やらなきゃ損!家計の固定費を見直すこと

okayuです。

前回まで合計5回に渡って家計管理における私がやったことについて書いてきました。

今回はそのまとめをしていきたいと思います

①支払い先を1本化(楽天カードに集中)した 

「家計管理」私が昨年行ったことは?①

②電力会社を楽天でんきに切り替えた

「家計管理」私が昨年行ったことは?②

③賃貸アパートの保険を切り替えた

「家計管理」昨年私が行ったことは?③

④生命保険の支払いを払い済みにした

「家計管理」昨年私が行ったことは?④

⑤インターネット環境(ポケットwifi)を切り替えた

家計管理 私が昨年行ったことは?⑤

固定費削減に向けて動くのは重要

しかしながら変動費を削減していくとなると、自分自身に一定の覚悟を持って臨まなきゃなりませんよね。

食費

食費を削るのはやりくりでできる部分の削減は良いと思うのですが、あれを買わない、これも買わない。

ただ金額を削るだけで買う量を減らしてしまって、結果栄養バランスが偏って体調を崩す。もし病院に通うとなったら削減以上に出費があるかもしれません。

趣味・娯楽代

食費と比べて削減はしやすいと思います。しかし好きなこと、ものを我慢するもストレスが溜まりますよね。なんのために働いて、給与をもらっているのか?自分の好きなことぐらい気にせず使いたいですね。

私の場合横浜Denaベイスターズのファンであり、年会費を払ってファンクラブにも入っています。試合観戦にもこれからいきます。

お小遣い

これは個人的に一番ダメージがありますね笑

しかしながら一番削りやすい部分でもあると思います。それこそなんのために働いているのか?と自問自答したくなります。

と変動費を削減するにはある程度我慢が必要になってきます。

かたや固定費は

1度変えてしまえば、あとはほったらかしでも大丈夫

なのです。

毎月の削減状況を確認して詳細に分析する必要もそこまでないし。

ほぼストレスなく行うことができます。

目次に戻る▶▶

固定費削減に必要なこと

しかしながらなんでもかんでも削減すれば良いってものでもありません。した結果、サービスの質が落ちてしまうのでは私は意味がないと思います。

私が考えるのは

最低限以前と同等のサービスが受けられるのか。

です。

先ほどの変動費での食費の部分に繋がってくる部分もあると思いますが。いくらほったらかしでもサービスの質が落ちてしまってはそれはただ金額を削減してるだけになります。

有効な削減にするためには、他のサービスとの比較・検討が重要です。

それに伴う手続きなどがめんどくさくてなかなか手に出せないと思います。

しかしながら何度も言いますが、1度やってしまえば継続して削減効果が続きます。

これから先の何年、何十年の為だと思えば、比較・検討するのは苦にならないのではないでしょうか?

目次に戻る▶▶

得たお金をどう使うのか?

得たお金をどのように使うのか。それは人それぞれ価値観が違うので一概にこれが正解というものはないと思います。

そのサービスに支払う価値を見出していれば、それは無駄遣いではないと思うし。

それが周りの人にとって無駄だと思われても関係ない部分でもあります。

重要なのはその支払って得られるものをしっかり検討して。

対策をした結果そうなっているのかということ。

結果的になっているのと。

意図してそうなっているのでは全然中身が違ってきますよね。

昨年、家計管理の固定費の部分の見直しをした結果、私が勉強した部分です。

削減して得た余剰のお金を私は投資に回していき、少しでも資産形成を加速させていければと思います。

今年も引き続きやることはあります。今のところ

自動車保険(12月更新)

通信量(スマホ+ガラケー)

などです。昨年の経験を活かして引き続き固定費の削減に努めていきたいと思います。

今回は以上になります。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

スポンサードリンク