FIREシミュレーション、複利計算のほか、健康・お金・数学・科学の各種計算ができます。

オススメ記事です!(過去30日間)

資産運用 運用実績

【30代】【総資産】【2000万円越え】田舎者サラリーマンの資産報告 1月2週目

スポンサードリンク

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

毎週日曜日は恒例の総資産報告になります!

1月も既に2週目になりました。あっという間に一日が終わっていきます。

資産運用の方は市場は乱高下していますが、私の資産の方はマイナスになるのもあれば、プラスになるのもあり、いい感じにプラスに作用しています。

セクターに分けて、分散投資している効果が出ていると言えるでしょう。

今年もコツコツとやっていきます!

では1月2週目、年収500万円サラリーマンの総資産報告になります!

先週の記事は以下になります。お時間あればご覧になってみてください。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今年もやるべきことをしっかりやっていく1年に

今年も変わらぬ一年が始まりました。こうして毎日更新しているブログとなってくると、特に変化のない記事になりがちですが、それでも見にきて下さる方々本当にありがとうございます。

本ブログを始め、とにかく 継続が力なり という言葉を胸に刻み、積み上げを行なっています。

昨年は資産運用も好調で大きく資産を伸ばすことができましたが、今年はどうなることやら?

今年もリスクを恐れず積極的に立ち向かっていきますので、共に資産形成を目指していきましょう!

それでは1月2週目総資産報告になります。まずは各種資産の報告になります。

現金・預金

今週の現金、預金は、3486895円となりました。先週に比べ(3715680円)大きく下落しましたね。

下落した要素としては、今月も既に株の購入を行ったことが要因です。先月の投資資金に回すことのできた余剰資金はおよそ15万円ほどです。

現金比率は相変わらず低いですが、今後もさらに投資に回し、比率を下げていこうと考えています。

生活防衛資金も見直しを検討中で、今までは200万円を設定していたのですが、もう少し減らしてもいいんじゃないか?と考えています。

保有している株も売ればすぐに現金化できますし、現金で放置しておくのが、勿体ないという思考回路になっています。

また暴落局面が、もし来た時に買い増しできる資金がないじゃないか?という考え方もありますが、いつ来るかわからないものを待つのであれば、仕掛けていき、複利を積み重ねていった方が良いかなと。

今後の人生、投資をしていなければ、なんとかして定年まで会社にしがみついていかなければという考えしかありませんでした。

しかしながら今は違います。

今のうちにどれだけ資産を築いておき、逃げ切る目星をつけるか、サラリーマンとしての安定的な収入に感謝はしながらも、いつまでもおんぶに抱っこではいけないと考えています。

家計がより安定していけるようにどうやってサラリーマン以外の収入を増やしていけるか?今年に限らずずっと課題となってきます。

株式(日本株+米国株)

今週の株式の資産状況は16449405円、先週は15800169円だったので、こちらも大きく増加しました。今週は今月の余剰資金を使い、株式を購入しました。

購入した銘柄も含め、相場が不安定な中でも保有している銘柄は順調に伸びたことで、資産を大きく伸ばすことが出来ています。

最近少し(出来過ぎ)上がりすぎな気がします。このままの状態は続かないでしょう。とはいえ下がっても上がっても、関係なくこのままいくつもりです。

※米国株、日本株のポートフォリオの状況についてはPostPrimeの私のページ(Prime投稿)に貼ってあります。見るためにはPrime登録(有料)が必要になってくるので、本当に気になる、興味のある方は見にきてみてください。毎週アップしていく予定です。

投資をしていなければ、こんなに資産が毎週毎週変化することもなく、頂いた給料をコツコツと積み上げていくことしかできなかった。

今年の貯金額が約150万円だったので、総資産2000万円に到達するのは、数年先のことだったでしょう。しかもこの貯金額はサラリーマンの給与のみ、ボーナスも少なくなればさらに、貯金額は減ります。

幸い所属している会社ではボーナスは出ていますが、いつまでも出る保証はありません。ボーナスありきで、ボーナスがないと生活が成り立たないわけではありませんが、年間の貯金額に大きな悪影響を及ぼします。

今年もサラリーマン単体の年収は下がりました。しかしながら収入は過去最高に近い水準です。何故か?それは配当金という不労所得が積み上がってきているからです。

収入源が一つで500万、2つで500万だったら後者の方がもしもの時に強いです。こうして徐々にではありますが、成果が出てきている状況はありがたいですし、さらに積み上げていこうとモチベーションが高まり続けています。

積み立てnisa,ideco,楽天レバナス

続いて積み立てnisa,ideco、楽天レバナスになります。それぞれ1685889円(先週1671086円)、778992円(先週781638円)、10433円(先週7342円)となりました。

今週はそれぞれ定期買い付けがありましたが、株価は冴えなかったのもあってか、それぞれあまり大きな動きはなく、むしろ買い付けた分を考えたら下がりましたね。

楽天レバナスももちろん買い付けを行いました。先月もブログ収入はおよそ4000円だったので、こうして買い付けを行いました。

レバレッジをかけることは当然リスクも高く、私が積み立てている商品は指数に対し2倍の動きをする商品です。

おそらくメインで保有するものではないと思っています。こうして小さな金額で影響のない範囲で積み上げていくのが私は精神的に安定を保てますかね。

指数に連動した商品に投資するということは、一つの商品で分散投資に繋がりますが、連動しているから当然ですが、相場次第ということになります。

個別株に投資すれば、それぞれの状況で、相場とは異なった動きをする場合があるので、こういった場面では個別株にも投資していて良かったなと感じます。

1月2週目総資産報告

それでは最後に1月2週目、総資産報告になります。今週は22417573円となりました。先週は21984908円だったので、大きく増加しました。

個別株、中でもしばらくの間低空飛行(含み損)を続けていた銘柄の回復が著しいです。しかもそれらの銘柄を含み損を多く抱えていた時に買い増しをしていたので、結果的に+αで資産増加をもたらしてくれました。

あくまで結果論ですので、自分の手柄というわけではありませんが、自分の信じた道を貫いたことで得られた結果かなとも思ったり。

私が保有している銘柄は、基本的にディフェンシブ株や生活に密着した製品やサービスを提供している銘柄を多く保有しています。

企業が大きく成長して、値上がり益が得られる銘柄ではありません。しかしながら安定した需要、そして参入障壁の高い銘柄は株価の下落があったときは、積極的に買い増しするようにしています。

リスクを負って投資できる要因は家計の安定

a person holding leather bifold wallet
Photo by Arina Krasnikova on Pexels.com

資産が大きく増加しているのは主にリスク資産の大きな上昇が要因です。ですがこうしてリスクを取って投資を続けられるのは、家計が安定し、余剰資金を生み出し続けることができているからです。

土台がしっかりしているからこそ、躊躇なくリスクを負うことができています。

総資産の伸びばかりに目がいきがちですが、わたしは地味ながらも家計の安定が維持できていることの方が成長を感じています。

これからも収入>支出の差を大きくし続けられるように全力を注いで行くつもりです。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

最近 PostPrime も始めました! 自身のアカウントです! 私自身は様々な情報取集に使っています。

投資系youtuber として有名なダン高橋氏が立ち上げた PostPrime

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly オカユログ - にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング 株式ランキング
スポンサードリンク

オススメまとめサイト!

オススメまとめサイト!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オカユログ

プロフィール 現在30代。結婚 転職 移住を同時に行ったサラリーマン(製造業勤務) 短期投資で失敗してから長期投資へ方向転換。 そこから米国市場への投資を始める。配当金を再投資して不労所得(配当金)を積み上げています。 2019年配当 約13万円。 2020年配当 約25万円 2021年配当 約40万円(達成) 2022年配当 約60万円(目標)

-資産運用, 運用実績