードリンク

JNJはは1886年、創傷治療のためには医師や看護師が滅菌済みの縫合糸・手術用ドレッシングや包帯を使うべきであるという、当時としては革新的なアイデアをもって創業されました。

日本では医薬品、医療機器を取り扱っていますが、消費者向けにも製品を提供しています。

・絆創膏のバンドエイド

・歯磨用品のリステリン

・赤ちゃんのスキンケア ジョンソンベビー

・コンタクトのアキュビュー

などが有名商品になります。日本でも馴染みのある商品ばかりですね。

スポンサードリンク

JNJの原点

大切な誰かを思いやる気持ちこそ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの原点です。
それは、どんなに時代が変わっても、決して損なわれることなく確かに受け継がれることで、百年以上に渡ってヘルスケアに関連した世界中のニーズに応え続けています。

直近の決算は?

直近の4半期決算はどうだったのか?ということで見ていこうと思います。

引用 JNJ HPより

売上高、純利益共に好決算だったようですね。EPS(1株当たりの純利益)もそれに伴い大きく上昇。

引用 JNJ HPより

分野ごとの売り上げを見ますと、Medical Devicesが下がっていますが、Consumer HealthとPharmaceuticalは伸びています。

主力市販薬(TYLENOL、MOTRIN鎮痛剤)の需要増加で売上増加。

逆に医療機器の分野は医療手術の延期等で売上が低下しています。

好調な決算を背景に今年も6.3%の増配を発表しました。0.95⇒1.01ドルとなります。58年連続の増配となりました。

配当金の受領

今回は30株で2920円の配当金が入金されました。

58年連続増配を続けている企業ということで、本当に経営の安定感を感じられますね。結果的にコロナショックの時が絶好の買い増しのチャンスだったのでしょうね。

先週は米国市場がコロナ第二波を警戒して暴落し、また不安定な相場になるかもしれませんので、他の銘柄も合わせて注意深く見ていきます。

配当金推移

今回の配当金の入金で6月度は7932円となりました。当然といえば当然ですが 、今年に入って配当金の額は全て前年を上回っています。

今月も上回ることは確実です。コツコツ積み重ねてきた結果が毎月の配当金に反映されるのは本当にモチベーションに繋がります。

この入金力をどこまで維持出来るかが、私の課題です。

まとめ

サラリーマンとして、配当金(不労所得)と出会って、生活が変わりました。投資手法は人それぞれですが、私は配当金再投資と出会って、本当に勉強になりました。

これからも学び続け、投資を通じて資産形成を目指していけたらと思っています。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!