【投資で約2倍の差?】【年収500万円の壁】リスクを負ってでも投資をすることでリターンを目指す

  • 2021年6月21日
  • 2021年6月21日
  • 雑談


2020年配当実績

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8d08d2d50f68663db74ef9dc790ffd49.png

す昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

資産運用を始めるにはある程度余剰資金が必要です。

まずは余裕の資金を作り出す、生活費まで注ぎ込んでの投資はリスクが大きすぎます。

では資産運用と年収には関連性はあるのでしょうか?

今回の記事は。

年収と投資家の関係性について興味深いデータがあったのでみていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

年収500万円の壁?

老後資金2000万円問題を自分から積極的に解決していこうと、投資を生活に組み込んでいます。

ちょうど私の年収が500万円ギリギリのところに位置しているので、気になりました笑

資産形成と年収ってどのような関係があるのでしょうか?を前回の記事で確認しました。傾向としては500万円が一つのハードルとなっているが、それが投資が徐々に普及してくること、そして投資をせざるおえない状況になってきたことからそのハードルが徐々に下がってきているということです。

分岐点、年収と資産「500万円の壁」は崩れるか?

引用 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1908/06/news029.html

投資家は退職準備金が多い?

投資をしている人の退職準備額は、年齢の増加とともに急速に増加している。20代でこそ1倍を切っているが、徐々に増加し、50代では2.6倍まで増加。「40、50代になって投資の成果が花開いているのかもしれない。50代で年収の3倍というのが、投資している人が達成できている退職準備額の水準だ」(野尻氏)

引用 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1908/06/news029.html

何のために投資をしているか?私の場合はもちろん老後の資金の為でもあります。今すぐにでもリタイアしたい気持ちでいますが、そんなことしたらすぐに今ある資金は底をついてしまいます。

何故働くのか?それはもちろん生きていく為ですよね?なんだかんだ言ってお金がないと人並みの生活は送れない、生きていくことができないのです。

お金に対する不安があるから、働き続ける。その不安を年齢を重ねても持ち続けたくない。だからこそ資産を築こうと日々活動しています。

実際に投資をしている人と、していない人とでは退職に向けたお金(退職準備金)の金額の差が2倍近くあるそうです。

銀行に預けているだけではお金は増えていかない。銀行の利率を見ればわかると思いますが、こう言った形でも投資をするしないで差が生まれてきます。

年収が低くても投資を始める人が増えてきているということは投資が必要だという認識が徐々に広がってきたからと言えるかもしれませんね。

余裕資金の使い道

投資に対する関心の高まりは、余裕資金の使い道の変化からも見て取れる。従来、使い道のトップは「貯蓄」で40%以上。一方で、18年の「旅行」(2位)と「趣味」(3位)を抜いて、19年は投資が第2位に躍り出た。

引用 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1908/06/news029.html

また投資が徐々に浸透していることは余裕資金の使い道の変化にも現れているようです。2015年と2019年では投資の割合が20代から50代、そして男女ともに増えてきています。また一番左の全体の平均で見ると貯蓄に次いで投資が二番目に来るまでになっているようです。

それだけ世の中の不透明感が鮮明になってきているということでしょうか、昨今のコロナウイルスの感染拡大などでより不透明感が増したのではないかと私自身思っています。

そう言った不安を少しでも解消する為に、投資を始めたという人も多いでしょう。

私は結婚した段階で意識が強くなりました。独身の頃はそんなこと考えなくてもお金は貯まっていたし、誰かの為にではなく、自分が生きる為に必要なお金があればいいと思っていましたが、今はそんなこと言ってられません。

ある程度家計の柱として機能しなければならないので、失敗を恐れるよりも失敗してもいいから少しでもお金を増やそうというメンタルで投資と向き合っています。

幸い今のところ順調に資産は増えています。その牽引役となっているのが米国株投資です。昨今の投資環境の整備が大きく影響していると思います。

投資商品に変化も?

この10年で最も比率が増加したのが、外国株式だ。10年には7.4%に過ぎなかったが、19年には13.2%と倍増に近い。また、ビットコインなどの仮想通貨への投資も、18年からさらに拡大し6.7%となっており、日銀調査とも整合している。

引用 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1908/06/news029.html

投資商品にも変化が出ているということで見てみると、日本市場は年々割合が少なくなり、その代わりに外国株に対する投資割合が増えてきたことが傾向としてあるようです。

外国株への投資のハードルはネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券など)がだいぶ低くしてくれたと思っています。

取り扱う銘柄も増えていますし、手数料も競争によって安くなってきている。

私は日本市場よりも米国市場に重きをおいて投資しています。残念ながら日本市場はバブル崩壊後、未だに最高値を更新することはできていませんが、米国市場は右肩上がりで上昇を続けています。

また今はインドやベトナムなど成長市場への投資もより身近になってきています。

より成長性を狙うのであれば、これから人口が右肩下がりの日本市場ではなく伸びている市場を狙っていくのも良いかもしれません。

何よりも大事なことは【始めること】

誰も最初から多くの資産を持っているわけではありません。私の行なっている配当金再投資戦略だって今でこそ平均して3万円を得られるまでに成長してきましたが、初年度は最高で2万円弱がやっとでした。

それでもとにかく継続が大事だと思って毎月コツコツと余剰資金を買い増し資金に回す。

趣味や旅行、そして一番割合の多い貯蓄にすら回すことなく、全力で投資に回してきたからこそ今があります。これからも順風満帆に行くとは思っていませんが、資産形成の道から脱線しないように、試行錯誤を続けていくつもりです。

始めなきゃ何も変わりません。投資をするしないで、格差も広がっていくことは間違いありませんので、気付いたら即行動して自らで解決していけるような力を培っていきましょう。

今回は以上になります。

最後まで見ていただきありがとうございました!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

サブブログも運営中 お金のアレコレをまとめています。

【オカユログのお金のアレコレ】 

https://okayuchikuwa-sub.com/

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク