bank banking banknotes business

【総資産1000万円から】【5000万円を目指す】暴落局面との向き合い方、活用の仕方

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cd8b193d9e3c5ca2c5817992a1cb54f8.png

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

投資を始めた当初、よく聴いたのは投資は余剰資金でやるものだということでした。いざと言う時に備えている資金がないのはリスクが高すぎるので、ある程度流動性を確保しておく。

その流動性の役割を現金が担うと言うものです。

私は現金を(役割として)持て余さないように余剰資金はどんどん投資に回しています。

今回の記事は。総資産の内の何割を投資に回していくのか?について見ていこうと思います。

それではよろしくおねがいします!

スポンサードリンク

もし1000万円手元にあったらそのうち何割を投資に回しますか?

私なら8割投資に回すと思います。200万円を確保していれば、もしリストラになったとしても一年間は耐え切れる。そのうちに資格の取得などに取り組めば(職業訓練校などで)何かしら職にはつけると考えています。

セミリタイアを目指し、年間200万円の不労所得を目標にしているのには、もし正社員として職につけなくても、パートでも補っていけるぐらいの収入を確保したいという思いがあります。

人それぞれリスクに対する考え方はそれぞれです。今回は1000万円という資産をどのように使っていくのか?を見ていきます。

前回は1000万円の資産に対してリスク資産は何割か?そしてリスク資産のその内訳について見てきました。

今回は、資産運用と暴落局面について見ていこうと思います。

1000万円のうち500万円を投資に回すのは賢い選択か?

引用 https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00330/093000005/

投資家が悔しくてたまらない2つのシーン

特にリーマン・ショックやコロナショックのような時は、どんなに業績の良い会社でも連れ安となり株価は下落する。どこまで下がるかなどということの予測は不可能だ。何しろ企業実体が悪くて売られているわけではないのだから、理屈では判断のしようがない。

私もコロナショック時に経験しました。あの時はどんなに優良企業でも売られ、株価の下落が止まりませんでした。

人間の心理がここまで相場に影響するのかと初めて実感した瞬間でもあります。それが落ち着き、買いが入り始めた瞬間に一気に相場が元に戻り、最高値を更新(米国市場)した時には米国経済の底力と同時に、株価を支えているのは投資家の心理なんだなと思いました。

でもその時に無闇に動かなくてよかったと今となっては思います。動いたところで回収できるか?と言われれば、その失敗をひきづって勝ち負けを繰り返す、そんな投資スタイルに変化していたかもしれません。

その点、企業の配当金を目的に保有していたからこそ、ホールドし続けることができました。

暴落局面の相場の渡り方?

そういう時は売らずに我慢すべきだし、もし手元に現金があれば買い増しをすればいい。その場合も少しずつ買い、さらに下がればまた買うといった方法でいい。買い増しの時には、先の1000万円の例でいう「リスク商品に投入する用」の500万円のうち、手元に残しておいたキャッシュを使う。そういう時のために常に投資用に一定の現金を持っていた方がいいのだ。

いくら投資資金としての資金でも手元にキャッシュを残しておく意味はこういったときに発揮されるものということですね。

暴落局面で株価が総じて落ちていると言うことは、逆にチャンスとも捉えることが出来ます。優良企業もバーゲンセールで購入するチャンスがあるということですから。

どこまで落ちるかわからなくても、一気に資金を投入せずとも、少しずつ様子を見ながら買っていけばそこまで大火傷をくらうこともないでしょう。

特に市場から評価され、株主に人気の成長株と呼ばれる株は常に割高な状態で買うことになりますので、こうして全ての銘柄が業績関係なく売られる状況は好機となります。

私はGAFAに代表される銘柄は保有は購入していませんでしたが、S&P500指数のインデックスファンドは保有しているので、そこで恩恵を多少受けられたかな?といったところですかね。

暴落局面では確かに相場は大混乱しますが、返ってその局面を活かせる人は資産形成を加速させることができるということを今回のコロナショックで学びました。

これを避けるには、①「暴落時に怖くなって慌てて売らないこと」、そして②「常に買い増しができるように一定の現金は持っておくこと」、が大切だといえるだろう。

暴落時に無闇に動かないこと、そしてキャッシュに余裕を持っておくこと。

常に投資用のお金をフルインベストメントするのが全てではないと言うことですね。リスクに対して少し鈍感になっている部分があったので意識を少し改めなくては。

乾坤一擲の大勝負より、楽しみながら資産運用を

中には自分の許容限度額いっぱいに投資をしているところで暴落が来ると、「ここが勝負時!」とばかりに、本来は安全資産として持っているお金もつぎ込む豪気な人もいる。しかしながら、それは明らかに「無理をしている」ことになる。

乾坤一擲という言葉を初めて聞いたので調べてみると、【運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること。天下をかけて一度さいころを投げる意から。】という意味だそうです。

暴落局面を待ち続けて、タイミングを見計って一気に購入することも一つの手ですが、金額が大きくなればなるほど、思い通りに行かなかった場合、影響も大きくなります。

これは性格的な問題もありますが、石橋を叩いて渡るタイプの私にはこのような選択は恐らく今後もしないと思います。それはもう投資ではなく、投機(ギャンブル)の領域に入ってきます。

そういったスリルを味わいたい人は良いですが、そうでない人はただ過剰なリスクを負っているだけです。過剰なリスクは冷静な判断を間違いなく鈍らせます。長期的な資産形成を目指していくなら精神の安定は必須だと私は思っています。

だから私は長期投資を志すようになりました。短期だと精神が持ちませんでした笑

複利の力を信じ、積み重ねていく

私はコロナショックの時も特に損切りをする事なく、むしろ価格の下がった銘柄を底値のタイミングを探すことなどせずに、毎月一定金額をコツコツと買い増しを続けていました。

今となってはその時の判断は間違っていなかったと思っています。割安な値段で多くの株を購入でき、配当金を積み増すことができました。また含み益も100万円ほど出ています。

私が重視しているのはとにかく買い増しを継続すること、そして受け取った配当を間髪入れずに買い増し資金に回すことで少しでも複利の恩恵を受けようと考えています。

景気がどうこう、相場がどうこう関係なく、自分のやるべき事は買い増しです。淡々と積み上げを何年、何十年と継続していくことが資産形成への道と信じてやっていくつもりです。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

スポンサードリンク