antique bills business cash

【目標5000万円でセミリタイア 】資産運用は最悪を想定しながら慎重に積み上げていく

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cd8b193d9e3c5ca2c5817992a1cb54f8.png

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

FIRE達成には年間の生活費がどれだけかかるかで大きく変わってきますが、仮に1億円だとしたらまず到達できるかどうかはわからないレベルにあります。(私の給料の場合)

目指している人は年々多くなってきているとは思いますが、果たして1億円の資産が作れるのか?は正直わかりません。

ましてやそれを特集されるような若いうちに対するのはより高い壁のように思います。

今回の記事は、FIREを目指していく上で果たしてお金はどのくらい必要なのか?40歳でリタイアするパターンを例に挙げて見ていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

「FIRE」に必要なお金

従来の早期リタイアが貯蓄や退職金などを取り崩しながら生活していくのを基本とするのに対し、FIREは投資で得る収益で生きていく、という違いがあります。資産を取り崩していけば次第に資産は減っていきますが、FIREは資産を運用し、その収益で生活するため、資産を大きく目減りさせないというのが特徴です

FIREを達成したからといって、その後豊かな生活ができるか?と言われれば、それは一般的にはNOと言われています。

限りある資金の中で、やり繰りしながら、労働に縛られない生活を勝ち取る、時間を得ることがFIREの本質なので、ゴールしたとしても、生活水準が変わるわけではありませんね。

そもそも1億円なんて資産を築ける人が世の中にどれほどいるのか、私には見当もつきません。私の総資産は30歳までに貯めた1000万円を元手に投資3年目にしてようやく2000万円が見えるところまで来ていますが、まだここから5倍にもしなきゃいけないとなると…。

ハードルが高すぎる部分もあります。ましてや今回の記事のように40歳でFIREは相当条件が揃ってないと厳しいかと…、とまぁそんな弱気なことばかり言っていても仕方ないので、記事の内容に入っていきます。

今回は前編、後編の2回に分けていこうと思います。

前回はFIREを目指す場合、目標とする資産とリターンについて見てきました。

今回は実際40歳でFIREした時の資産以外にも考えるべきことについて見ていきたいと思います。

「1億円では全く足りない」40歳で早期リタイアするには本当はいくら必要か

引用 https://president.jp/articles/-/49924

50代半ばのFIREを目標に

FIREをめざすのであれば、50代半ばを目標にするといいのではないでしょうか。会社でのポジションもある程度決まり、役職定年で給与も下がる時期で、キャリアアップに励まない、という選択肢もあります(もちろん、新たな分野に踏み出すことも十分可能)。教育費もある程度のめどが立ち、資金に余裕があれば、準備が整っていると考えられます。

40歳でFIREを目指すとなると、25歳から始めても、年利4%のリターンを確保した上で年間250万円の資産を築いていかなければなりません。

日本のサラリーマンの雇用体系では中々達成は厳しく、外資系などに入って働かなければ厳しいと思います。

日本の働き方は変わってきているとはいえ、まだまだ年功序列型の賃金体系ですからね。若いうちは苦労しているわりに収入が少ない。30代ぐらいになってようやく見れる数値になってくると思います。私は30代半ばですが、ここ最近ようやく給与のベースが上がってきたなという印象です。

しかしながらここまで来るとライフステージにも変化があるでしょうし、子供などがいればさらにお金の工面は大変になってきます。今まで通りの投資資金は捻出できないでしょうね。

そこで筆者が言っているのが、目標とする年齢をもう一段階上げて、50代半ばまでにFIREを達成するというプランです。会社内での立場もある程度確立し、また子供にかかる費用も落ち着いて、自分たちで使えるお金の目処も立ってくる頃を目指してFIREのタイミングを設定するというものです。

40歳でリタイアすると年金額は50万円以上少なくなる?

40歳でFIREを達成することができたとして、そのまま働き続けた人と何が変わってくるか?というと、主に年金の支払額に違いが現れてくるようです。

会社員は厚生年金に加入していますが、リタイアすると、60歳まで国民年金に加入することになります。多くの場合、保険料の負担は軽くなりますが、厚生年金に長く加入した場合より、将来受け取る年金額は少なくなります。

引用 https://president.jp/articles/-/49924

今や65歳まで働くのは当たり前になっていますが、65歳まで働いて厚生年金に加入すれば65歳から169万円の年金が受け取れるのに対して、50歳でリタイアすると30万円以上、40歳でリタイアすると50万円以上も年金額が少なくなるのです。

平均年収384万円で試算されている数値ではありますが、今のところ定年後に受け取ることのできるお金に50万円近い差が生まれると言われています。

そのお金と働くことによるストレス、時間を考えて、自分自身どちらにメリットがあるのか?についてはかんがえる必要がありそうですね。

人生100年時代、長生きすることが前提となっている時代で、40歳でリタイアするとなると100歳まで生きたら残りが60年になります。

そこまではいかないにしろ、40年近くは投資し続けなければならなそうです。そう考えた時に資産を切り崩さないためには年金があるとしてもそれなりのリターンは確保していかねばなりません。

運用益が出ない最悪の場合を考えておく

確実に4%の運用ができるわけではありませんし、株式などには値動きがあり、運用で得られる収益には波がありますから、ある程度の余裕は持っておかなければなりません。

FIRE生活を維持していくには毎年安定して4%のリターンを確保する必要性が出てきます。どんな投資のプロだって投資において確実なことはどこにもありません。

そうなってくると、例えば1億円が必要なのであれば、プラスαの余裕資金も考えていかなければならなそうです。若ければ若いほど当然必要になってくる資金も増えます。

リタイアから年金を受け取るまで、年310万円、それ以降は年金との差額が必要という前提のもとで計算された数値によると。

引用 https://president.jp/articles/-/49924

40歳では1億2600万円と非常に多くの資産を準備する必要があると言っています。定年まで働き続ければ3666万円と当然ながら必要となってくるお金は少なくなってきますね。

運用益は毎年安定して4%を目指せる事はそう簡単にはいかないと思いますので、早いうちからFIREを目指すのであれば、立ち行かなくなった場合の保険は確実に必要に感じます。

いざというときのための「稼ぐ力」は必要?だと思います

会社を辞めても、ほかの方法で稼げるだけのキャリア、人脈(人的資本)を持っておく。そうすれば、好きなことで、ストレスがない程度に働く、ということができます。ある程度の資産が用意できていれば、労働収入への依存度を下げられますから、完全なリタイアではなくとも、ほどほどに働くセミリタイアという生き方が可能となるでしょう

そこまでの資産が築けた人がいざという時に稼ぐ能力がないとは思いませんので、問題ない気がします。家計もしっかり管理できますし、資産運用にも成功しているわけですから、今であれば、そのFIREの成功体験自体も需要があると思いますし。

それ以外でも働き口は確保しておくべきと筆者は言っています。私は社会との接点を途切れさせないためにも、FIREは目標においてはいません。セミリタイアを当面の目標にしています。

完全にリタイアするには日本の社会構造的には余程の決断が必要になりそう。(仕事をしていないことに対する周りのイメージなど)

そのため今のうちから労働だけでない、収入源を育成しく必要性があると思っています。そのための副業であり、お金も経験値を積み上げているという段階です。

最悪の事態を想定しながらも、それに抗えるほどの力を蓄え、経済的自立(FIRE)を達成できるほどに資産を築いていきたいですね。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング
スポンサードリンク