「複利で資産を築く」PMからの配当金を頂きました

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

今回のコロナウイルスの感染拡大によって私の身の回り(特に会社)にも少しずつ影響が出てきています。こういう苦しい状況こそ不労所得のありがたみをより強く感じています。

そして失敗を恐れているだけでは何も進歩しない。リスクを理解し、行動に移すことの大事さを感じています。

投資と出会えて、そして不労所得と出会えて人生が変わりました。何一つ取り柄のなかったサラリーマンの私の転換点といっても良いと思います。

といっても私の目標「経済的自立」に向けた道のりはまだまだ始まったばかりです。

自分と保有している企業を信じて、バイアンドホールドで複利の効果を活かしながら資産形成へ向けて邁進していくつもりです。

今回もそんな経済的自立への一歩として配当金受領の記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

PMから配当金受領

今回はPM(フィリップモリス・インターナショナル)から配当金を受領しました。65株保有で7265円の配当金になります。

※7月20日時点でお金が戻ってきました。784円分還付されましたので合計8049円の入金になりました。

今回もPMの現地源泉税率が10%引かれています。PMは「80/20 company」です。

「80/20 company」とは国外売上高比率が80%以上の米国企業のことで、80/20 companyから米国外の株主に対して支払われる配当は源泉徴収税が98%免除されます。

確定申告の外国税額控除である程度還付されるとはいえ、取られる税金は少ない方が良いに決まっているので。PMのような企業は高配当投資家にとっては魅力的な銘柄になります。

税金面での話になると日本に住んでいる私にとって、米国株を投資することは税金面においてデメリットではありますが、人口増加による経済の成長が見込める点で資産形成に向けて魅力的な市場です。

スポンサードリンク

・米国市場(株)の良いところ

米国株を投資していて良いと思う部分は、一株から株を購入できる部分だと思っています。最低購入金額が抑えられ、少額からの投資もしやすいです。

値幅制限がないリスクの部分もありますが、長期投資で「複利」で運用していくのであればその部分はさほど問題ありません。

市場の特性を知ると言うことも重要で、それぞれの投資スタイルに合わせてリスクを理解していく必要があると思います。

日本株は購入する際の最低金額は単元株制度があるため、100株になりますが、米国株は一株から買えます。

日本でもミニ株という制度がありますが。

引用 SBI証券 https://faq.sbisec.co.jp/faq_detail.html?id=11078

私のメイン口座のSBI証券の手数料や買い付けのタイミングになります。

・手数料

購入金額が低ければ低いほど手数料負担が大きくなります。

・買い付けのタイミング

買い付けもリアルタイムでできませんし、指値注文もできません。長期投資はそこまで関係ありませんが、短期投資には不向きですね。

何より日本株で人気の株主優待は受けられませんので、日本市場で積極的にミニ株制度を利用するには微妙ですね。

一方で米国株は一株から購入することができます。Amazonやマイクロソフトなど世界を代表する企業も一株から投資出来ます。

引用 SBI証券より https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_foreign&cat1=foreign&cat2=none&dir=info&file=foreign_guide_03.html

ミニ株のところで手数料の話になったので、SBI証券での米国株の購入手数料も載せておきます。一注文あたりの約定代金の0.45%の手数料がかかってきます。長期投資をする上ではそこまで気にすることではないかもしれませんが。

手数料は少なければ少ないほど資産形成にはプラスになるので軽視はできません。

配当金の意味、役割

私の目標は配当金で生活を賄える水準まで持っていくことです。

配当金再投資を始める前までは、老後資金というのはそれまでに貯蓄していた資産と年金で賄うという認識でした。

それが老後2000万円問題として注目されましたが。

配当金で賄える水準になれば、それまでの貯蓄を切り崩すことなく、生活水準を落として生活しなくても良いことになります。

私が定年を迎えても、お金に働いてもらい、不労所得を得る為に保有は継続していきます。

将来的に資産を崩さずに配当金のみで生活費を工面出来るように経済的自立へ向けて前進あるのみです。

配当金推移

PMから配当金を頂いたことで今月も2万円を超えました。4ヶ月目になります。

これが、配当金再投資の魅力であり、複利の効果になります。

受け取った配当金を使ってしまっては、複利の効果は得られません。

口座に入金されたお金をそのまま買い増し資金に回すことで、複利の効果が期待できるのです。

生活に伴う支出は給与で賄えるようにしてありますので、配当金は全てさらなる配当金を生み出すためのお金になります。

まとめ

どんな時でも、たとえ金額がいくらでも不労所得を得られることはとてもありがたいです。

今回のコロナウイルスの感染拡大で経済が止まり、企業への悪影響が少しずつ出てきている状況下においては、さらにそのありがたみが際立ちます。

私の働いている会社も徐々に影響が出始めています。こういった時に何もせずにただ嘆くだけなのか、自分で稼ぐ術を身につけていくのか。人それぞれ考え方は異なりますが。

私は失敗を恐れずに行動していこうと思います。行動しないと良いか悪いかも判断ができませんし、1回きりの人生なんだから少しでも充実させたい。

その為これからも経験できるものはできる限り経験していく、挑戦していくつもりです。

みなさんも充実した人生の為の行動をしていきましょう!

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

クリックして頂けると非常に励みになります ブログランキング・にほんブログ村へ
Pocket

スポンサードリンク