【早期リタイア】【資産5000万円】を目指していくための投資と分散の必要性

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

配当金によって平凡なサラリーマンである私の仕事観が一変しました。

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、マス層サラリーマンのオカユログです!(@okayuchikuwa

昨日の記事では分散投資の中でもオルタナティブ投資、そして金への投資について書いてきました。

金投資への知識はまだまだで、バーチャージなるものがあることも知りませんでした。

まだまだ勉強することはたくさんありますね。総資産のうち20%を金投資へ回すと株価の下落をサポートできると言っていました。

なので今回は残りの80%はどのような戦略が必要になってくるのか?を考える記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

前回記事の振り返り

一般的に金は株と逆相関(金が上がると株は下がり、その逆も然り)の関係にあるとされ、万が一株式市場が暴落した場合でも、資産崩壊を防ぐ役割を期待できるんです。ETF(上場投資信託)や投資信託を通じて全資産の20%ほどを振り分けるといいでしょう」

株と逆相関の関係にある金へ投資することで、リスクをヘッジする役割を担い、資産崩壊の可能性の下げる要因になります。

では残りの80%は何になるか?それはもちろん投資になってくるのですが、具体的どんな商品が候補に上がってくるのでしょうか?

20年間で5000万円。“FIRE”早期リタイア生活に近づく投資術

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/19b5f87bf6a709c04b7ab644fe9c1a375a90f6d5

残り80%の運用先は?もちろん投資

金への投資をしていくことで、株式への逆相関を狙う戦略を取り、大きな下落局面でも資産へのダメージを少なくする。

また、資産の分散を意識しながら、暴落局面への備えをしておけば、相場から即退場するということには早々はならないでしょう。

分散の意識は非常に大事です。『卵を一つのカゴに盛るな』という投資格言もあるくらいですから。では実際にどの程度の割合、商品で分散することが良いのでしょうか?

まずは50%

まず50%は、全世界の株式市場の指数(インデックス=日経平均やNYダウなど)に連動した運用を目指すインデックスファンド。

やはり世界に分散投資できる商品をおすすめする方が多いですね。これは短期では下落したとしても、長期的に見れば上昇していくという性質を利用したものです。(日本のように例外もあり得ますが)

私のように米国市場の中で業界に分けて分散していたとしても、全てが投げ売られるような暴落局面は回避することは出来ません。

そう言った意味では、世界に分散して投資するのがリスク回避に繋がるかもしれませんね。

また、ETF(上場投資信託)であれば、個別株よりもリスクを抑えて投資することができます。

楽天であれば楽天・全世界株式インデックス・ファンド(VT)などがあります。ひとつの商品で様々な企業への投資していることと同じ効果のあるETFは個別株には手を出しにくい人にはオススメになります。

残りの30%は?

残り30%はインデックスファンドではなく、指数以上の利回りを目指して運用する日本株アクティブファンドか、個別の株式銘柄を取り入れるとうまくバランスが取れます

残りの30%は日本のアクティブファンドや個別株でよりリスクを負う。あまり日本のアクティブファンドは選択肢がなかったので、ちょっと検討対象として考えておこうと思います。

個別株の方は、ご存知の通り、私は米国株に全力をそそいでいます。

日本企業と比べて、情報収集の難易度は(サイト情報は英語)たかいですが、私の保有している銘柄の半分くらいは日本でも馴染みのある企業です。

JNJ、PEP、KO、PM、PFEなどで、その業界内の競争で優位に立っている銘柄へ投資することが一つ大事な要素になります。

意図を持って投資する

限られた資金の中でも金、インデックスファンド、そして個別株など、それぞれ意図を持って保有すること、資産全体でバランスを取って行くことが重要なのでしょう。

5000万円という大きな資産を作り、リタイアを目指すのであれば、とりあえず置いておくみたいな『浮いたお金』はなるべく少ない方が良いですね。

私も少ない資金の中でも無駄がないように、余剰資金として持っている200万円近い資金を投資に回していこうと考えています。

今回の記事はここまでにして、次回以降はさらにリスクをとった場合、どうしていくのかについてになります。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

私がセミリタイア達成へ向け、お金に関して多くを学んだオススメ書籍を紹介しています!

スポンサードリンク