「複利と時間」年収500万サラリーマン資産報告 7月1週目

Pocket

スポンサードリンク

okayuです。@okayuchikuwa

下半期が始まりました。2020年もあと半年で終わりです、本当にあっという間ですね。

私の資産は下半期もコロナウイルスに良い意味でも悪い意味でも左右されるでしょうね。

今年一年は調整の年でもあり、資産を増やすチャンスとも捉えています。優良銘柄を割安で買い増しできるチャンスです。

それでは下半期最初の資産運用報告になります。先週の分も載せておきますのでよろしければどうぞ。

今週の資産報告

総資産は先週に比べ、+457115円と増加しました。今週は6ヶ月分の頑張りの成果になりますかね?賞与の振込があったことによる増加が大きいです。

コロナ禍の中企業の経営は間違いなく苦しい中での賞与なので。

考えて使わなければなりませんが、既に使い道は決めてあります。もちろん投資にほぼ全てを注ぎます。お金も時間もなるべく無駄にはしたくありません。

銀行に眠らせておくことは以ての外です。といっても同じタイミングでの過度な投資は分散という意味ではよろしくないので。

焦らず、少しずつ投資に回していくつもりです。

・リスク資産(株式、投資信託、年金)

リスク資産の増減は+282189円とこちらも大きく増加しました。

NYダウの先週1週間は。 2日終値25827.36ドル(前週末終値比 +811.81)

と大きく上昇したことで、保有株の株価も上昇し、加えてつみたてnisaの買い付けがあったりしたことが大きいです。

米国国内はまだまだコロナウイルスの感染が収まるというより、高止まりといった表現が正しいでしょうか。

将来性のある株式市場として

長期投資を志す私にとって、重要なのは投資する国の経済状況が将来に向けて、成長する見込みがあるかどうかです。

コロナウイルスで経済は停滞していますが、やまない雨はありません。いつかは晴れて明るい未来へ動き出します。

いくら企業が革新的なサービスを作り、販売したとしても。少子化に伴う生産年齢人口の減少によって、サービスを利用する人間が少なくなっていくことが予想される日本市場には大きな魅力を感じていません。

さらに株主優待という存在は再投資をする意味では配当金を頂き、保有株の買い増しを行うことが優先な私にとっては壁になります。

企業の応援も確かにそうですが、資産を増やすことを最大の目的にしている以上、お金がお金を生み出す状況をいかに作れるかが重要なので。

・世界一の経済大国

・2050年までの人口増加

この2点が理由となり、これからも米国市場に投資をしていくつもりです。

今週の出来事

今週の資産報告の項目でも書きましたが。

・賞与を頂いた

・配当金の受領(ペプシコから また記事にします)

・積立nisaの定期購入(33000円分)

・本日のお買い物マラソン(ふるさと納税や商品などを買い回りです)

・マイナポイントの決済手段の決定

がありました。

お金の話ばかりですが、資産形成をしていく上で常に考えて行動していかなければ、経済的自立なんてできません。

今月から予約の始まったマイナポイントのように常に変わりゆく情報に敏感になり、常にお金が最大限有効に活用できるようにしていかなければなりません。

考えるのは楽しいですし、充実感が非常にあります。

有益な情報になるかはわかりませんが、これからも報告していけたらと思っています。

まとめ

今回のコロナウイルスは様々な分野に悪影響をもたらしていますが、プラスに捉えれば、変わるチャンスがきたということ。

悪いことばかり考えても仕方ない、プラスに捉えなければ。

株式市場におけるコロナショックは歴史を見ても異常事態です。この異常事態を退場せずに乗り越えられれば、投資家としてより成長できると思っています。

良い思い出話として話せる日が来るように、日々投資活動を行なっていきたいと思います。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

クリックして頂けると非常に励みになります ブログランキング・にほんブログ村へ
Pocket

スポンサードリンク