【年収500万〜1000万円】が一番厳しい?年収と支出の関係性について


2020年配当実績

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8d08d2d50f68663db74ef9dc790ffd49.png

す昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

収入が増えても、支出も増やさない。これが資産を築く上で最も強い武器ですが、意外と難しいもの。

何を目的にお金を貯めるのか?ビジョンがないと継続は難しいです。

何のために今我慢する必要があるのかを見いだせなければただ我慢しているだけになってしまいます。

私は早くお金に縛られた生活から抜け出したいそう思いながら日々投資活動をしています。

そこで今回の記事は。

前日に引き続き、年収と支出の関係性についての話です。今回は収入が増えると、実際に支出も増えていくのか?についてフォーカスして見ていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

年収が高ければ高いほど(前回の振り返り)

年収が高くなってくると、その分住む所、外食の頻度なども変わってきて、生活水準も自然と上がるというイメージがあります。

しかしながらそれでは資産を築くことはできません。収入>支出の差をいかに広げ、余剰資金を残すかが、資産形成の基本になります。

今回は「収入が増えればその分支出も増えるから、お金はかえって貯まらない」というのは本当なのか、公表されている統計値を使って見ていきます。

前回は年収と貯蓄額、そして貯蓄率に関係性はあるのか?について見て来ました。今回は年収と支出額の関係について見ていこうと思います。

「年収1000万円を超えると支出も増えるからお金が貯まらない」は本当?

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/5ea13a74d228d23aee4894cd8a67ae9cc2550aba

年収が増えると支出する割合は増える?

「収入が増えると支出が増える(だから貯まらない)」点を検証してみましょう。そこで「平均消費性向」という指標を見てみます。これを収入別に比べると、税金などを差し引いた収入から消費にどれだけまわしているのかが分かります。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/5ea13a74d228d23aee4894cd8a67ae9cc2550aba

「平均貯蓄率」と同様に、年収500万円から1000万円の間は平均消費性向に大差がありません。つまり、収入と消費が同じ割合で増えているのです。「収入が増えたけど、思ったほど貯まらない」のは、やはりこのあたりの年収の方なのかもしれません。

青枠の一番左年収500万円は71%、一番右の1000万円の部分でも63%となりました。

年収が多くなっていくにつれて、徐々に下がっているとはいえ、そこまで大きくは下がっていないのですね。支出の割合も変わらないということは、多くなることで支出も増えていく傾向にあるということです。

やはり収入が増えれば自然と支出も増えていくということなんでしょうね。

確かにせっかく身を粉にして働いて対価として得た給与を使わずしてなにをするんだ?という考え方もわかります。

年収も上がるにつれて、より責任のある職に就く可能性も高いでしょうし、転職しても困らない様な市場価値があるような人、要は自分で稼ぐ力がある人であれば、支出していても問題ないかもしれません。

しかしながら資産を築く上では、収入が上がってもどれだけ支出を上げずにキープしていくかが大事です。

年収360万円から年収500万円(残念ながら現在はコロナの影響で下がっています笑)に転職しましたが、生活費はむしろ下がっています。

私はそこまで有能な人間でもないので、今後いくら年収が増えようとも、生活費は最低限を維持していくつもりです。

実は、貯まらないのは年収1000万円未満の方?

(あくまで統計上ですが)年収1000万円を超えても、それより低い収入に比べれば貯蓄もあり、また収入を貯蓄にまわす割合が高い実態が見て取れました。 反対に、年収が「500万~1000万円」の間では、年収がアップしても思ったほど貯められない実態もうかがえました。

年収1000万円以上というよりも、年収500万円から1000万円未満の人たちが貯蓄が思う様にできていないということかわかりました。

実際のところ年収1000万円というのは、なかなか一般のサラリーマンでは到達できない水準だと思います。田舎に暮らしている私なんて500万円で地域で多い方です。

そう考えるとデータとしては思った以上に貯蓄ができない層にいるということです。しかしながらこれはあくまで平均値です。500万円〜1000万円の間でもお金が貯められない人もいれば、年収500万円未満でもお金が貯められている人もいると思います。

このデータから参考になるのは平均消費性向と自身の家計と照らし合わせてみることでしょうか。平均値よりも多ければ毎月の生活費をどこか削減できることがないか検討してみるのも一つとしてあると思います。

私は60%前後で推移しています。平均値よりは少し低いといったところです。

今いる環境の中でやるべきことをやる

もし今の年収に満足できずにいるのであれば、自身の市場価値を上げてさらに高年収の企業に転職するか、もし年収が安いのであれば、支出を極限まで切り詰める(例えば家賃の安いところに住むor実家暮らしにする)ことで残るお金をなんとかして増やしていくしかありません。

一番まずいのはわかっていながらも何も行動しないことです。

嘆いているだけだったら誰でもできます。しかしながらその状況をどのように打破していくかを考え、行動できるかが、資産形成含め、将来的な財産になっていくと考えています。

私の現在の目標は収入を複線化し、収入を少しでも増やしていきながら、支出を少しずつ削減し、残るお金を最大化することです。

今回のようにデータの平均値を見て、自分はどうすることができるのか?を考えることが、データも時間も無駄にしないことだと思っています。

最後まで見ていただきありがとうございました!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

サブブログも運営中 お金のアレコレをまとめています。

【オカユログのお金のアレコレ】 

https://okayuchikuwa-sub.com/

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク