【平均退職金約1700万円】をどう運用する?FXは資産運用に適しているのか?

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

退職金をもらう立場になるまでにはまだ相当な時間がかかります。

あわよくば退職金がもらう頃にはそのお金を計画に入れなくても資産が築けている状態にしたいと本気で考えています。

一生懸命に働かなければならない状況は回避していたい、そんな思いで毎日運用しています。

今回の記事は。

老後資金で投資家デビューというひと昔前にはよく聞くワードを取り上げていこうと思います!

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

退職金、何に使う?

老後資金を運用して少しでも増やしたい、という思いは誰にでもあるだろう。だが、資産運用はそう簡単ではない。やり方を間違えるとかえって資産を減らしてしまったり、場合によっては資産を失って「老後破産」したりする可能性もある。

定年退職する際にもらえる退職金というまとまったお金。リタイア後の生活費やローンの返済、趣味や旅行など使い方は家庭ごとにさまざまあると思います。

様々なお金の使い方がある中で、よく聞くのが投資で運用すること、それまで投資に縁のなかった人が突然営業がかかってきて、投資家デビューする話もなくはありません。

老後の資金を増やす為に始める資産運用、でもそのお金はどういった目的で必要なのか?明確でないまま始めてしまうと、思わぬところで資産を失ってしまう可能性があります。

今回はそんな記事を取り上げていこうと思います。

(1)退職金で投資デビュー(破産リスク:小~中)

(2)個別銘柄に集中投資(破産リスク:中~大)

(3)FXで大きなリターンをねらう(破産リスク:中~大)

前々回は(1)退職金で投資デビュー(破産リスク:小~中)について見てきました。

前回は(2)個別銘柄に集中投資(破産リスク:中~大)について見てきました。

そして最後の今回は(3)FXで大きなリターンをねらう(破産リスク:中~大)になります。

老後の資産運用で大後悔…「退職金で投資デビュー」した夫婦を襲った“悲劇”

引用 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86777

3)FXで大きなリターンをねらう

退職後にできた時間で、FX(外国為替証拠金取引)や株の信用取引を始める人もいる。そのこと自体には問題はないが、FXや信用取引で資産を増やそうとするのは間違っている。

退職後はリタイアすればそもそも自由な時間が増え、よほどの趣味がない限り家にいる時間はサラリーマン時代よりも遥かに多くなると思います。

私がもし早期リタイアをして、時間が取れるようになってもfxや信用取引には手を出さないつもりでいます。(やるとしても資産に影響を及ぼさない範囲です)

長期投資は時間がかけてコツコツと資産を築くため、すぐに成果を出すのは難しいです。ましてや老後を考えると20代、30代の人のように充分な時間は残されていません。

そういった意味ではFXや信用取引はレバレッジをかけれますから、早く成果を出したいと考える人にとっては魅力に見えます。

ここからは少し横道に逸れます。私自身FXの知識が乏しいので、次の章でちょっと勉強がてら見ていきたいと思います。

FXとは?何か?

FX自体は投資というより投機というイメージが私の中であります。正直なところあまりポジティブなイメージはありません。とはいえ知識として持っておくのは損にはならないので見ていこうと思います。

引用 https://www.gaitame.com/beginner/miryoku.html

そもそもFXとは何か?というところから入ります。Foreign Exchange の頭文字を取った言葉で外国通貨の売買で利益を狙うものです。

利益を上げる仕組みは?

引用 https://www.gaitame.com/beginner/miryoku.html

利益を上げる仕組みは単純で、『安いときに通貨を買って、その通貨を高く売る、あるいは高いときに売って安くなったら買い戻す』のが基本。単純な取引です。この取引で生まれる損益を為替差益、為替差損と呼びます。

そしてその価格が上下動する要因は以下の2点があると言われています。

  • ファンダメンタルズ要因
  • テクニカル要因

「ファンダメンタルズ要因」とは為替相場が経済動向によって動くことを指し、その経済動向を見極めるために注目されているのが経済指標、金融政策、要人発言などがあるようです。次に「テクニカル要因」は相場動向を表にして示した「チャート」上にて、買い時や売り時のサインが出たことにより相場が動くことを言い、チャートの動きから為替相場の動向を分析する方法を「テクニカル分析」といいます。

引用 https://www.gaitame.com/beginner/miryoku.html

スワップポイントは2つの通貨の金利差によりスワップポイント(金利差調整分)で利益を出すことができます。日本円のような低金利通貨を売り、高金利通貨を買うことで、その金利差を受け取ることができます。

引用 https://www.gaitame.com/beginner/swap.html

スワップポイントは金利の差で利益を出すという手法なんですね。逆に高い金利の通貨を売って低い金利の通貨を買った場合は、その差額を支払うリスクももちろん発生してきます。

FX最大の魅力であり、リスクにもなるレバレッジ

引用 https://www.gaitame.com/beginner/miryoku.html

FXの特徴は、手持ちの資金を担保にして最大25倍の取引ができること。この倍率をレバレッジという。例えば、手持ちの10万円で10万円分の取引をするのはレバレッジ1倍。レバレッジ10倍だと、10万円で100万円分の取引ができ、為替が自分の思った方向に動けば、得られる利益も10倍になる。

最大の特徴はレバレッジをかけて運用できることでしょう。私はこのイメージが強いため、FXはやっていません。

レバレッジってなんだか身の丈以上のことをしている気がして…、レバレッジをかけなくたってFXはできますが、それだったら株式投資していても変わらないではないかとも思ったり。

少額の資金で何倍もの金額の取引を行えて、利益も大きくなる。その逆に損失を出した場合も損失額がレバレッジの分大きくなってしまいます。

レバレッジをかけて取引して当たれば大きな利益を得られるが、逆に大きな損を被る危険性もある。ハイリスク・ハイリターンで、利益にも損失にも大きく倍々に反映されるということです。

相場の急激な変動などによって証拠金を上回る損失が発生しないよう、強制的に取引を終了する『ロスカット』もありますし、また24時間取引できるので、資金管理能力と精神的なタフさも必要になってきそう。

資産運用には適さない、小遣い稼ぎなら…?

FXは資産運用には適さない。株の信用取引も同様だ。もしFXや株の信用取引をするなら、ゲームあるいは小遣い稼ぎと割り切って、金額を決めてすることだ。その場合、決めた額以上の取引は絶対にしないという強い気持ちが必要だ。

個人的にはFXは個別株に投資するよりも難易度が高いと思っています。企業の株であれば、業績や将来性など投資家において判断する材料は多くありますが、FXは判断材料が少ない気がしてなりません。

安く売って、高く売る、取引は単純ですが、だからこそ難しいと思っています。レバレッジ取引もリスク管理が難しそうですし、寝てる時間も取引が続いていると思うと、心配性の私がレバレッジ投資をしたら夜も眠れない気がします笑

記事にも書いてあるとおり、小遣い稼ぎと割り切って、決めた金額以上は投資しない。リスクを極力少なくして運用していく管理が大事になってきそう。

ましてや集中投資なんてしていたら、一瞬で退場、しかもそれが退職金だったら・・目も当られませんね。退職金でFXで運用するという選択は、趣味程度に抑えて、インデックス投資などもっと別の運用方法を模索した方が良さそうですね。

私もいつかFXを利用する時が来るのか?

長期投資をしている身としてはどのようにして長期投資の中に組み入れていくか、いまいちピンときませんし、しかも24時間価格が動いているというのが心配性の私には不向きと考えています。

やるとしたら本当にお小遣い稼ぎ程度、レバレッジをかけてまでFXをやろうとは今の所全く考えていません。

しかしながら今まで食わず嫌いでFX=投機というイメージでしかなかったので、新たな資産運用の選択肢として勉強していく必要もあるなと今回の件で改めて感じました。

仮想通貨も嗜む程度は保有していますし、これと同じような位置付けでやってみるのもアリかもしれません。実際やってみないと真の意味で良いも悪いもわかりませんからね。

ですがこれだけは言えると思います。それは退職金をFXで運用するのはあまりにも危険だということです。それだったら米国企業のGAFAを保有している方がよっぽど安定して資産形成できると思います。

今後、投資家としての成長のチャンスの一つとしてFXは勉強していこうと考えています。

今回は以上になります。最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)


にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク