「経済的自由へ向け」総資産報告-12月4週目

現在の不労所得状況

11月度の不労所得は14860円です。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

okayuです。@okayuchikuwa

2020年も残りわずかとなってきました。生活面では様々な場面で自粛を余儀なくされる事態となり、投資では積極的な活動で資産形成できた一年だったと思っています。

1年1年積み重ねていくことの大事さを身にしみて感じ、来年はさらに積極的に活動していくつもりです。

簡単にいくとは思っていませんが、リスクと時間をバランスよく管理しながら来年もより発展する1年にすべく今から下準備を進めています。

今回の記事は。

12月4週目の資産報告と投資活動についてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

12月4週目資産報告

・総資産

先週と比べ+74606円と微増で、そして全ての項目で+で推移するというなんとも縁起の良い占めとなりました。

2020年始めはコロナショックが起きる前まで総資産1500万円を目指していた時にコロナショックが発生、一時1200万円台まで落ち込む時期もありましたが、米国市場の回復と共に私の資産も回復を続け、ここまで1600万円台まで資産を伸ばしてきています。

米国経済の回復を信じ、自身のやるべきこと(淡々と買い増すだけ笑)をコツコツと積み上げてきた成果が資産の増加となって数値に現れてきています。

今年は歴史に残るような相場、大きな変化をもたらした年になりました。

その中でも退場せず、自身で決めた投資ルールを守ることができたのは今後の投資家人生の大きな自信に繋がることでしょう。

預金

先週と比べ+63095円とプラスで推移しました。今週は給与の振り込みがあり、現金比率が上昇しています。

上がったと言ってもまだ30%台ですが、金額にすると500万円。我が家の生活防衛資金は1年分の生活費として200万円を設定していますので、まだ300万円近い資金を待機させていることになります。

現金比率を下げようと頭ではわかっているものの、中々行動に移せていませんが、来年こそは待機資金を減らしていこうと考えています。

生活防衛資金はそれぞれの環境によって必要な金額は異なります。私の考え方は以下の記事にまとめてあります。

・株式投資、投資信託

株式投資は+8223円、投資信託は+2284円と微増で推移しました。

今年の残りわずかですが、最後まで積極的に投資していこうと思っています。現金の項目でも言いましたが、まだ待機資金が300万円近くあるので投資で運用していかねばと考えています。

・何故リスクを取れる?

現状コロナウイルスの脅威はいまだ健在で不透明感は拭えていないのに、何故そんなリスクを取れるのか?

と言いますと構成しているポートフォリオのほとんどがディフェンシブ株で構成されているからです。

私のポートフォリオの中には2008年のリーマンショック時でも増配を行なっている企業が多くを占めています。

人々の生活に密着し、欠かせないサービスを提供している企業は安定的にキャッシュフローを生み出してくれます。

そのような企業から頂ける配当金を再投資し、さらに企業の株を買い増すことで雪だるま式に資産を積み重ねて行くことが私の投資スタイルだからです。

投資はキャピタルゲインだけじゃない、インカムゲインは確かに成果に時間はかかりますが、安定感という意味ではキャピタルゲインに勝るものがあります。

経済的自由へ向けた取り組み、出来事

今週も資産形成を目指す上で、多くの出来事がありました。

・給与の入金

今週は今年最後の給与が振り込まれました。生活費を除いた余剰資金と今月の配当金を合わせて来月の投資資金は最低でも15万円程度の予算になりそうです。

決して高収入ではありませんし、生活を切り詰めて我慢して投資資金を捻出しているわけでもありません。

無駄なものにお金を使わないことを意識して行動するだけでも毎月5万〜10万円の範囲で余剰資金を生み出すことができています。

コロナ禍で出かけられないのもありますが、来年以降もこの水準を維持していくつもりです。

・MCD、KOから配当金受領

今週もMCD、KOから配当金をいただきました。それぞれ2993円、3235円の入金です。

米国には世界リードする企業が数多く在籍しています。MCDやKOは日本の人でも知らない人の方が少ない非常に有名な企業です。

そんな有名企業をただ保有するだけで配当金という不労所得が頂けるのです。銀行で現金を預かってくれる安心感も確かに大事ですが、決して増やしてはくれません。

・米国株新規購入

私のポートフォリオに新たな銘柄が加わりました。コンエドの愛称でS&P500指数にも採用されている公共事業セクターに属する企業です。

私が投資する判断基準として意識していることは安定感。米国株に投資している私が実際に企業のサービスを受けることは少ないです。

だからこそ財務の安定や連続増配などの実績を重視して投資するようにしています。

ディフェンシブ株は景気が悪くても安定した需要の見込める生活に関わる銘柄が多いです。そう言った銘柄に投資することで資産形成を目指しています。

目標設定の重要性

20代の頃のなんの目標もなく、ただ1000万円の資産を築くことを目標行動してきました。

その目標を達成し、30代になり、このまま貯蓄だけで資産を多く積み上げていけるのか?という不安を持ったことから資産運用を始め今に至ります。

不労所得に関しては金額目標を2019年10万円、2020年は20万円を目標設定し、日々活動を続け、無事に目標クリアすることができています。

来年度は年間40万円を目標設定し活動していくつもりです。

その他の目標として。

  • 家計黒字を維持する
  • 収入を複線化
  • 資格取得で自己研鑽
  • 朝活の継続

などの目標を掲げています。これらも全ては資産形成の為、経済的自由獲得に繋がると信じているからこそ継続できています。

目標があるからこそ日々過ごす時間も大切にできますし、目標があるからこそ日々モチベーションを高く保ち続けることができるのです。

不労所得の積み上げと心境の変化

不労所得が年々積み上がっていくことで見えてくる景色が変わってきます。一番の変化は仕事への取り組み方です。

サラリーマンの収入以外にも不労所得がある、労働していないところでも自分の資金が働いてくれる一人でダブルインカムの状態を作ることができていることで良い意味でサラリーマンという立場に固執しなくなりました。

毎月の残業時間は自分の資金が稼ぎ出してくれています。今年の実績25万円は私の残業単価が2500円/時間だとして100時間分です。

お金を稼ぐ手段は労働することだけではありません。自分持っている資産を有効活用していかなければ、銀行に放置しているだけでは宝の持ち腐れです。

・投資=ギャンブルではない

みんなが株をギャンブルだと思っているのは一部正解です。確かにギャンブルのような運用方法もありますが、それは投機であり投資ではありません。

正しくリスクを理解し、許容度に応じた「投資」をすれば資産を築ける可能性は高くなります。

それぞれ自身の身を置いている環境でリスク許容度は異なります。一概にネットから拾った情報を鵜呑みにせず、自身の環境に置き換えて検討することでマネーリテラシーの向上にも繋がります。

総資産のうちリスク資産にこれだけ資金を投じることができるのは世界的にも有名な企業や参入障壁の高く、安定した企業に投資をしているからです。

リスクは承知の上、目標達成のために今後も積極的な投資活動をしていくつもりです。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

ブログランキング・にほんブログ村へ株式ランキング

私が利用しているサービスです


楽天カード+楽天証券+楽天市場

楽天経済圏への第一歩、

家計の味方楽天ポイントをお得に貯めています。楽天カードだけでも楽天市場でのお買い物がお得に♪

☆★ネットでのお買い物も公共料金のお支払も楽天カード!★☆

積立nisaは楽天証券、カード決済で積立で楽天ポイントゲット

楽天証券

楽天の各種サービスを利用して最終的に楽天市場で買い物、これが楽天経済圏です。

私は楽天経済圏の住人としてSPU倍率9倍です。楽天市場での買い物1万円であれば900円分常時還元されます。

SBI証券

米国株投資はSBI証券、SBIネット銀行の米ドル為替コストが安いのもありメイン口座です。

SBI証券★業界屈指の格安手数料で 口座数はネット証券No.1!

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer

興味をもたれた方は以下の記事もご覧になってみてください。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。