antique bills business cash

【資産1億円目指す上で】必要な7つの鉄則【継続と進化】

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

1億円の資産を自分が持つことを想像したことはありますか?私は現実味がなさすぎて想像したくてもできませんでした笑

FIREするとなると1億円プラスαの資産が必要だと言われています。年間にかかる生活費の25倍が目安と言われており、また4%のリターンを得られるポートフォリオを組めれば、理論的には資産を減らさずに生きていけると言われています。

とはいえ、言うほど簡単なことではなく、日本の上位数%程度しかいないところまで自身の資産を持っていくとなると至難です。

そんなときに活用しなければならないのが投資なのですが、そこで今回の記事は。

株式投資で1億円の資産を築くために必要な7つの鉄則について全2回にわたって見ていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

株式投資で1億円の資産

株式投資を始めるなら、何年で1億円を達成したいか考え、 それに合わせて運用利回りを計算し、金融商品を選ぼう!   投資をするうえで、多くの人が目標とするのが「資産1億円」。それでは、1億円を達成するためには、どの程度のペースでお金を増やしていけばいいのだろうか。

1億円という大台は一度は思うところですが、現実とのギャップがありすぎて、なかなか実現しようと本気で活動をしていくには難しい問題ですよね。

私自身5000万円の総資産、そして配当収入200万円を目標に日々活動していますが、それでも目標達成にはまだまだほど遠いですし、果たして5000万円といっても現実的なのかどうか、まだ目標が遠すぎて図りかねる部分があります。

今回はそんな非常にハードルの高い1億円と言う数字にまつわる話をしていこうと思います。

前回は7つの鉄則のうち3つについて見てきました。

https://okayu-chikuwa.com/【資産1億円】を築くために必要な株式投資の共/

今回は残りの4つについて見ていこうと思います。

「株」で資産1億円を達成する“7つの鉄則”を大公開!「本業を続けて“入金力”を維持する」「株価暴落時こそ買い」など、多くの“億り人”が持つ「共通の理念」を紹介!

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/288670c035c19e5a51f7b6d85790425983f8e2fe

鉄則4】暴落時は買い向かう

繰り返しになるが、投資の初心者のなかには、個別株も投資信託の積立も、相場の暴落時に一時的に損が出たからといって、投資をやめてしまう人がいる。しかし、億り人は「そんな暴落時こそチャンス」と捉え、安くなった株を買いにいく人が多い。億り人は「人と同じことをしても勝てない」と口をそろえて言う。

言うのは簡単ですが、なかなか暴落局面で買いを入れていくって難しいですよね。自分の投資スタイルがほぼ確立された状態でないと、下げの相場で買いに入るのはメンタル的にやられます。

コロナショックによる市場の急落で米国に投資しているほとんどの投資家が売りが優勢と判断したでしょう。日本でいう台風、せかいでいうハリケーンのように一気に市場を大混乱に巻き込みました。

あの状態ではさすがにどこに底があるのか、全くわからない状態です。下手に売り買いしていたら逆に大火傷を負うようなそんな展開だったように記憶しています。

あのような場面で投資初心者の私は、何もしませんでした(できませんでした)あの時の含み損は今でも記憶しています。最高で−120万円くらいまでいきました。

それでも自分から積極的に動くのではなく、ただ余剰資金で買い増しをするということを徹底していました。まずは自分のできることをやろうと。

ですが、億万長者を目指すのであれば、それではいけない、記事に『人と同じことをしていても勝てない』と言われているように、暴落局面でも積極的に買いに入れるメンタルが必要なのかもしれません。

それも資金に余裕があるからこそできることかもしれませんが、1億円を築き上げるような人は同じ道を歩かない、独自の路線、考え方を持っているのかも。

鉄則5】中小型株を資産増のエンジンに

投資を始めたばかりのころは、ソニーやトヨタ自動車といった有名株を買いがちだ。もちろん、それも悪くはないが、それだけで資産を倍増させるのは難しい。資産を大きく増やしたいならば、まだ人気化していない中小型株にも注目を。資産増の起爆剤になりうるはずだ。

中小型株は確かに大きく価値が上昇する可能性を秘めています。大きな利益を狙うのなら、大型株よりも小型株の方が当たったら大きいですよね。

私も投資を始めた頃は日本の小型株で爆益を期待していましたが、そんなうまくはいきませんでした笑

上昇の可能性が高いということは、下落の可能性も高いです。そこら辺をうまく見極める力、何%上昇、もしくは何%下落したら、売買するなど明確な判断基準を持ち、ある意味で機械的に売り買いできないと大きな利益を上げることは難しそう。

まぁでも一億円築けたのはそういったある意味で運的な要素も必要なのかもしれませんね。小型株は大型株よりも難易度は間違いなく高いです。

そんな中で利益を上げるには、長期投資がメインの私みたいに呑気にはしていられません。

鉄則6】自分に合った投資スタイルを見つける

投資法には、人によって向き・不向きがある。成績があまりにも上がらないときは、戦略変更も必要。高配当株か成長株か、個別株と投資信託の積立のどちらが向いているかは、人それぞれ。億り人も、試行錯誤した末に自分に合ったやり方を見つけて、資産を築いている。ただ、簡単に見つかるとは限らない、ということも念頭に置いておこう。

最初は人から教わって投資を始めるというのがスタンダードですが、経験を積んでいくうちにより良い、自分に合った投資スタイルというものを模索し始めます。

あくまで教わったことはその教えた人の環境下で成功を収めたのであって、自分に全て当てはまるわけではありません。

インターネットの普及により、いつでも情報が得られる時代になりました。その反面情報も多様化し、自身にとって有益な情報を選ぶ必要性があります。

ただ真似するだけで1億円までいけたらそれはそれで羨ましい限りですが、そんな簡単なものじゃないと思っています。自分なりの投資スタイルが見つけられれば、暴落局面でも自分を持って行動ができますし。

今後資産形成をして行く上で、既存のスタイルから自分なりのオリジナルな投資スタイルに進化させていくことは必要じゃないでしょうか?

鉄則7】変化を恐れない

長期間、投資を続けていれば、そのときの相場に適した儲け方も変わるかもしれない。自分の得意なやり方で負けが続いたら、少し立ち止まって考えてみよう。そうして、さらに投資方法を進化させていく。変化を恐れずに、相場に対応できる人が勝負強い投資家になれるのだ。

先程にも通ずるところがありますが、やり方というのは人それぞれあり、必ずしもこれが正解!というものはありません。

自分のスタイルを確立したら、それを進化させていくことが必要な局面もあります。私の行なっている米国株で配当金再投資スタイルも永遠に通用すると安堵しているわけにはいきません。

情報は常に刷新されます。新たなスタイルの変更を余儀なくされたときに、どう変化を加えられるかが、私の課題になります。

今のところはまだ配当金再投資一本なので、副業などを通じて、収益の新たな柱を模索していきたいですね。

基本は継続、そしてプラスαを模索する

前回と今回で1億円の資産を築くための7つの鉄則について見てきました。基本的なことでも、継続していくのはなかなか難しいです。

どうやったら継続していけるのか?私も日々模索している最中ですが、まずは基本的な部分はしっかり抑えておくことが大事になってきます。

その上で投資家としてさらに進化していくために、プラスαを生み出していく必要があると私は思っています。満足したら、一気に飲み込まれる、そんな気持ちを持ちながら、勉強を絶やさず投資していくつもりです。

配当収入200万円、総資産5000万円以上を目指す私としては、常に試行錯誤しながら自身と資産を成長させていきたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedlyオカユログ - にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング
スポンサードリンク