FIRE 家計管理 投資

【総資産5000万円】【配当200万円目標】目標設定を明確にし、行動を最適化する

スポンサードリンク

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

資産形成を目指していく上で、非常に大きな分岐点となり得る持ち家を購入するか、しないかについて。なかなか一括で家を購入する人は一般的なサラリーマンの人ではいないでしょう。

人生の中で一番大きな買い物と言っても言い過ぎではないくらい、重要な判断局面になります。ローンを組むか、それとも賃貸で家賃を支払い続けるか。私は後者になります。

資金面の余裕がないのもありますが、災害大国とも言える日本において、新築で家を建てるメリットというのをどうしても感じ取ることができないからです。

今回の記事は。前回に引き続き、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。私も学べる点が多いので、ちょくちょく見るようにしていますが、今回も興味深い内容だったので取り上げていこうと思います。

前回の記事は以下になります。お時間あれば見てみてください。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

FIREを目指すなら、賃貸か?持ち家か?

今回の相談者は、24歳、会社員の男性。5年後を目処に実家から出て一人暮らしを計画している相談者。FIRE(早期退職)にも興味があるとのこと。FIREを目指すなら、住まいは賃貸でいくべきか、買うべきなのでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。

先ほども言いましたが、家を購入する事は人生の中で一番大きな買い物だと思います。私は20代の頃は家を持つことにそこまで固執はしていませんでしたが、なんとなく「家は購入して、立派な社会人」みたいな変なイメージを持っていました。

今は投資で資産形成することを優先しているため、家を購入する事は一切考えていません。妻もその考えには理解を示してくれています。

FIREとまではいかないまでセミリタイアを目指している私にとって、今後住まいという課題は常に意識していかねばなりません。とはいえ今とるべきリスクは資産運用で、住宅ローンのリスクまで考えが回らないというのが正直なところです。

今回の相談者は24歳男性、FIREを目指していく上で、持ち家は必要なのか?という疑問をFPの方にぶつけています。私も年齢は違えど意識している部分なので、アドバイスをみながら自分も学んでいこうと考えています。今回は主にFIREについてのおさらい的な感じになり、次回以降具体的に持ち家か?賃貸かの話題に入っていくと思います。

一人暮らし計画中の24歳。「FIRE」を目指すなら家は買ったほうがいい?

引用 https://media.moneyforward.com/articles/6412

【パターン1】将来ご実家に住むことを考えない場合

理想は、早期リタイアのタイミングまでに住居を確保しておきたいところです。もし50歳にリタイアを考えるのであれば、それまでに住宅ローン完済が出来る物件を検討しましょう。早期にローン負担が終わっていれば、どういった物件かにもよりますが、住み続ける選択も、貸すという選択も可能となります。

早期リタイアを考える上で、住居の問題はついて回ります。私はなるべく賃貸でいくつもりですが、今はまだ住居を構えるほど資金的な余裕がないというのが大きいです。

十分な資産が築ければ、またライフステージが変われば。もしかしたら考え方が変わるかもしません。

ゴール設定した年齢と、残りの年数から支払える金額で、住宅購入を考える、これも住宅購入の一つの選択肢かもしれませんね。なかなかこの考えには至りませんでした。

また私が住んでいるところは田舎なので、誰かに貸すという選択肢はありません。田舎はまだまだ持ち家の価値観が強いですし、何より人口が増えていくことがありませんからね。

貸すという選択肢は都会に過ごしていなければなかなか出てきません。田舎は家が余っています。

そうなってくるとやはり、田舎では家を投資と考えて保有するとはならないので、ライフステージが落ち着いてくる50歳前後の状況で、判断することになりそうですね。

50歳になるまでおよそ15年、そこまでに考えなくても良いほど、資産を築くことができるようになることが理想ですね。

【パターン2】将来ご実家に住むことを前提とした場合

将来的にメンテナンス費用や固定資産税等を除けば、住居費がかからないことになります。その場合は賃貸の方が住宅ローンに縛られることなく、生活設計をすることが出来ますので良いと思います。

実家に住み続けるという選択はなくはないですが、なかなか現実的ではないか…。結婚したら同居するということになりますし、また独身であったら世間的な目もありますし。

そんなの関係ないから、とにかく資産を築くという選択をするならそれはそれで問題ありません。

このままの実家暮らしの生活を続ければ、確実にFIREには近づきます。それぐらい家賃は家計の多くを占めますからね。

計画的な行動が出来ること

ご実家暮らしの利点を活かし、しっかりと貯蓄や運用されているのは素晴らしいです。5年後の一人暮らしに合わせて、住宅を購入するか賃貸にするかだけを考えるのではなく、長期的な目線でご自身がどのような暮らしをしていきたいかについて整理した上で、住宅購入について検討することをオススメします。

今置かれている状況を最大限に活かし、投資を含め行動ができている人は若い人ではなかなかいないと思います。

私も独身、実家暮らしの時に貯蓄のみで1000万円を達成しましたが、運用までは頭が回りませんでした。投資はギャンブルという頭が染み付いていましたからね。

また1000万円貯められたのもそれを住宅購入資金にあてろという親からのメッセージがあったからでした。計画的?というか半強制的に1000万円貯めなきゃという使命感に駆られ、そこまで辿り着きました。

とはいえ今となっては1000万円を貯められる環境を提供してくれたことは非常に感謝しています。

今後どんな状況になっても、本人が計画的なのか?それとも無計画なのか?で対応が全く異なってきます。

具体的な目標をつくることの大切さ

FIREを目指すのであれば、何歳でリタイアしたいのか、その後どのような生活をしたいのかを具体的に想定する必要があります。また、今後結婚やお子さまの事も想定するのかどうかによってもライフプランが変わってきます。

若いうちに目標を設定しておく事は大事です。早ければ早いほど、行動に対する熱量、そして多くの時間を確保することができます。

24歳という若さで資産運用をしているのが、私としては非常に羨ましい限りです。私も早くから資産運用の大切さに気づき、行動に移していればと今更になって感じています。

FIREを達成するには投資は必須項目で、早ければ早いほど、時間という武器を有効活用することができます。

何歳までにいくら必要、だから今何をする必要があるのか?などと逆算しながら行動を最適化することができます。

思わぬライフイベントがあっても計画していればある程度修正していけるのは大事なことだと思います。計画的過ぎて人生面白くないという意見もあるでしょうが、私は極度の心配性なので、心の安定の為に計画的な行動を心がけています。

私の目標は総資産5000万円、配当収入200万円

私の目標は総資産5000万円、配当収入200万円が目標になってきます。5000万円で配当収入200万円となると利回りは単純計算で4%ということになります。

生活費の8割近くを配当収入で賄える計算になります。ここまでこれれば大分家計も楽になり、目標であるセミリタイアも見えてくるのではないかと勝手に思っています。

これを50歳までに到達できれば、もしも到達できれば、その後も資産運用は続けますが、年齢が上がるにつれてとるリスクも下げ、安定運用に移行していきたい。

とはいえ今後どんなライフプランが待っているのか分かりませんので、あくまで現状のシミュレーションです。

しかしながらこの目標に向かって家計管理と投資、副業を組み合わせながら、実現に向けて歩みを続けます。

目標は高く、ですが足元もしっかりと見ていく。理想と現実を上手く組み合わせながら、理想の達成のために行動していくことが、私の人生における大きなテーマになってきます。

そのためにはやはり資産運用は必須条件になってきます。今後も愚直に積み上げていきます。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング 株式ランキング
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オカユログ

プロフィール 現在30代。結婚 転職 移住を同時に行ったサラリーマン(製造業勤務) 短期投資で失敗してから長期投資へ方向転換。 そこから米国市場への投資を始める。配当金を再投資して不労所得(配当金)を積み上げています。 2019年配当 約13万円。 2020年配当 約25万円 2021年配当 約40万円(達成) 2022年配当 約60万円(目標)

-FIRE, 家計管理, 投資