gold colored coins near calculator

【平均給与433万円】【人生100年時代】老後2000万円問題を解決するために今から備える大切さ

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cd8b193d9e3c5ca2c5817992a1cb54f8.png

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

ここ収入が上がった実感はありますか?私はほんの少しだけ上がっていますが、明確に上がっているなという実感はそこまであるわけではないです。

それよりも原油や食品などの各種値上げにより出ていくお金の方が多いんじゃないか…?と感じさえします。

資産運用や副業なとはこれから収入を補填するためにも必要不可欠な存在で、やるなり早くからやったほうが良いと強く感じる今日この頃です。

今回の記事は。

現役世代の平均給与に見る各世代の意識の差について見ていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

現役世代の平均給与433万円

現役世代の平均給与が平均給与は433万円と公表されました(国税庁『令和2年分 民間給与実態統計調査結果)。老後の不安が尽きないなか、内閣府が毎年公表している年次報告書『高齢社会白書』を見ると、日本の辛い現実が赤裸々に綴られていました。

平均年収は433万円となると、その前の調査とそこまで大きな変化はありませんね。それよりも驚くべきは数十年にわたって400万円台で変化がないことです。

一般市民には景気が回復したという実感がないままズルズルと数十年きてしまったと言うことが恐ろしいです。

私は平均年収よりは少し上ですが、サラリーマンとしては500万円以下で決して高年収ではありません。

だからこそ投資をしているわけで、今年の配当金を加えればおそらく500万円は超えてくると予想されます。

やはり政府の改革を待ってい流だけでは足らない、複数の収入源を育てておかないと、資産形成はできないと私は考えています。今回はそんなお金にまつわる記事を取り上げていきます。

平均手取り27万円の激震…もうすぐ来る「避けられない悲劇」

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/6ca17bb424577bab1880fe373491d964e0d3dfb7

「人生100年時代」の知られざる混沌

人生100年時代はもうすぐそこまでやってきていますし、今後ドンドン進んでいくと考えられます。それは飛躍的な医療の進歩が挙げられると思います。

日本での死因の第一位である癌。それに対して線虫が効果的で、実際に今年運用が開始され、癌に対する早期発見、治療に役立てられることが期待されています。

尿1滴で…線虫がん検査の拠点が新宿にオープン

引用https://www.google.co.jp/amp/s/news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/amp/000223250.html

こうして医療が進歩を続けていけば、寿命が長くなるのは必然で、それはそれで喜ばしいことです。

しかしながらそれに伴って高齢者が増えてきており、現役世代が負担する割合がドンドンと増えてきているのが現状です。

引用https://www.google.co.jp/amp/s/tenki.jp/amp/suppl/m_nakamura/2019/08/10/29321.html

1965年には高齢者一人を支えるのに9.1人が支えていましたが、2012年には2.4人、そして2025年には1.2人になると言われています。

2025年ということはあと3年弱です。高齢者が増えることで現役世代が負担するもの、それはもちろん社会保障費になります。

急増する社会保障費…「過去最高水準を更新」の現実


国立社会保障・人口問題研究所「平成30年度社会保障費用統計」の調査によると、社会保障給付費(年金・医療・福祉その他を合わせた額)平成30年度は121兆5,408億円となり過去最高の水準となったそうです。

社会保障給付費のうち、高齢者関係給付費は、80兆8,268億円(平成30年度)。前年度の79兆7,396億円から1兆872億円増加しています。社会保障給付費全体に占める割合は66.5%と半数を超えています。

社会保障給付費のうち、高齢者に対する給付は全体の6割以上を占めている。もちろんそれは当然のことなのでしょう。歳を取れば取るほど健康に対してかかる費用が増えることは間違いないですからね。

それにしても前年よりも2兆円に迫る勢いで増えているということは、今後高齢者が増え続けて行ったら一体どうなってしまうのでしょうか…?

それを賄うのは誰なのか?それはもちろん私たち現役世代が多くを占めるでしょう。

私が若いうちから資産運用を積極的にしているのは、それに対して無策でただ眺めているだけと言うのを回避するためです。

原油や各種食料品の値段が上がっている中、それは利用を控えたりすれば多少でも下げることは可能ですが、税金に関しては逃れることはできません。

家計がどんな状況でも毎月しっかりと徴収されていきます。それに対して投資をせずに銀行預金だけで対抗するのはあまりにも無力というか、策がなさすぎると私は思います。だからこそ、投資含め、収入を増やす取り組みがこれからの時代は必須になってくると私は考えています。

では現在の高齢者の方々は実際のところお金に困っているのでしょうか?これについてデータで見ていこうと思います。

生活に「困ってない」6割超え?

内閣府が60歳以上の者を対象に行った調査では、経済的な意味で日々の暮らしについて「困っていない」(「困っていない」と「あまり困っていない」の計)と感じている人の割合は全体平均63.6%と言われています。

現在の高齢者はまだまだ古き良き日本、日本型経営の恩恵を受けている世代だと考えられます。年功序列型で給与は仕事の能率に関係なく年齢とともに上がっていく、そして終身雇用制度によって会社から守られる。

私の所属している企業ではどちらも健在です。ですが年齢を重ねるごとに給与は少しずつ増えていても、その分出ていくお金も増えてることで思った以上に増えているという実感は少ないです。

これが転職することが昔よりもハードルが下がった要因でしょう。ただ会社からの昇給を待つのではなく、年収を上げるために自分の価値を上げていく。実際に現状の仕事を土台として転職してキャリアアップしていく人は私の周りにもいます。

でもそのようなことをせずとも、一つの企業に愛社精神を持って働きぬけばある程度の年収と雇用が確保されていたのが今の高齢者たちの一般常識だと思います。その人たちはお金に困っているのか?と言われると6割ほどが困っていないと答えています。

実のところ、60歳以上の世帯の貯蓄額の中央値は全世帯の1.5倍です。本件詳しく見ていくと、60歳以上の世帯と全世帯(いずれも2人以上の世帯)の中央値は、60歳以上「1,506万円」、全世帯「1,033万円」となっています。60歳以上の2人以上の世帯では、貯蓄額4,000万円以上が「17.3%」と、全世帯と比べて高い水準です。

現在の60歳以上世帯の貯蓄額の中央値は全世帯が1033万円なのに対して、1506万円と500万円近く差があります。また貯蓄額4000万円以上の世帯が17.3%もいるそうです。年収も右肩上がりで上昇し、退職金もしっかりもらえることで特にリスクを負って資産運用をせずとも資産を築き、そして豊かな年金生活を送ることができています。

では私が高齢者になった時に同じようなことをして豊かな老後を勝ち取ることができるのか?と言われれば、私はNOだと感じています。

リスクを負わなければ、今の高齢者たちのような豊かな老後を勝ち取る事は今よりも困難になっている事は間違いありません。

では明日以降は現役世代が実際に直面する可能性のある未来について見ていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング
スポンサードリンク