オススメ記事です!(過去30日間)

家計管理 資産運用

【20代】【資産運用】を始める上で大事なお金の役割

スポンサードリンク

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

長期投資をしていると、早く投資を始めていればよかったと思う反面、20代のうちに種銭を作れたから今があるとも感じ、どちらが良いかは、正直わかりません。

しかしながら早く始めた方が長期投資においては時間を有効に使えるので早いに越したことはないと思っています。

今回の記事は。

20代から投資を始めるべき?投資を始めるメリットについて二回にわたって見ていこうと思います。

今日はメリットにはいる前にお金の役割についてと、資産形成していく上で大事な長期投資について見ていきます。

なので今回は投資を始める人向けの内容になってきます。

それでは宜しくお願いします!

スポンサードリンク

20代からの資産運用

pexels-photo-2068975.jpeg
Photo by Alexander Mils on Pexels.com

資産形成を20代から始めると、いくつかのメリットを享受できます。ただし、資産形成で運用を開始する際には、まず商品や制度などについても理解を深めておくことが大切です。

資産運用を若い頃から始めるのは大事です。何故なら長期的な資産形成を目指す上で、大事な要素である時間を有効に使えるからです。

しかしながらそれは購入する商品や投資の中身について知識を蓄えていく必要があります。

焦って、何も見ずに大金を投じるのは危険です。

最初は少額出始めながら、その間に投資に対する理解度を上げていき、慣れてきたら徐々に資金を増やしていく方が良いです。

私は何も考えずにいきなり大金を投じて、損切りを経験した苦い思い出があります笑

資産形成は20代から?20代から投資を始める3つのメリットも紹介

引用 https://www.excite.co.jp/news/article/MoneyBuJPX_article035260/#google_vignette

資産形成は将来に向けた資産を作ること

資産形成とは、将来のために所得の一部を積み立てていき、ゼロから資産を作り上げることです。資産形成には、何かあったときに備えて蓄える「貯蓄」と余剰資金でお金を増やすことを目的とした「投資」があります。

将来(老後)に向けて、困ることのないようにするためには資産運用は必須です。銀行ではお金が増えていくない以上、リスクを負わなければ資産は増えていかない時代です。

しかしながら投資を取り巻く環境は整備されてきており、初心者にもハードルは下がっていると感じます。

今では書籍に限らず、YouTubeやネット上にも様々な情報があるので、情報が得られないことはないでしょう。

それらを参考にしていきながら、いざ資産形成を目指すとなった時に必要になってくるのは、お金の役割設定です。

どの程度リスクが負えるかわかっていないと、冷静な投資判断はできません。基本的な投資は余剰資金でやるものです。

まずお金を目的ごとに分類してみる

colorful cutouts of the word purpose
Photo by Magda Ehlers on Pexels.com

資産形成を始める前に、まず自分が毎月何にどれくらい支出しているのかチェックした上で、お金を目的ごとに分類してみてください。分類のやりかたは、シンプルに「使うお金」「貯めるお金」「増やすお金」の3種類に分けるだけで構いません。

最近よく耳にするようになりましたが、『使う』『貯める』『増やす』この三つにジャンル分けして増やしていくために、どの程度の資金を割り振れるのかを計画しておくことは大事な要素だと思います。

給料、仕事の状況、家族構成などなど、それぞれの家庭で取れるリスクの幅は異なります。調べればざっくりとした目安は出てきますが、それが全てではありません。

「使うお金」

使うお金は、家賃や食費などの生活に欠かすことのできない支出のこと

毎月生きていくために、必要になってくるお金は様々あります。水道光熱費や家賃、食費、交通費、保険料などなど毎月色んなところへお金を払っていると思います。

支出が少なければ少ないほど、家計運営は楽になり、投資に回す資金も多くなります。

全くゼロにすることはできないので、今もらっている収入から支出を引いて少しでも残るお金を増やしていきたい。

そうすれば、貯める、増やすのステップに入っていくことができます。

「貯めるお金」

貯めるお金は旅行や結婚資金など、すでに目的が決まっているものです。

目的が既に決まっていて、近いうちに必要になってくるお金のことですね。支出を極限まで抑え込めば、お金は貯まるようになりますが、精神的には負担かもしれません。

何が目的があるからこそ、人間は頑張れる。資産形成を目指していくにしても、ただ闇雲に突っ走るのではなく、明確な目標を立てていけばモチベーションを下げずに進むことが可能になります。

私の今年の目標は総資産2500万円と年間配当金60万円になります、これらを達成するために日々活動しています。

「増やすお金」

残りの普段浪費してしまう可能性のあるお金は、増やすお金として投資に回すことが可能です。増やすお金は使い道が決まっていない資金なので、株式や投資信託など中長期での投資に向いています。

貯金できるようになったら、次は増やす段階に移行していくことができます。

余剰資金を生み出せなければ、失った時のリスクは非常に大きいです。

私は使うお金以外で残ったお金は全て投資に回しています。とにかく老後資金には困ることのないよう、あわよくば定年前にはセミリタイアできるほどの資産を築いていることが理想です。

資産形成に関する投資手法を理解しておく

winding road photography
Photo by Johannes Plenio on Pexels.com

資産形成の投資では、購入時より売却時の価格が値上がりしたり値下がりしたりする価格変動リスクが避けられません。しかし、長期投資・積立投資・分散投資などの手法を活用することでリスクを軽減できます。

安く買って高く売る、これが基本的な考え方になりますが、それを実践し、資産形成まで繋げられる人はそこまで多くないでしょう。

トレードの期間が短くなれば短くなるほど、株価の変動に対して敏感でなければなりません。

私も失敗しましたが、サラリーマンに短期投資は相性がよくないと私は思っています。

日本株であれば、取引時間中は基本的に仕事中になりますので、相場に張り付くことはできません。

一方で長期投資は時間に余裕を持って投資することができるので、一日二日の株価の動きに敏感である必要性は薄いです。

短期投資に比べれば、圧倒的にほったらかしにできるので、ストレスは少なく済みます。

資産運用の王道は、長期、分散、積み立ての3要素になります。

これらを意識して資産運用していけば、商品次第ではありますが、将来的に資産が築ける可能性が高いです。

リスクはなるべく分散し、相場からなるべく退場しないようにすることが大事になってきます。積み上げた時間を無駄にしない為にもしがみついてでも相場からは退場しないようにすることを意識していきます。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

最近 PostPrime も始めました! 自身のアカウントです! 私自身は様々な情報取集に使っています。

投資系youtuber として有名なダン高橋氏が立ち上げた PostPrime

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly オカユログ - にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング 株式ランキング
スポンサードリンク

オススメまとめサイト!

  • 投資 - NEWまとめサイトアンテナ!
  • ニュース - NEWまとめサイトアンテナ!
  • オカユログの日々のニュース
  • 2chnaviヘッドライン
上司に貯金が趣味なこと話したら

1: 名無しさん@おーぷん 22/01/19(水)17:59… [...]

株式YouTuberについて語ろう Part3

1: 山師さん 2022/01/17(月) 21:20:51… [...]

オススメまとめサイト!

  • ブルーアンテナ | 海外(アダルトワード除外版)
  • 生活 - NEWまとめサイトアンテナ!
  • あぼーんアンテナ
  • 2chnaviヘッドライン
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

okayu

プロフィール 現在30代。結婚 転職 移住を同時に行ったサラリーマン(製造業勤務) 短期投資で失敗してから長期投資へ方向転換。 そこから米国市場への投資を始める。配当金を再投資して不労所得(配当金)を積み上げています。 2019年配当 約13万円。 2020年配当 約25万円 2021年配当 約40万円(達成) 2022年配当 約60万円(目標)

-家計管理, 資産運用