情報収拾に!

  • ブルーアンテナ | 海外(アダルトワード除外版)
  • あぼーんアンテナ
  • NEWS SELECT | 2ch全般
  • anaguro - 総合
  • まとめチェッカー 政治・経済 フィルターあり
  • 2chnaviヘッドライン
  • とろたまヘッドライン (総合 セーフコンテンツ)
【動画】コントみたいなハスキーの子犬が話題「ドジなの?」「ママの顔w」

【動画】コントみたいなハスキーの子犬が話題「ドジなの?」「マ… [...]

【韓国】フッ化水素の国産化に成功した韓国、日本からの輸入量が増加

【韓国】フッ化水素の国産化に成功した韓国、日本からの輸入量が… [...]

家計管理 資産運用

【20代】【複利と長期投資】若いうちから投資を始めるメリットとリスク 両面を理解する

スポンサードリンク

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

長期投資をしていると、早く投資を始めていればよかったと思う反面、20代のうちに種銭を作れたから今があるとも感じ、どちらが良いかは、正直わかりません。

しかしながら早く始めた方が長期投資においては時間を有効に使えるので早いに越したことはないと思っています。

今回の記事は。

20代から投資を始めるべき?投資を始めるメリットについて二回にわたって見ていこうと思います。

今日はメリットにはいる前にお金の役割についてと、資産形成していく上で大事な長期投資について見ていきます。

なので今回は投資を始める人向けの内容になってきます。

それでは宜しくお願いします!

スポンサードリンク

20代からの資産運用

pexels-photo-2068975.jpeg
Photo by Alexander Mils on Pexels.com

資産形成を20代から始めると、いくつかのメリットを享受できます。ただし、資産形成で運用を開始する際には、まず商品や制度などについても理解を深めておくことが大切です。

資産運用を若い頃から始めるのは大事です。何故なら長期的な資産形成を目指す上で、大事な要素である時間を有効に使えるからです。

しかしながらそれは購入する商品や投資の中身について知識を蓄えていく必要があります。

焦って、何も見ずに大金を投じるのは危険です。

最初は少額出始めながら、その間に投資に対する理解度を上げていき、慣れてきたら徐々に資金を増やしていく方が良いです。

私は何も考えずにいきなり大金を投じて、損切りを経験した苦い思い出があります笑

資産形成は20代から?20代から投資を始める3つのメリットも紹介

引用 https://www.excite.co.jp/news/article/MoneyBuJPX_article035260/#google_vignette

前回まで投資を始めることの大切さと共に大事になってくるお金の役割について見てきました。

今回は記事の題名にもなっている、20代から投資を始めるメリットについて見ていこうと思います。

20代から投資を始めるメリット

20代から投資を始めるメリットとして記事では以下の3点が挙げられています。

  • 投資期間が長いため複利効果が期待できる
  • 経験を積める
  • 気軽に投資しやすい

①投資期間が長いため複利効果が期待できる

20代のうちから早めに投資を始めると、その分長い期間の投資が可能です。長期間投資をすることで、複利効果が期待できます。

複利とは、投資や貯蓄の利息(利益)を元本に上乗せして再投資することで、さらに利益を膨らませることです。一方、単利では毎回元本に対してのみ利益が発生します。

長い期間投資していくということは時間と複利の要素を考えると非常に大事になってきます。だからこそ若いうちから投資していけば、時間と複利を積み上げる事ができます。

年率2%で元本100万円を10年運用した場合を考えると、税金は抜きにして単利は120万円になるのに対し、複利は約122万円になり、また20年後には単利だと140万円のところが約150万円と時間が経てば経つほど複利は積み上がってきます。

これは毎月の入金がない場合ですので、これに毎月の積立が加わってくればさらに資産は増えていく事が予想されます。

十数年位わたって投資資金を捻出することは難しいですが、それを如何に捻出していけるようにするかは、前回言ったように手持ちのお金、そして入ってくるお金に対してしっかりと役割を持たせて管理していくことで、生み出していきましょう。

経験を積める

20代はまだリスクを取れる年代です。若いうちに、相場の値動きで利益だけでなく損失を出すことも経験しておくことで、その後の投資判断に役立つでしょう。

開いている相場の中で自身の資金を投じていく事で得られる経験はイメージとは全く異なるもので、資金を投じ、投資してみないと分からない部分が大いにあります。イメージしているだけでは経験は積めません。

また、労働のみでお金を稼ぐとなると、株式市場のことなんて全く興味がないでしょうが、投資を始めると新たな世界が開けるというか、今まで無関心だったことを注意してみるようになり、人間的な幅を広げてくれます。

スペシャリストになるのも大切ですが、様々なジャンルの知識があれば、意外なところでチャンスが巡ってきたりもします。

私が投資や副業でこのブログをやっているのは成果云々も大切ですが、他の人にはない経験を積み上げることができるからです。

経験はどこで生きるかわかりません。収入に関していえば、労働一本でやっているよりもさまざまな世界を見ておいた方が良いのは間違いないと思います。

気軽に投資しやすい

学生時代は時間があっても収入がアルバイトなどに限られるため、投資できる資金は少ないことが一般的です。また、結婚や出産で家族が増えると、独身時代に比べて自由に使えるお金や投資の勉強にかけられる時間が減ります。

その点、社会人になって給料が入るようになった20代であれば、時間と資金に少し余裕がでてくるので、比較的気軽に投資できる点がメリットです。

わたしは結婚してから、本格的に投資を始めました。もちろん独身時代の方が手持ちの資金の自由度は違ってきます。

大卒であれば、なかなか経験にない大金(給料)をもらう分けですし、今まで買えなかった部分もえるので物欲も旺盛ですし、そんな中で投資の大事さを知り、将来に向けて積み立てできる人はそこまで多くないんじゃないかな?とも思います。

そんな中でもコツコツやってきた人が後々大きな資産を築く可能性が出てくるわけで、まずは少額からでも始めれば、時間と複利の力を活かすことができます。

いきなり個別株に投資など高いリスクは負わずに、株価指数に連動した信託商品を積み立てていけば、余程のことがない限り資産は増えていくことが予想できます。

わたしも投資しているS&P500などに投資していれば、ここ20年間での平均リターンは9%なので資産が増えていることを実感できたと思います。

引用https://www.google.com/amp/s/media.rakuten-sec.net/articles/amp/31722

とはいえこれからどうなるかは全く予想がつきませんので、確実とはいえませんが、過去20年を見るとリーマンショックなど大きな調整局面があっても復活し、過去最高を更新しているのは大きな安心材料になりますね。

資産形成で注意すること

red stop sign
Photo by Pixabay on Pexels.com

資産形成を始めることでいくつかのメリットを享受できる一方で、多くの商品が元本保証ではない点がデメリットです。また、今まで投資経験がない方が資産形成を始める際には、いくつか注意点があります。

資産形成は銀行に預けているだけでは決して得ることのできないリターンを与えてくれる可能性がありますが、もちろんノーリスクではなく、資産が減る可能性もあります。

元本保証は確かに安心感はありますが、リターンを得るにはリスクを負わなければなりませんし、リスクを敬遠していることが、日本で投資が中々普及しない原因の一つとなっています。

記事では資産運用について以下の3つの注意点があるといっています。

  • NISAやiDeCoの制度を把握しておく
  • リスクや費用がかかる点を理解する
  • 投資に集中しすぎない

まずは。

NISAやiDeCoの制度を把握しておく

についてです。

NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)など税金に関する優遇制度を理解し、かしこく資産形成を始めましょう。

ニーサやイデコはもちろんわたしも資産運用として取り入れています。

どちらも節税に繋がり、また長期投資が前提の制度なので、基本的には複利と時間を活かした資産運用になります。

日本人は多種多様な税金を納めていますが、投資の普及のために設けられたこれらの制度は運用しながらも節税にも繋がります。

節税と資産形成が一挙に期待できる、これらの制度を利用しない手はありませんね。

制度の詳しい内容は以下の公式サイトをご覧になってみてください。

NISAとは? 金融庁

引用https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

iDeCo(イデコ)公式サイト

引用https://www.ideco-koushiki.jp/https://www.ideco-koushiki.jp/

次に。

リスクや費用がかかる点を理解する

になります。

資産形成の投資では、株価変動リスクや為替変動リスクのように価値や価格が大きく変動するリスクが存在します。さらに、売りたいときに売却できない流動性リスクも存在することを理解しておきましょう。

また、株式や投資信託などの商品には、購入時・保有時・売却時に手数料がかかることがあります。購入時の価格と売却時の価格に変動がなくても、元本を割る可能性があることに注意してください。

リターンが得られる反面、リスクは当然ながら出てきます。ですが、このリスクを理解し、その上で投資をしていかなければ資産形成はできません。

リスクには価格変動、流動性などのリスクや、投資信託に投資することでは発生する、手数料などが挙げられています。

リスクを適切に管理し、資産形成を達成する人もいれば、管理できずに多くの資金を失って退場する人もいます。

株式市場はプロもアマも関係ありません。そんな様々な思惑が交錯する場所で初心者が如何に資産形成していくかとなった場合、長期投資で長い目で資産形成を目指していくことが今のところベストな選択なんじゃないかと私は思っています。

最後に。

投資に集中しすぎない

になります。

本来「使うお金」「貯めるお金」だった資金を投資に回してしまうと、資産形成本来の目的から外れてしまいます。あくまでも、長期的に資産形成するための投資であることを忘れないようにしましょう。

資産形成を目指すことは大切ですが、先ばかり見すぎて、足元を見失ってしまうとリスクを管理できなくなってしまいます。

投資はあくまで余剰資金でやるのが基本で、失ってはならないお金まで投じてしまい、損を被ってしまったら、目も当てられません。

長く投資に携わってくると、次第にリスクに対する意識が鈍くなってきます。

他人の投資成績などを、Twitterで見る機会もあるかもしれませんが、比較してはいけません。

比較しても、その人のリスク許容度と自身の許容度は違います。先を見据えるばかりではなく、足元は決して見失わないことが大事です。

今回は投資を始める3つのメリット、そして注意点について見てきました。次回以降は具体的にどんな商品がオススメなのか?について見ていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

最近 PostPrime も始めました! 自身のアカウントです! 私自身は様々な情報取集に使っています。

投資系youtuber として有名なダン高橋氏が立ち上げた PostPrime

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly オカユログ - にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング 株式ランキング
スポンサードリンク

情報収拾に!

  • 投資 - NEWまとめサイトアンテナ!
  • いわしアンテナ
  • オカユログの日々のニュース
  • 2chnaviヘッドライン
  • BestTrendNews まとめアンテナ

情報取集に!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

okayu

プロフィール 現在30代。結婚 転職 移住を同時に行ったサラリーマン(製造業勤務) 短期投資で失敗してから長期投資へ方向転換。 そこから米国市場への投資を始める。配当金を再投資して不労所得(配当金)を積み上げています。 2019年配当 約13万円。 2020年配当 約25万円 2021年配当 約40万円(達成) 2022年配当 約60万円(目標)

-家計管理, 資産運用