情報収拾に!

  • ブルーアンテナ | 海外(アダルトワード除外版)
  • あぼーんアンテナ
  • NEWS SELECT | 2ch全般
  • anaguro - 総合
  • まとめチェッカー 政治・経済 フィルターあり
  • 2chnaviヘッドライン
  • とろたまヘッドライン (総合 セーフコンテンツ)
【動画】コントみたいなハスキーの子犬が話題「ドジなの?」「ママの顔w」

【動画】コントみたいなハスキーの子犬が話題「ドジなの?」「マ… [...]

【韓国】フッ化水素の国産化に成功した韓国、日本からの輸入量が増加

【韓国】フッ化水素の国産化に成功した韓国、日本からの輸入量が… [...]

家計管理 投資

【5000万円を目指す上で】お金の役割とリスクを理解し、資産形成の土台作り

スポンサードリンク

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

私も投資を始めた当初は右も左も全くわからない状況であり、自分に全く自信が持てなかったことから、情報を得る為に、様々なところを調べました。中には投資顧問に登録して、メルマガに登録したり、株式相場に精通している人の動画を見たりしました。

今思えば、無駄とは言いませんが、結果としては失敗しました。それを信じ、投資を続けていたらさらに損失を増やしていってしまっていたかもしれません。

失敗に気付いて、いち早く資金を回収できたことは良かったと思っています。その失敗から現在への米国市場に投資できることができましたからね。

失敗しない人はいません。大事なのはその失敗をどう活かしていくかです。

今回も引き続きNさんの記事を取り上げていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

リフォーム代500万円を投資に回してしまったNさん

友人が投資で儲けているのを見て、55歳にして初めて日経平均のインデックスファンドを購入した出版社勤務の男性・Nさん。最初こそ少し儲けが出ていましたが、調子に乗ってキッチンのリフォーム代として貯めておいた500万円を、妻に内緒で同じくインデックスファンドに投じたあたりから雲行きが怪しくなります。日経平均は徐々に下がっていったのです。

最初に下手に成功してしまうと、その成功体験が弊害となり、さらなるリスクを負うことに躊躇いがなくなってしまいがちです。

私も短期投資で失敗した時は、最初に10万円近い利益を出してしまったことで、勘違いし、トレードを繰り返し、勝ったり負けたり…、その後の沼にハマりそうになるきっかけとなりました。

良い時はいいんですが、悪い時に冷静に対処することができるか?と言われれば、経験不足なので、何が正しいのか?がわからぬままに無駄に売買を繰り返したりと。

リスクを負った行動というよりも無謀な行動になりがちです。リスクに対して耐性がついていませんからね。

リフォーム代500万円を投資につぎ込んだNさんはその後どうなったのでしょうか?というのが以下の記事になります。

そして今回は投資を考えていく上で、同じ失敗を繰り返さないために必要な考え方について見ていこうと思います。

500万円をインデックスファンドに突っ込み「絶望」した55歳男性、その「根本的な間違い」

引用 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/89810

同じ失敗を繰り返さないためには

前回の記事で、投資を失敗した理由について3つの点から見てきました。

使う予定のあるお金で投資をした、②相場が下がり続けるときの恐怖や、値下がりすることの痛みを甘く見ていた、③投資しているもののリスクについて理解できていなかった

これら3点がNさんが投資で失敗した要素として挙げられたものになります。

とはいえ、投資で全く失敗しない人なんてほとんどいないと思っており、さまざまな失敗を経験しているからこそ、投資家として成長し、資産形成へ向けてさらに力強く踏み出していけると考えています。

失敗することを恐れていたら何も出来ません。失敗から学ぶことこそ、大きな成長のチャンスです。

ではNさんが今後失敗を繰り返さないためにどうしていけば良いのか?記事では以下の3点が挙げられています。

  • 1)お金の色分け
  • 2)ライフプラン表やキャッシュフロー表の作成
  • 3)投資商品の値動きの幅を理解する(リスクを知る)

これらの3点について次から一つ一つ見ていく事にしましょう。

1)お金の色分け

投資を始めるきっかけに特に深い動機付けはいらないと私は思っています。まずは始めることが大事であり、例えば。

他の人がやっているから、自分もやらなきゃ、身近で儲かっている人がいるから、乗り遅れたくない。という感情でも悪くないと思います。

しかしながら始めたなら、どのくらいの期間でどうなっていたいのか?という大体の目標設定は大事になってきます。

私がアドバイスする際には、まずは目的と手段を明確にするところを、しっかりとお伝えしています。たとえば最初のステップとして、預金で持つべきお金と、値動きを背負って運用するお金の仕分けを行ってみてください。

その中にお金の仕分けがあると記事では言っています。これは前回、私も少し触れましたが、お金の役割をざっくりでも仕分けしておくことです。

直近で使う予定(2年〜3年以内)の決まっているお金や、もしもの時の備えはいつでも引き出せる現金で保管しておく。そしてそれ以外の部分は運用に回し、増やすためのお金として利用していく。

Nさんの失敗例は使う予定のある500万円分のリフォーム代に手を出してしまったということで、これが運用するためまではいかなくても、余剰資金で投資している分だったらそこまで問題にはなっていなかったということです。

私が日本株に投資し、損切りをした30万円は余剰資金の範囲でしたので、ダメージは大きくても、資産的には致命傷にはならずに済みました。

2)ライフプラン表やキャッシュフロー表の作成

ライフプラン表は横軸に年度、縦軸にご自身や家族の年齢を記入し、時間の経過によるライフイベント(一般的には住宅購入、出産、子供の卒入学、ご自身の退職など)を記入していきます。これにより、まとまったお金がでていく時期や貯め時が「見える化」されます。

ライフプランを見える化することて、課題の発見や進捗状況の確認をすることができます。頭の中で考えるのと、書き出してみるのとでは、情報がより正確に記すことができますね。

とはいえ自分は作ったことはないのですが笑

実際のところどんなものなんだろう?ということで調べてみると以下のような表が例として出てきました。

引用 https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

この画像は日本FP協会のホームページから引用したものです。家族それぞれの年齢と、ライブイベント、そして費用を書き出して、いつまでにいくら必要になるかを知り、逆算して行動していくということになります。

ホームページにはPDF版とExcel版でファイルがあるようなので、興味のある方はやってみると良いかもしれません。

実際書き出してみたら、より資金が必要だった、また逆に余裕があるから投資に回していこうなんていう判断材料としても有効活用できますね。

3)投資商品の値動きの幅を理解する(リスクを知る)

期待リターン」とは投資家がある資産について、将来にわたる運用から得ることが期待できる平均的なリターンをいいます。一方「リスク」とは「リターンの振れ幅」のことです。よくリスク=「危険」と思いがちですが、投資でいう「リスク」はお金が増えることもあれば損をする場合もあることを意味しています。

投資家が将来的に運用から得られるであろうリターンのことを期待リターンといいます。最近大きく話題になっているFIREという考え方。

FIRE生活を送る上で必要な資金は1億円と言われ、資産を維持していくためには年率4%のリターンが必要になってくると考えられています。この4%というのが、期待リターンという事になりますかね。

ですが大きなリターンを期待すればするほど、減る可能性もあるということになります。記事では、リスクというと、失敗してお金を減らすことを想像しますが、増えることもリスクだと言っています。

期待するリターンが高ければ高いほど、リターンを得る可能性も、損失を被る可能性もどちらもあります。そのリスクをどのように考え、ポートフォリオを組んでいくかは、人それぞれ異なり、その人の投資に対する考え方が大きく影響します。

リスクに対して消極的な人は債券などを中心にポートフォリオを組むでしょうし、逆にリスクに対して積極的な人はレバレッジをかけて運用する人もいるでしょう。

大事なのは負っているリスクは自分にとってどの程度影響力を持っているのかをざっくりとでも理解しておくことです。

特に周りがやっているからという理由で投資を始め、投資の人気ブロガーだけを参考にしたり、売れ筋ランキングで見たままに投資商品を選択したりした場合、その値動きの幅がどれくらいなのかを想定できていない、つまりリスクを把握していない場合も多いです。そうした場合はNさんのように損失が出ると狼狽し、想定したリターンを得る前に手放してしまうことに繋がります。

みんながオススメしているからという理由だけで投資判断をするのもありだと思います。しかしながら、どのような性質の商品なのかは、実際に値動きなどを見ておく必要があります。もしかしたら高いレバレッジの効いた値動きの大きい商品かもしれません。

人間想定外のことが起きると、冷静な判断が難しくなり、株式投資で言えば、狼狽売りにも繋がりかねません。

自分の中でお金を役割をしっかりと設定し、何が目標で、目標達成のために期待するリターンを計算し、達成のためにどんな商品が必要になってくるのか、事細かでなくても、一つ一つ設定していけば、退場しにくい、安定した資産形成への道を踏み出していけるのではと思います。

今回は以上になります。次回は期待リターンとリスクについてもう少し掘り下げていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly オカユログ - にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング 株式ランキング
スポンサードリンク

情報収拾に!

  • 投資 - NEWまとめサイトアンテナ!
  • いわしアンテナ
  • オカユログの日々のニュース
  • 2chnaviヘッドライン
  • BestTrendNews まとめアンテナ

情報取集に!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

okayu

プロフィール 現在30代。結婚 転職 移住を同時に行ったサラリーマン(製造業勤務) 短期投資で失敗してから長期投資へ方向転換。 そこから米国市場への投資を始める。配当金を再投資して不労所得(配当金)を積み上げています。 2019年配当 約13万円。 2020年配当 約25万円 2021年配当 約40万円(達成) 2022年配当 約60万円(目標)

-家計管理, 投資