【お金】と【時間】FIRE達成後の生活と時間の考え方

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

日本でFIREを達成した人にインタビューしている記事を見るのは個人的に興味があります。私はFIRE自体は目指しておらず、セミリタイアを本気で目指しています。

日本でFIREを決断するのってなかなかできるような資産があったとしても実践するのは難しいと思うんです。お金を労働以外で稼ぐことに対する世間の目はまだまだ冷ややかなイメージ。

また一度社会のレール(社員の道)から脱線してしまうと、復帰しにくいイメージもあります。

だからこそFIREを達成した人が注目され、こうして特集を組まれるわけなんですが、周辺に滅多にいないので実際に存在しているのかってところも含めて、一種のエンタメですかね。

今回の記事は日本株の長期投資でFIREを達成した方について見ていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

40代半ばでFIRE達成

Profile
 大学卒業後、国内大手企業に就職。20代半ばでインデックスファンドを買い始め、およそ10年で3,000万円の資産をつくる。30代半ばから本格的に個別株式投資を開始。日本株式の長期投資を基本に、3億円超まで資産を増やす。

40代でFIREを達成しようと思ったら、やはり20代のうちから資産運用を始めていかないと厳しいですかね。長期投資は時間をどれだけかけられるかが大事な要素ですから、それにしても3億円の資産を日本株式で作り出したっていうのが非常に興味深いですね・・。

私は日本株ではなく、米国株での投資をメインにしています。それは日本より米国の方が今後の経済成長が期待でき、長期投資の肝は経済成長の波に乗っていくことだと考えているからです。

日本が今後著しい経済成長を達成することは難しいんじゃないか?と考え、日本株への投資はしていないのですが、そんな中でも日本株でFIREを達成した「ろくすけ」さんを見ていこうと思います。

前回は投資を始めたきっかけ、保有の基準について見てきました。

今回はFIRE達成後の生活の変化について見ていこうと思います。

日本株の長期投資で資産3億円!「なりゆき」リタイアに踏み切る

引用 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/33352

会社を辞めるとき、迷わなかった?→40代でリタイアしていいものだろうかという思いがあった

退職を決断した大きな要素には、家族の理解があります。私が「会社を辞めたい」と話したら、妻は「好きなようしたらいい」と言ってくれました。普段から資産の状況を伝えていたので、経済的に不安を感じることはなかったのでしょう。

独り身なら、決断に対して否定も肯定もする人はいませんから、パートナーがいる人に比べ、行動にも経済的にも気にかける部分は少ないので踏ん切りはつきやすそうなイメージです。

たとえFIRE生活に失敗して再び働くことを選択したとしても、自身が生きていくためのお金を確保できれば良いので、苦悩のレベルは下がりそう。

一方でパートナーがいるとFIREすることに対しての理解も必要になってきます。

お金の価値観は全く一緒なんてことはあり得ないので、恐らく何かしらで衝突すると思います。FIREを選択すること自体、今はまだ多数派ではなく、少数派です。

パートナーとのお金の価値観はなるべく似ていた方が良いと心の底から感じています。資産の8割を運用に回しているなんて、理解がなければリスクの取り過ぎ、売却してすぐ!と言われかねませんからね笑

相手の方が先に投資を始めていて、その点で理解があって本当に良かったと思っています。

とは言え40代でリタイアすることは多くの不安があると思います。それを含めて理解をしてくれたというのは、この言葉が正確かどうかわかりませんが、非常に羨ましい限りです。

私の世代には「人は誰しも働かなければならない」「仕事をして社会の役に立たなければならない」といった考えを持つ人が多いと思うのですが、私にもそういう思いがありました。

働くことは人の役に立つこと、誰もが働かなければならないという考えは、私も初めて就職した当時は思っていました。仕事をすることで自身の存在価値を証明するというか、世間の目も社会人で働くことが当たり前の価値観がいまだにあります。

それは何故か?と言えば、社員として働くこと=お金を稼ぐこと だからだと思います。

労働していればお金を稼げているから自立している判断になる、なので逆に働いていなければ、哀れみの目で見られる可能性もあります。

FIRE後の生活は?

会社を辞めて2年近く経ちますが、その間仕事はほとんどしていません。今も日本株投資の醍醐味(だいごみ)を多くの人に伝えたいという思いがあるので、ブログはほぼ毎日、更新しています。その他には投資メディアに記事を書いたり、たまに講演などに呼ばれるくらいです。ブログを書くことも含めれば、1日の平均労働時間は1~2時間といったところでしょうか。

FIREをしたらもちろん自分の時間を多く持てますから、自分のやりたいことに時間を使うことができます。多くの資産を築くよりも、自分で行動を決められるというのがFIREの何よりの醍醐味だと思います。

自分ももしFIREができたらやりたいことはすでにあります。自己の表現の場としてブログは今後も継続していくと思いますし、資格取得の勉強なんかの時間に充てたい、そしてトレーニングジムに通い詰めたいという気持ちもあります。

時間がないことで諦める(モチベーションが上がらないのは自分の怠惰な気持ちですが)ことって結構あると思うんです。仕事で疲れている、時間がないことを言い訳にして継続できなかったことって私の中でも多くあります。

それが自分の時間を作り出すことができれば、より人生の充実度、満足度を上げるための時間に捧げることができます。労働で最低8時間は最低拘束されてしまう生活から抜け出すことがFIREを達成したものの特権でしょうね。

どう変わった?FIREのBEFORE→AFTER

ではFIREを達成する前と達成した後で生活はどのように変化したのでしょうか?

前回取り上げたちーさんの時もそうでしたが、通勤時間がなくなったこと、そして労働時間が減ったことで、日々の疲労感の減少、人間関係のストレスがなくなったと書いてあります。

日本の労働は本当に拘束時間が長い割に、成果が少ない。すごい効率が悪いことを毎日繰り返しているのではないかと日々疑問に感じています。(私の職場は特にです)

そこを効率化してしまうと、その人の仕事(居場所)がなくなってしまうとか言い、省略できるようなところでもあえて残している、そしてあえて残業して賃金を稼ぐみたいなスタイルが未だに私の職場では当たり前です。

定時で帰宅することは、悪い気持ちがする。早く終わらせて定時で帰ろうとすると、仕事が少ないという判断になり、さらに仕事が降りかかってくる。そんな悪循環の中に・・私はいます笑

時間的な余裕が生み出せることで肉体的にも精神的にもストレスのない生活を送ることができれば、何かに挑戦しようというモチベーションにも繋がります。

時間を勝ち取ること

お金は人的資本をフル活用して、働けば働くほどお金は稼ぐことはできますが、今過ごしている時間は2度と戻ってきません。自分の時間を作れないジレンマとお金を稼がなければならない責任感の狭間で日々葛藤しながら過ごしています。

FIREはそう言った意味で資産を築くことで時間を買うことができると言えると思います。

好きな時間に好きなことをする。なかなかできることではありません。だからこそFIREは注目されてきているのであり、目指す上で資産運用は必須になってきます。

目標である年間配当金200万円を達成できて、総資産資産5000万円を達成できるには、まだまだ多くの時間が必要になってきます。2つの目標が達成できた時には、自身も働く優先ではなく、自分の時間を過ごすことを優先したライフスタイルに変更していこうと思っています。

そのころに定年は何歳になっているのか?自身の働いている会社は存在しているのか?はたまたどこに住んでいるのか?将来に対する不安な部分は大きいです。

だからこそ今のうちから困らないように資産運用して、時間と自由を勝ち取る努力をしていく必要があると思っています。

それでは今回はここら辺で終了にしたいと思います。明日以降はFIRE後のマネー収支、実際FIREしてみてどうだったのか?について見ていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)


にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク