【現状1900万円でも】【セミリタイア】【FIRE】を目指すことで得られる経験は大きな資産に

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

お金よりも時間を優先する。その様な考え方は投資が浸透してくるにつれて増えてきていると思います。FIRE(経済的自立)なんてその最たる例だと思います。

少し昔であれば、FIREなんて目指すと言ったら鼻で笑われるか、お前大丈夫か?と心配されるレベルだったと思います。

ですが今やその考え方は若年層と中心に増えてきており、世の中お金だけが全てではない、限られた時間をどの様に自分のために有効に使うかに重きを置くスタイルが多数派にはならないでしょうが、確実に増えていくでしょう。

今回の記事は。

投資19年目にしてセミリタイアを実現したブロガーのたぱぞうさんの記事を参考にさせていただこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

40代でセミリタイアを達成したたぱぞうさん

仕事を引退して資産や年金で暮らす「リタイア」や、少し早めに引退する「アーリーリタイア」を、40代で実現するにはどうすればいいのか。40代半ばでフルタイムの仕事を引退したブロガーのたぱぞうさんは「必要なお金の一部は働いて稼ぎ、一部を資産運用で稼ぐ『セミリタイア』なら、かなりハードルは下がります。そこそこ働き、ゆったり暮らすのはとても幸せです」という――。

収入源をサラリーマンの給与に頼らず、投資や副業など、出来ることをフル活用して、自分以外にもお金自身にも働いてもらい資産形成を目指すことでセミリタイアやFIREを達成しようとしています。

汗水垂らして給与を得る、そのお金だけがある意味で正しいお金の獲得の仕方であり、それ以外から得るお金は何か「汚いお金」だという様な考え方は未だに存在するかもしれませんが、それだけで老後も心配のない十分な資産を築けるという時代は終わったということです。

これからはあらゆる手段を通じてお金を得る手段を活用していく、その中に労働が存在するというのがこれからの考え方なんでしょう。

前回は年収が決して高くないサラリーマンでもセミリタイアを目指す、そして達成するために必要なことについて考えてきました。

そこで今回はアーリーリタイアを40代半ばで達成した方に注目して考え方などを学んでいこうと思います。参照した記事は以下になります。

年収400万円の会社員が「40代でセミリタイア」を成功させる”たったひとつのコツ”

引用 https://president.jp/articles/-/47789

「高収入」「もともと資産家」でなくても大丈夫?

セミリタイアができるのはどんな人か。肝心のお金の面から見ていきましょう。強調したいのは、莫大な資産がなくても、高収入の人でなくても、セミリタイアは不可能ではない、ということです。

セミリタイアができるのは、1億円の資産を持っている人でも、年収が1000万円以上の人でもありません。セミリタイアできるのは、「資産額」「セミリタイアしてからの定期的な収入」「セミリタイア後の支出」という3つのバランスが取れる人です。

私も以前のイメージでは、高収入こそよりセミリタイア、FIREにおいて最低条件(私で言う高年収のイメージは1000万円を超える程度)だと思っていました。

そもそもセミリタイアやFIREを目指す人というのは限られた存在で、平均年収程度の年収しかもらっていない私(サラリーマンの年収は500万円未満)は目指すことはできても、無謀な挑戦だと思い込んでいました。

その時の感覚としては投資をするなんて言う感覚は私の中には全くなく、サラリーマンとしての勤労収入のみで十分な資産を築くしか方法はない。そんなリスクを負って失ってしまったらどうしよう・・。と言う感覚の方が大多数を占めていたというか、それ以外ありませんでした。

しかしながらその感覚は変わったのは【となりの億万長者】と言う書籍との出会いが大きいですね。年収が決して高くなくても、支出を極限まで切り詰めることができれば、資産を築くことはできるし、また+αで投資を活用していけば資産形成を加速させることができる可能性があると言うことです。

稼いだら稼いだ分だけ使う。最悪借金してまで自分の本能のままに生活をする。それで満足であれば良いのですが、後々後悔していたとしたら、その生活は自己満足で何も返ってくるものがなかったと言うことになります。

いくら高い収入があってもその分生活水準が上がっていたら、本当にもったいないと言うのもあります(高い年収が羨ましいなとも思います笑)

平均年収ほどの収入しかない私でも家計支出の見直しによって、毎月5万〜10万円の余剰資金を捻出することができていますし、決して勤労収入だけが収入の全てではなく、企業から頂く配当金だって立派な収入だと知り、サラリーマンが収入を得る手段は必ずしも一つではないということがわかりました。

金融資産5000万円でもセミリタイアできる条件

1億円なければだめ、というわけではありません。

金融資産が5000万円、運用利回り3%では、運用益は年間150万円、税引き後約120万円です。年間の生活費として500万円必要なら、別途、400万円弱の収入が必要であり、それだと普通に働かなければならないでしょう。しかし年間支出が400万円であれば、働いて300万円弱の収入を得ればセミリタイアは可能、ということになります。

私もセミリタイアを目指す一つの目安として総資産5000万円というのを一つの基準としています。この数値はFIRE自体に興味を持った人は知っていると思割れる、4%ルールに関わってきます。

「4%ルール」とは、「年間支出の25倍の資産があれば年利4%の運用益を所得として生活していける」という目安です。

4%の年間利回りをコンスタントに稼ぎ出すということ自体が難しいと言われれば難しいですが、年間支出の25倍の資産を築くとなれば、支出をコントロールできれば必要な資産を少なくすることができると思っています。

現状年間の生活費をざっくりと計算すると250万円前後です。この金額を25倍にすると6250万円が必要になってきます。それをもし200万円まで削減することができれば、必要な資金は5000万円で到達できるということになります。

1000万円弱から投資を始めて2年半で2000万円が手に届くところまで来ています。このまま継続できれば決して無理な数値ではないなと個人的には手応えを感じています。

このまま投資成績が順調にいくとは思っていませんし、ライフプランが変われば投資に割けるお金も減っていくかもしれませんが、このまま継続していくことができれば少しずつ投資の幅も広がってくる。

大事なのはお金に振り回されるのではなく、自分でお金をコントロールできる様に管理したり、投資したりすることではないでしょうか。

価値観は人それぞれですが、目指してみる価値はある

どちらが豊かで、どちらが自由で、どちらが幸せかは、価値観次第ですが、資産が多ければセミリタイアできる、資産がなければセミリタイアできない、というわけではないのです。20代半ばで年収400万円、という人でも、場合によっては年収300万円という人でも、セミリタイアという未来を拓くことはできるのです。

人によっては、将来の資産のことばかり考えすぎて、今を大事にしてないと思う人もいるのではないでしょうか?今この時間はもう返ってこないのだから今のために全力を注ぐ方がいい。

時に我慢してまで将来のために備えることに意味があるのか?と思う時は正直私自身もありますが、歳を重ねるごとに物欲も減ってきていますし、身の丈に合ったものさえあればいいという感覚が日々強くなってきています。

たとえば出来るだけ広い家(賃貸もしくは持ち家)の方がいい、乗る車も中古で100万円の車より1000万円近い高級車の方がいいのは確かにわかりますが、自分の身の丈(年収500万円未満)にはあっていないと思います。

本当に身を置いている環境を維持していくためにそれらが今後必要になってくるのか?と考えた時に必要ないということは断言できます。

であればそこにかけるお金を投資に回していくことで将来の不安(お金)を少しでも少なくしていける様な活動を今からしていくことがお金を有効に活用できていくのではと思っています。

年収が今後も500万円近くもらえる保証はないですし、所属している企業が倒産する可能性だってゼロではない。不測の自体に遭遇した時に支出を削減しておくのは大事ですし、勤労収入以外にも収入源があるということは精神的な安定にも繋がります。

セミリタイアを通じてやってきたことは無駄には決してなりません。実際にセミリタイアを目指すかどうかは別として年収が決して高くなくても実現できる可能性があること、そして実現のために家計をコントロールできる様になることは大きな財産になることは間違いありません。

最後まで見ていただきありがとうございました!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

サブブログも運営中 お金のアレコレをまとめています。

【オカユログのお金のアレコレ】 

https://okayuchikuwa-sub.com/

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)


にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク