【年利5%】【月2万円】をコツコツ積み立てで〇〇年で3000万円?【まずは始めること】


2020年配当実績

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8d08d2d50f68663db74ef9dc790ffd49.png

す昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

投資を本格的に始めたのは30代になってからです。

今思うともっと早く投資を始めていればよかったと本当に思っています。

銀行に預けるだけしか頭になかったわたしにとって投資との出会いは人生における大きな分岐点だったと感じています。

今回の記事は、始めるなら少額でも早く始めたほうが良い、積み立て投資の効果をリターンとシミュレーション交えながら学んでいこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

若い時からコツコツと積み上げること

長期投資をする上では、時間を味方につけることが成功へ向けて非常に重要な要素です。

何故なら時間をかけることで複利も積み上がっていくからです。

現状、わたしの資産は株高の恩恵もありますが、投資をしている頃と比べ格段に資産形成のペースは早いです。

実家暮らしで貯蓄のみで貯めた1000万円を2年半くらいのペースで増やすことができています。

今回は投資をしていく上でリターンとは何か?そして具体的な数値でシミュレーションすることの必要性についてです。

「20~30代×積立投資」が最強な理由。将来が今すぐ分かる簡単シミュレーション

引用 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/31820

投資のリターンとは何か?

『リターン」とは、目標とする年率運用リターン率のこと。リターンの一つの参考として、私たちの年金、つまり、日本の公的年金の管理・運用を行うGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のリターンはどうなっているのかご紹介します。

分散投資の結果、2001年度から2018年度までの過去18年間の運用実績(名目運用利回り)は、年率2.7%となっています。

引用 https://www.gpif.go.jp/operation/the-latest-results.html

GPIF(2020年のデータ)のポートフォリオを見てみると国内市場が半分以上を占めており、中でも債券が最も多いようです。

そのほかの国内株、外国株、債券が25%ずつと均等にバランス良く構成されています。年金なので、失敗は許されない部分もあると思うのでバランス良く、守りに重点を置いた構成になっていますね。

GPIFのようなポートフォリオは資産が十分に築けてきたら私も参考にしていこうと思いますが、私の資産はまだまだ道半ばのため、よりリスクをとっていかなければセミリタイアは達成できません。

若いうちはまだ人的資産(自身の労働力)も充分なので人的資産のメリットを活かすとなれば、よりリスクを負って株式の割合を増やして行って良いと思っています。

失敗したとしても取り返す時間はたくさんありますからね。

より長い期間をシミュレーション

多少リスクをとれると考える人は、外国株式程度のリターン(約7%)を狙ってみてもいいでしょう。

20~30代のシミュレーションをする今回は、GPIFのリターン(約3%)と外国株式のリターン(約7%、※2)の中間となる、「5%」を目標リターンに設定します。

毎月コツコツと2万円を40年(非常に長いですが)積立を続けることで、3000万円近い資産が築ける可能性があります。

注目すべきは元本が960万円に対して積み上がっている利息の部分です。月に2万円は決して多くはないですが、それを長期にわたってコツコツと積み上げる、40年という非常に長い期間になりますが、複利を積み上げることでここまで資産を築けるかもしれないと言うことですね。

これを信じて継続するかはそれぞれ個人の考え方次第になりますが、私はこのデータを信じてコツコツ継続していこうと思っています。

目標設定して積み上げをまず始める

「投資」や「資産運用」と聞くと、自分には縁遠いものと感じてしまい、重い腰が上がらないという人も多いでしょう。しかし、最初の一歩を踏み出せず、時間というせっかくの「武器」をみすみす手放してしまうのは、もったいないことです。

いくらシミュレーションされたとはいえ、確実に達成できるわけではありません。相場の未来は誰にもわかりません。相場が急落した時、以前の水準に回復するまでに要する期間は平均して2年と言われていますが、それよりも長い期間低迷することだってあります。日本市場だってバブル崩壊時の最高値から30年以上たった今でも、更新することはできていません。

しかしながら暴落や含み損を抱えることを極度に恐れて投資を始めないのは、勿体無いと言わざる終えません。

時間は刻一刻と過ぎ去っていきます。もしシミュレーション通りに行けると仮定するとしたら1年、2年と始めるのが遅れれば、その分複利の効果を活かせる期間も短くなってしまいます。

少額でも、続けられる金額で「まずは始めてみる」こと。その後は、積立額を調整しない「ほったらかし」でも構わないので、時間を味方につけて「コツコツ継続する」こと。これこそが、20~30代の賢い資産運用戦略なのです。

私自身投資を始めるようになって意識するようになったのは、リスクを取らないリスクをどう感じるかと言うことです。

リスクを取らないで、貯金のみ(貯金も投資なのですが)でそれを安全と勘違いしたままで老後を迎えてしまうのか?それとも貯金+投資を組み合わせてリスクを負いながら資産形成を目指していくのか?

せっかく人的資本も優位な立場にいる若いうちからコツコツと継続していけば、将来的な資産を築ける可能性はあるのではないでしょうか?

最後まで見ていただきありがとうございました!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

サブブログも運営中 お金のアレコレをまとめています。

【オカユログのお金のアレコレ】 

https://okayuchikuwa-sub.com/

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク