【30代からでも遅くない?】日本でFIREを目指すこと

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

FIREと検索すると、現在多くの記事がピックアップされてきます。数年前まではこんなことはありませんでした。

それだけ関心を持っている人が多いと言うことでしょう。反響がなければ継続的に取り上げませんからね。

それだけ社会に対して不安(特にお金)を持っているということの現れだともいえますが…。

目指すことはただですし、確実に成長できると思っています。

今回の記事は。

日本でFIREを目指すことについて考えていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

FIREを目指すということ

年齢が早ければ早いほど投資に多くの時間を割くことができ、長期的な資産形成において有利であることは間違いありません。

私は30代前半で本格的に投資を始め、もっと早く始めておけば良かった…と思っていますが。

今この時既に40代の人もいると思います。年齢がFIREに対する壁になってしまうのはもったいない。

目指すことに価値はあると思っています。今回はそのような内容の記事になります。

「FIREできない」は思い込み!日本型FIREは「40歳」にこだわる必要はなし

引用 https://media.rakuten-sec.net/articles/-/33490

FIREチャレンジと40代というキーワード

海外のFIRE本では、30歳代ないし40歳代で早期リタイアに突入する事例が紹介されています。これはつまり、新社会人になってから真剣に資産形成を行うことが必要になります。

30歳代あるいは40歳代で早期リタイアに興味を持った人の多くは「自分はもう、遅いのか」となってしまいます。

若いうちから投資しておいた方が長期的な資産形成においては、時間的な意味で有利に進めることができます。でも日本の状況下で社会人になって、FIREを目指してコツコツ投資をする人が一体どれくらいいるんでしょうか?

私が大学を卒業した10数年前には考えられなかったと思うし、欲しいものがたくさんある中で将来の為の資産運用を計画的に行なっていける人はあまりいないと思いますが、若いうちからやったほうがいいのは間違いありません。

社会人としての不安(お金)を感じた時に、何かいい方法はないかとなった時に投資という選択肢が初めて出てくると思います。

何歳からでもやろうとした時に一歩を踏み出せる気持ちと資金力、貯蓄力があれば諦める必要性はないと感じています。現に私も始めたのは30歳過ぎてからですからね笑

確かに40歳FIREは難易度が高い、20歳代前半で出遅れたら実現不可能

40歳という年齢で区切りをつけるなら20代からじゃないと厳しいでしょうね。30代から始めたら、残り10年。普通に貯蓄だけでは相当高年収じゃないとたどり着けないレベルですから。

高年収でないのだとしたら、投資をするにしても相当リスクを負わないと辿り着くのは厳しいです。

準備期間はまず短くなります。22歳新卒から一気に目指しても、なお20年ありません。18年という短い時間で25年分の年収を確保しようというわけですから、1年の年収で1年分の生活費を得ようという試みになります。

とはいえ20代から始めても20年もないのですし、これも新卒から年収が高い(外資系)ところで順調にステップアップして30歳くらいで1000万円プレーヤーになるくらいじゃないと厳しそう…。

しかしながら日本の平均年収は400万円弱ですし、ここ30年近く大きな変化はありません。

準備額が高く、高年収の獲得は苦労があり、高い貯蓄率設定のための徹底的節約というセットが求められ、そもそも40歳リタイア実現というのは、かなりハードルの高い夢です。

そう考えると、理想的なタイミング?(40歳)でFIREを日本で目指すのは選ばれた一握りの人間しかできなそうですね。

世界でも長生きの国、日本でFIREを考えるなら「55歳」「60歳」でも十分

日本は世界的にも長寿国であり、まだまだ日本人の寿命は伸びると見込まれています。平均寿命だけは将来予測を上回る伸びが続いており、人生100年時代は多くの人の現実になりえます。

それでも日本でFIREを目指すなら、40歳ではなく、もっと後ろ倒しで考えれば可能性はありそうです。

医療の進歩によって長寿化は飛躍的に進んでおり、人生100年時代は私が定年を迎える頃には当たり前になっていそうです。実際100歳でも元気で働いている人も出てそうですよね…。

そう考えると50歳でも残り50年、60歳でも40年とまだまだ時間はあります。だからこそ老後資金が枯渇すると言われ、投資をする人が増えているのですが,

長期投資は時間と複利を積み上げることでリスクを時間が分散することで、安定的に資産を築くというのが基本です。時間が長ければ長いほど。無理にリスクを負う必要もないですし、コツコツ積み上げることで徐々に資産を築ければと私も考えて、行動しています。

私が実際何歳を目安にしているかといえば、50歳から55歳くらいの間で目処がつけたら理想的と考えています。

だとすれば「50歳FIRE」でも50年のリタイア期間を得ることができます。70歳まで働ける社会への移行も始まっていることを考えれば、「60歳リタイア」を設定しても、人より10年早い引退生活スタートになると思われます。

私がおじいちゃんになる時に果たして定年は何歳からになっているのか…?現在も人手不足の中、シルバー人材は貴重な労働資源になっています。

おそらく70歳ぐらいになっているんじゃないかと思っています。そう考えると、50年近くも働き続けなければいけない時代が来るかもしれません。

年齢を重ねても働きたくないのに働かなければならない状況に陥るのが嫌なので、40歳でFIREとは行かないまでも、セミリタイアは目指せるくらいの資産は築いておこうと思います。

では次回以降は50代、60代に向けて日本でFIREを目指す場合の戦略について見ていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク