「1000万円でも500万でも」年収の差が資産形成の差にはつながらない?

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

リスクを分散させる意図でポートフォリオを組みます。配当金再投資を選んでいる私にとって、1番のリスクは減配や無配になる時です。

リスク意識しながら日々投資をしている中で、最近感じるようになったのが。

収入を得る手段も分散することの必要性です。リスク分散が出来るのでは?ということです。

まだまだスタートを切ったばかりですが、これから収入の複線化の為に取り組んでいくつもりです。

今回の記事は。

分散の必要性について、そしてサラリーマンが取り入れることの出来ることは何か?そんな方に参考になればと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

年収1000万、年金30万円で勝ち逃げ、じゃない?

大企業で勤め上げ、年収1000万円以上もらっていた……そんな元エリートサラリーマンのなかには「年金を月30万円以上もらっている」という羨ましい人もいる。退職金も数千万円をポンともらっている世代なので、悠々自適の老後を暮らしているはずだが……?

私の感覚で考えれば、1000万円の年収をもらえていれば充分な貯蓄、老後の備えがあり、また年金が月30万円ももらえるのなら、本当に絵に描いたようなサラリーマンとして大成功したと言えるレベルじゃないか?と感じます。

まさに勝ち逃げできたと言えるレベルだと思うのですが・・。

しかしながらその成功体験がある意味で邪魔をして、老後もお金の使い方が変わらないと、お金は出ていく一方です。

しかも老後になれば、現役世代にはなかったお金も発生してくる可能性もあります。それは医療費や介護費などの自身やまたパートナーにかかってくるお金です。

年金30万円…「勝ち逃げサラリーマン世代」の悔しすぎる末路

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/1a64e5a53e09faace0a78761add248126906d6fc

「生活レベルを落とすこと」は難しい

悪いケースを考えてみましょう。妻が認知症などで要介護となり、老人ホームに入れる必要が出てくると、入居一時金や月々の利用料で、かなりの金額が持っていかれます。老後資産に余裕があればまだいいですが、引退時に多額の退職金を手にしたことで、知識なしに言われるがままに「資産運用」に手を出して失敗してしまう人も多いのです。

退職金は定年まで働き続けた人に送られる、最後のまとまったお金になります。住宅ローンの返済や投資に手を出す人もいますね。投資を始めた私から考えると、その年齢から資産運用を始めたところで時間的なメリットもさほどなく、何の為の資金なのか?疑問に感じます。

老後も困らない資金作りの為に投資を始めましょう!と営業マンが宣伝してきて、一つの区切りでもあるし、老後にも漠然とした不安があるから・・と感じて投資に走らせるのでしょう。

そう言ったモチベーションから投資を始めても、良い結果を生み出すとは考えにくいです。目的意識のない判断を鈍らせてしまいます。

高齢になると、いろいろなことができなくなってくるものですが、意外と難しいのが「生活レベルを落とすこと」と「それまでのプライドをなくすこと」です。とくに元エリートサラリーマンはここが苦手なことが多く、危機的な状況に陥っていても、積み上げてきたものにすがってしまう傾向があります。

少し投資の話に熱くなり、脱線しました笑

私には年収1000万円に到達することは残念ながらなさそうですが、高年収は高年収で別の問題があるということです。それは生活レベルを下げられないという問題だそうです。

今まで培ってきた、そして成功してきた体験が邪魔をして危機的な状況に陥ってもプライドが捨てられないという問題です。

「現役世代の老後」はさらに険しい!?

年金受給世代の「プライドが捨てられず、破綻」ケースは、わかっていても避けることが難しく、なかなか厳しいものがあります。生活レベルを下げることはなかなか難しいですからね。

それよりも問題なのは、私たち現役世代が迎える年金生活はさらに険しいということです。

記事ではおおよその年金額を知りたい時にどうすればいい?との問いに以下のように答えていると書かれています。

「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、厚生年金保険(第1号)受給者の平均年金月額は、老齢年金で14万6000円でした。標準報酬月額の平均は31万5000円とありましたが、実際、どのようなレベルの人なのでしょうか。

“厚生年金に40年間加入して、その期間の平均収入(月額換算した賞与含む)が月43.9万円の場合、受給額は月額約9.0万円の老齢厚生年金と、月額約6.5万円の老齢基礎年金を合計した約15.6万円(令和2年度)になります。

厚生年金に40年加入して、その間の平均収入が月43.9万円・・で約15.6万円ですか・・。平均収入43.9万円という数値はかなり安定した収入がなくてはなりません。一時的にこの水準に到達することはできるかもですが、これを継続的に、しかも40年間も続けることは厳しいのではないでしょうか?

もしこの水準に持っていたければ、やはり夫婦共働きで、ダブルインカムで収入を確保していくのが無難なところでしょうか。

勤労所得のみでは厳しい?

私はそこそこの田舎でサラリーマン(製造業)生活を行なっています。20代の時は。

「このままあと40年近く(定年まで)働くのか・・、嫌だけど仕方ないなお金を稼ぐ方法がないし・・、サラリーマンであるうちは守ってくれるしなんとかなるだろう」

と楽観的に考えていました。

しかしながら徐々にではありますが、終身雇用の崩壊、年功序列制度の廃止など、私達若い世代は親世代のような日本型経営のメリットを享受することが難しくなってきます。

さらにこれに加えて、少子高齢化がプラスαでのし掛かってきます。高齢化は仕方ないとしても、問題なのは少子化の部分です。

子供の数が減れば、次第に生産年齢人口(15歳〜64歳)も減少していきます。私たちのように税金を多く収める現役世代です。

その生産年齢人口が昨今の出生率の低下が示すように、徐々に少なくなりこれから大幅な上昇は見込めません。

令和元年(2019)人口動態統計(確定数)の概況

引用 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei19/dl/03_h1.pdf

 厚生労働省のデータによると2019年の出生数は86万5,239人で、前年の91万8,400人から5万3,161人減りました。4年連続で減少で1899年の調査開始以来過去最少となっています。

高齢化の進行、子供の減少によって、現役世代が担う部分はこれから益々大きくなってきます。(税負担など)

勤労所得のみでは厳しいところまで来ているのです。賃金の上昇も以前のように右肩上がりとはいかず、手詰まり感を感じるようになってきます。

同じ金額なら複数の収入源で成立させる

労働による収入が昔のような右肩上がりには行かなくなって来ている状況下で。

誰もが有能であれば問題ないのですが、私みたいに平凡な人もたくさんいるのが事実だと思います。

自身を高める努力はしていますが、これから年収1000万円になれるか?と言われると、現在の職では厳しいと思っています。

もしなろうと思っても、様々な犠牲が伴います、もちろん税金も多く取られます代表例が所得税です。

もし1000万円稼ぐとなるとかかってくる所得税は(33%)加えて住民税や社会保険料も取られます。

苦労して稼いだとしても様々な税金を支払わなければならず、結果残るお金は目減りします。

それであれば単体で1000万円を目指すのではなく、複数の収入からトータルで1000万を目指すと言うスタイルもありなのでは?と考えるようになってきました。

むしろそのほうが負担もリスクも分散されます。

一つのみならそれが潰れたらピンチに陥りますが2つ、3つともし収入源があれば万が一の時でも精神的な安心感が断然違います。

この状況を最近ではポートフォリオワーカーと言った言葉でも表現するようです。

「コツコツと地道に」投資できる世代が勝つ

「勝ち逃げ」に見えた元エリートサラリーマンが、多額の退職金でいきなり資産運用に失敗するケースは多くありますが、現役世代から地道に軽い失敗を重ねながら資産形成に成功するケース、これもよくあるパターンです。現在、景気は悪いが株価は高いという過去にはなかったような局面ですが、投資の知識を身につけ実践するには絶好の機会との見方もできます。

投資をいきなり始めて、全く失敗せずに、投資家人生を終えることは少数派でしょう。何事も失敗はつきものです。しかも投資は前例もなく、誰が教えてくれるわけでもないので、自分自身で成長していくしか今の所方法はありません。

私は長期投資でコツコツと資産を積み上げています。日本市場でキャピタルゲイン投資を投資人生をスタートし、失敗を経験し、米国市場の長期投資、配当金再投資スタイルになりました。

その中で、日本市場への再挑戦、仮想通貨の挑戦などを通じて、現在はキャピタルゲイン+インカムゲインというスタイルを勉強中です。

投資で資産を築くこともそうですが、投資家としての成長も1日では終わりません。その日その日の相場状況を見ながら、対応を考える。

またその時の経済状況に応じてリスク資産の割合を変更していくなど、やるべきことはたくさんあります。

様々なことに挑戦はしていますが、やはり私の投資の根幹は毎月の不労所得を積み上げることです。サラリーマンとして安定した収入が労働から得られることは何よりの心の支えとなっています。

私は不労所得を積み上げています

収入源を増やすことで収入を分散することでリスクを減らす。

これを実現するのに一番近い方法は株式投資によって不労所得を得ることだと私は考えます。私の米国株で配当金再投資を行うのもここに該当します。その他にも不労所得を得る手段としては。

  • 預貯金(利子収入)
  • ソーシャルレンディング(配当収入)
  • 証券投資(配当金収入)
  • 不動産賃貸(家賃収入)
  • 太陽光発電(売電収入)
  • 自動販売機などの設置(賃料・売上収入)
  • シェアリングビジネス(賃料収入)
  • アフィリエイト(広告収入)
  • YouTube(広告収入)
  • コンテンツ制作(印税・版権収入)

など様々なものがあります。私はこの中の証券投資(配当金収入)を育成しています。

企業の株式を保有することで得られる配当金になります。権利確定日まで保有していれば、配当金という不労所得をいただくことができます。

ある程度まとまった資金が必要になってきますが、そのお金を銀行に預けても元本は保証してくれても現代では増えることはほぼありません。

日本はマイナス金利政策を現在も取っています。これによって、銀行に預けるだけで、資産が増える時代は終わりました。

・最終的な不労所得の使い方

最急的に私は不労所得で年間の生活費を賄うことを目標、経済的自由を勝ち取ることを目標としています。

まだまだ道は始まったばかりですが、一年半で年間25万円を頂けるところまで来ました。

来年以降はさらに積み上げて年間40万円を目標に据えています。

不労所得を得ることによって起こった変化

不労所得を得るようになると、仕事への取り組み方が変わります。

それまでは労働での収入しか頼るところがなかったので、会社からの評価を気にするあまり、行動が制限されていました。

しかし現在は違います。

自分の気持ちを優先して行動するようにしています。少ないながらも、不労所得を得ているのは心強い味方です。

評価を気にしなくなると、心のストレスも溜まりにくくなり、メンタルの改善にも繋がります。私が実際に経験した変化になります。

・不労所得は視野を広げてくれる

収入を得る方法は一つではありません。

これが不労所得を得ることによって一番勉強になった点です。

株式投資で様々な銘柄を組み合わせてポートフォリオを作るように収入もポートフォリオを組んで分散することでリスクを分散させていく。

時代の変化に取り残されない。

労働以外にも自分自身で稼ぐことができる力を今のうちに積み上げていくことが必要であると収入を得るようになってより強く感じています。

そんな自分自身の人生観が変わるきっかけを作ってくれた不労所得、今後様々な収入への取り組みをしていくつもりですが、全てのベースとしてこれから不労所得とは10年、20年と付き合っていき経済的自由を勝ち取っていくつもりです。

以上オカユログでした!@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加オカユログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

新たな挑戦!ということでYouTubeも始めてみました!ブログを見る時間がないときに音声で聞き流していただければと思います。

今月更新の動画一覧です!毎週 金、土、日 の3日間、6時30分に更新していきます!

良ければチャンネル登録よろしくお願いします!

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

私がセミリタイア達成へ向け、お金に関して多くを学んだオススメ書籍を紹介しています!