pexels-photo-2068975.jpeg

【目標資産5000万円】に向けた資産運用の中でレバレッジ投資は必要か?

オカユログ ブログ投稿スケジュール

  • 毎朝6時30分(自身の投資に関する気になった話題を取り上げたり、運用報告など)
  • 午前中 (10時,11時,11時59分)
  • 午後 ( 14時,16時,17時,18時,19時,20時,21時,22時,23時)

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

オカユログ ブログ投稿スケジュール

  • 毎朝6時30分(自身の投資に関する気になった話題を取り上げたり、運用報告など)
  • 午前中 (9時59分,10時59分,11時59分)
  • 午後 ( 13時59分,14時59分,15時59分,16時59分,17時59分,18時59分,20時59分,21時59分,22時59分)

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

資産運用をしていくうちに直面するようになるのは、これからどうやって資産増やしていけるかということです。

私の取っている長期投資というスタイルは数十年という長い期間をかけてコツコツと資産形成を目指していくというものです。

当然すぐに成果が見えるものでもなく、時間がかかりますので、コツコツ派じゃない人にとっては我慢できるかは難しいかもしれません。

今回の記事は。資産形成におけるレバレッジきついて見ていこうと思います。

それでは宜しくお願いします!

スポンサードリンク

レバレッジ投資は資産運用に最適か?

レバレッジとは、借り入れを行って投資のポジションを膨らませる行動のことだ。先物やオプションを使うことでもレバレッジを効かせることができるが、これらは背後で実質的に借り入れが存在している。

レバレッジ投資というものは投資を始めた当初からやる気はありませんでした。成功した時の利益は大きいですが、失敗した時の損失も当然大きいからです。

しかしながら巷ではレバナスと言われているiFreeレバレッジNASDAQ100なども出てきており、資産の一部であれば、取り入れることも可能なのかとも感じています。

自分の資産とどれだけリスクが取れるかのバランスは難しいですが、今後資産を築いていくためには必要なのか?について記事になっていたので2回に渡って見ていこうと考えています。

個人投資家は運用に「レバレッジ」を使っていいか?

引用 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/34089

レバレッジのイメージ

長期投資や資産形成を語る文脈では、レバレッジを伴う運用を危険視する見方が優勢のように思う。

長期投資は時間をかけてコツコツと資産形成を目指していくものであり、私も長期投資の書籍は何冊か見てきましたが、そこにレバレッジ投資を勧める文章はなかったと思っています。

例えば。 【レバレッジ 投資信託】 なんてキーワードで検索しようとすると類似検索には。

【レバレッジ投資信託 危険】 というキーワードが出てきました。

レバレッジ投資を積極的に勧めてくる人はいません。私の中でレバレッジのイメージはFXがほとんどを占めています。国内FX業者の最大レバレッジは25倍だそうです。FXでは、証拠金として預けた資金の何倍もの金額の外国為替取引が可能です。

引用 https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fx/otcfx/first/leverage.html

レバレッジ投資をして継続的に勝てることはほぼないと考えています。相当精神がタフじゃないと毎日リスクとの戦いに勝てることは出来ません。

積み立てnisaではレバレッジ投資はできない

例えば、つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)ではレバレッジを使った運用商品を除外している。また、証券会社の社員に対する社内ルールにあっても、株価指数先物の取引やレバレッジ型の投資商品を社員が利用することを禁止することが一般的だ。レバレッジを使った取引は「相場に関わりすぎ」だと考えられているようだ。

長期的な資産形成がが目的の積み立てnisaにレバレッジがかけられる商品はありません。資産運用を促している国がそんなハイリスク、ハイリターンな商品を勧めていたら非難が殺到するでしょうね笑

また証券会社の社員の中でもレバレッジ投資は禁止しているそうで、相場の関わり過ぎを避けるためだと言われているそうです。

その道のプロですら、いやだからこそかもしれませんがレバレッジ投資を利用するのは禁止している。

それを個人投資家が積極的に取り入れるのはなかなかに無謀というか、よほど特性を理解し、利確や損切りの判断基準を明確にしていなければ下手な売買で結果的な資産が削られてしまいそうですね。

レバレッジをかけて運用は危険?

生活の破綻や、運用の失敗には、しばしば借金やレバレッジが絡むので、これらの2つを遠ざけておくことが無難だという感覚は理解できる。但し、住宅ローンに関してのみ妙に寛大な本がしばしばある。

レバレッジも住宅ローンも現状では届かない金額を取引したり、借り入れしたりします。自分の身の丈に合わない金額を負担するのは、私には今のところ考えられません。

レバレッジ投資なら失敗したら最悪損切りすれば良いですが、住宅ローンはそう簡単に支払いを断念することはできません。

自身の将来もらうでおろうお金を担保に多額のお金を借りるわけです。将来の自分にそこまで自信を持てない私は一括で払えるぐらいまでお金が貯まらない限り購入することはないでしょう。

家賃を支払い続けても財産にならないと言われはしますが、たとえ支払い金額が同じでも精神的な身軽さは雲泥の差です。そこに今後数十年にわたり住むこと、住みたい理由が明確にある人の住宅購入は問題ないと思いますが、そこまで計画的でもなく、勢いで家を建てるのであればそれは待った方がいいです。

住宅ローンも立派な賭けだと私は捉えています。

レバレッジも住宅ローンもまたその他でも、お金が絡む問題は、もれなく家庭を不幸に陥れます。そうならないためには身の丈にあった運用をしていくことが重要です。

レバレッジを上手く運用できれば、幅が広がりそうだが・・

レバレッジ投資はもちろん大きなリスクを負いますが、大きなリターンももたらしてくれる可能性があります。私も資産形成が早まれば早まるほど目標としている総資産5000万円、セミリタイアのゴールが近づいてくるので、レバレッジ投資が上手く運用できればと思うところはもちろんあります。

しかしながら現状、私にはそんな余裕資金はありません。リスクを負いながらもより堅実に資産を築いていける方法を模索した結果、今の配当金再投資戦略に行き着きました。

長期投資は時間をかけて資産を築くものです。時間がリスクを分散してくれる側面もありますので、そこにレバレッジをかける部分があってもいいのではないか?とも思いますが、それはまだ先の話ですかね。

レバレッジ投資が身の丈に合った投資になるのはいつになるやらわかりませんが、今後一つの選択肢として考えていく必要があるかもしれません。

最後まで見ていただきありがとうございます!明日以降は実際資産運用でレバレッジとどのように利用していくか?について見ていこうと思います。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

スポンサードリンク