オススメ記事です!(過去30日間)

FIRE セミリタイア

【投資】【年収400万円】【FIREを目指す】必要なのは【足るを知る】という考え方

スポンサードリンク

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

検索エンジンでFIREと検索するたけでさまざま話題が出てきます。それだけ注目度が高くなってきているのがわかります。

ただ必要資産が1億円なんて言われるとただサラリーマンとして働くだけで築き上げるには現実味が薄く、どうしてもリスクを負ってでも投資をしていかないと、多くの資産を築くことは難しいです。

私自身年収500万円程のサラリーマンになりますが、この年収だけで1億円はまず無理です。資産運用がうまく行ったとしてもそこまでいけるかどうか…。でもやらなければ達成は決して近づいてきません。

今回の記事は、そんなFIREについての話題です。年収400万円でFIREを目指すことについての記事がありましたので、見ていこうと思います。今回は前日に引き続き第二回になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

経済的に自立できるように資産形成を頑張る

woman turning around on green fields
Photo by Jackson David on Pexels.com

FIREは、「Financial Independence, Retire Early」の英語の頭文字をとって、文字通り「ファイヤー」と読みます。 日本語に直すと、「経済的に独立して、早期引退」とでも言いましょうか。 まさに夢のような生活ですが、平均年収が400万円の日本で果たして実現は可能でしょうか。

最近出てきたこの生き方、考え方であるFIRE。私も当然FIREできるほどの資産を築きたいと考え、日々活動しています。

とはいえ、資産がFIREできるほどに達しても、働き続けるつもりです。サイドFIREなんて呼ばれる、ほどほどに働き、自由な時間を増やすことを目標に据えています。

早期リタイアというと聞こえは良いですが、世間的な目を考えると、働くことはやめないでしょう。

またFIREを目標に活動していけば、サイドFIREはその途中にあり、方向性は同じなので、FIREを目指すことに回り道にはなりませんし、目指すことで得られる資産運用以外のメリットも大きいので、やらない手はないと考えています。

では決して高くない年収でもFIREは達成できるのか?年収400万円の場合、資産はどのくらい必要か?についてみてきました。

今回も引き続き年収400万円でFIREを目指す場合に必要な考え方についてみて行こうと思います。

年収400万円でも65歳で不労所得の投資FIRE実現して厚生年金に頼らないコツ3選

引用https://news.yahoo.co.jp/articles/bbe9415f57cf0abf1f38807fb631abf19e4ed452?page=1

FIREを実現するまでに必要な年数

FIRE目指して投資をはじめるタイミングにもよりますが、仮に20代で始めると40代で実現可能です。

また、40代で初めてもうまくいけば定年の65歳までに実現も可能かもしれません。 65歳以降には年金収入もあるわけですから、投資収入で生活費が回っているとすると、年金の部分はさらに投資に回せることになります。 投資は早く始めるのに越したことはありません。

私も20代のうちから始めておけば、現在の年齢の時、もう少し違った世界が見えていたのかなーと思ったりもします。

pexels-photo-359989.jpeg
Photo by Aphiwat chuangchoem on Pexels.com

投資はギャンブルで危ない、もしくは金持ちの道楽だと決めつけていたところがあった為、投資にはとにかく近づかないようにしていました。

今思えば、勿体ない時間を過ごしたなと感じる部分はありますね。

早く始めれば始めるほど、時間を有効に使え、複利も積み上げていけます。その偉大さに気づいたのが30歳過ぎてからでした。

記事では40代でも上手くいけば、定年を迎えるまでにFIREできるほどの資産を築ける可能性があると言っています。

私も年金に頼りきりではなく、自身の不労所得でも生活費の大部分を捻出することができれば、さらに老後の生活は安泰になると考えています。

ゆとりある老後の実現には、家計の支出を今のうちから最適化することが大事です。年齢を重ねてくればどうしたって体にガタがきて、病院に通うことになると思っています。

家計をしっかりと管理した上で、次はFIREを目指す上で、大事になってくる、4%ルールについてです。

なぜ4%なのか?意外な2つの理由

graphs display on an ipad
Photo by Burak Kebapci on Pexels.com

FIREは元々、米国で考えられたライフスタイルの一つです。ではどこから4%という数値が出てきたのか?については記事では2つの理由があると言っています。

それが以下になります。

  • リターンが0でも25年は生きられる
  • S&P500指数の平均リターン

①リターンが0でも25年は生きられる

ということが何を意味しているのかについて。それは定年後どれだけ生きることを想定していくかという中で、資産が枯渇しないように25年分の資産を用意しておく。

仮に65歳で引退しても、25年間持つのであれば、寿命は人によってそれぞれ異なりますが、90歳まで資産はもつことになります。

65歳に引退して、25年だと90歳、日本の平均寿命はどんどん伸び、90歳以上生きる可能性はあります。

病院にか狩ることも多くなり、出ていくお金は増えていることが予想されますが、年金+不労所得で資産をなるべく維持し、なんとか25年乗り切れれば理想的です。

またこれはリターンが亡くなった場合を想定しているので、65歳以降も投資を続けていけば、資産寿命はさらに伸びる可能性もあります。

②S&P500指数の平均リターン

米国の株式市場を振り返ってみると、計測する期間にもよりますが、S&P500といった米国を代表する株価指数の年平均リターンは4%を超えています。したがって、4%ルールというのは決して夢物語ではないということがわかります。

S&P500指数の過去20年のリターンは8%と言われています。「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏も「私が死んだら、1割は債券に、残り9割はS&P500に連動するインデックスファンドに投資しなさい」と言っているほどです。

それを信じて、私も積み立てnisaで積み立てている商品はS&P500指数に連動した商品になります。

米国市場はこれからも有望な市場だと私は考え、積み立てnisa以外の商品もメインの商品は米国市場になります。

日本に住んでいる身として、日本市場を軽視するわけではないのですが、どちらが有望か?と言われれば現状では間違いなく米国市場だと思っています。

私は今後も米国市場メインで投資をしていくつもりです。

FIREは「足るを知る」を大事にする発想

FIREの発想は、「ゆとりがある引退」というよりかは「足るを知る」という節約して生きるという考え方が根底に流れています。

FIREを達成することは、悠々自適な老後を勝ち取るというよりは、収入は最低限でも、支出を限りなく少なくすることで、資産を維持していく。リタイア生活を維持しつつ、かつ贅沢な生活をしたいと考えるなら、たちまちFIRE生活は破綻します。

FIRE生活と節約生活はセットでようやく成り立つものですね。

年収400万円で不労所得でFIREを達成するための3つのコツ

crop unrecognizable accountant counting savings using notebook and calculator
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

年収400万円であれば、余計な支出をしているという余裕はないと考えます。それでもFIREを目指すというなら、我慢は伴うと思います。

私も年収は配当含め500万円ほどになりますが、余計な支出はなるべく減らし、自分のご褒美的なものは年に一回くらいしかありません。

そもそも物欲がないので、我慢はしていないのですが、物欲が旺盛だったら、なかなかお金はたまらないでしょうね。

年収が決して高くなくても、FIREを目指していく為に最低限必要な3要素を記事では以下のような点を挙げています。

  • ①生活費を切り詰め、可能な限り投資に回す
  • ②長期で成長する資産を見つけ、余剰資金でつみたて投資をする
  • ③年金受給までは可能であれば年収を増やし、生活費を下げるように努める

生活費を最低限に抑えること、そして年収を上げる努力も怠らないこと、最後に余剰資金はリスクを負ってでも投資に回すこと。

これらどれか一つでも欠けたらFIREは近づくことはできないでしょう。

年間200万円の配当金を目標に

私はひとまず資産形成の目標として5000万円の資産を築こうと考え、行動しています。その目標に近づくための一つのキーとなっているのが配当金を積み上げ、不労所得を頂くことです。

米国株から配当金収入を得ることを目指して投資を始め、来年で4年目になります。ここまで順調すぎるほどのペースで配当金を積み上げてくる事ができました。このペースをどこまで維持できるかが大事になってきます。

目標は年間200万円の配当金収入です。目標をもし達成する事ができれば、恐らく資産5000万円も達成しているでしょう。4%ルールであれば、FIREも視野に入ってきます。

ですが私はその後もリタイアする事なく働き続け、そして運用を続けます。今後の老後はさらに見据えにくい世の中だからこそ、慢心せずに資産運用をし続け、お金の心配は老後も一切になくなるようにしていきたいものですね。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly オカユログ - にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング 株式ランキング
スポンサードリンク

オススメまとめサイト!

  • 投資 - NEWまとめサイトアンテナ!
  • ニュース - NEWまとめサイトアンテナ!
  • オカユログの日々のニュース
  • 2chnaviヘッドライン
上司に貯金が趣味なこと話したら

1: 名無しさん@おーぷん 22/01/19(水)17:59… [...]

株式YouTuberについて語ろう Part3

1: 山師さん 2022/01/17(月) 21:20:51… [...]

オススメまとめサイト!

  • ブルーアンテナ | 海外(アダルトワード除外版)
  • 生活 - NEWまとめサイトアンテナ!
  • あぼーんアンテナ
  • 2chnaviヘッドライン
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

okayu

プロフィール 現在30代。結婚 転職 移住を同時に行ったサラリーマン(製造業勤務) 短期投資で失敗してから長期投資へ方向転換。 そこから米国市場への投資を始める。配当金を再投資して不労所得(配当金)を積み上げています。 2019年配当 約13万円。 2020年配当 約25万円 2021年配当 約40万円(達成) 2022年配当 約60万円(目標)

-FIRE, セミリタイア