【20年間で5000万円】早期リタイアに少しでも近づくために必要なこと

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

配当金によって平凡なサラリーマンである私の仕事観が一変しました。

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、マス層サラリーマンのオカユログです!(@okayuchikuwa

セミリタイアを目指している中で、最近様々なことに対してモチベーションが下がり気味です。

配当金再投資の方は好調で着実に積み上がってきてはいるのですが、そのほかの面ではちょっと停滞気味というか、進捗がよろしくありません。

とまぁそんなことを言いつつも、凡人サラリーマンの私には継続しか取り柄がないのですが笑

ちょっと努力の方向性を変えたりと試行錯誤の日々です。

そんなわけで記事に入っていこうと思います。

今回はセミリタイア生活を目指す上で必要な貯蓄と投資のバランスについてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

セミリタイア を目指していくために

労働だけで資産を築くとなると、よほど高年収で、かつ生活を切り詰めないと達成できません。

地方住み、年収そこそこのサラリーマンのわたしには厳しい状況で、どうしても投資を組み入れていかないとセミリタイアの実現は不可能です。

そのために、今全力で投資をして、今年は年間配当40万円以上を目標に、頑張っています。

しかしながらハイリターンを目指して集中投資、また、ハイリスク(仮想通貨など)商品ばかりに投資してはいられません。

何事もバランスを意識して、リスクの取りすぎに注意していかねばなりません。

20年間で5000万円。“FIRE”早期リタイア生活に近づく投資術

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/19b5f87bf6a709c04b7ab644fe9c1a375a90f6d5

貯めたカネを運用しリタイア生活に近づく方法は?

FIRE後の生活の基本は年4%の利回りで暮らすことだが、その前段階で5000万円をつくるには利回り年7%は欲しいところ。毎月10万円ずつ積み立てて7%で回したとすると、19年と7か月で5000万円に到達する計算だ。

FIREの基本的な考え方として、4%理論というのがあります。

リスクを抑えながらも安定した利回りが期待できる利回りは4%と言われています。

その4%ルールに従って、年間の生活費を4%にまで抑えられれば、理論上利息だけで生活できるというものです。

逆を言えば生活費の25倍の蓄えがあれば良いというのと同じことで、年間200万円だったら、5000万円あれば、リタイアは理論上可能となります。

その為には、毎月の生活費を限りなく下げ、余剰資金は投資に回して行くことが重要になってきます。

では生活費を下げる努力を続けながら、どのような商品に投資していけば、安定的に資産を増やしていける可能性があるのでしょうか?

メインの株式資産に加えて、株とは異なる値動きを見せる商品を買う“オルタナティブ投資”を、ポートフォリオ(保有資産の組み合わせ)に取り入れることが大切です。

オルタナティブ投資を組み入れる?

文の中で出てきた、オルタナティブ投資とはどう言った意味なのでしょうか?

オルタナティブ投資とは、上場株式や債券といった伝統的資産と呼ばれるもの以外の新しい投資対象や投資手法のことをいいます。オルタナティブ(alternative)は直訳すると「代わりの」「代替の」という意味です。

原油や金、銀、穀物、不動産などが該当します。株以外にも投資することで、ポートフォリオの幅を広げ、下落の影響を減少させようという狙いです。

その中でも金は株と逆の関係性であることは有名です。

株式市場が先行き不透明な時は、金の価格は上昇傾向になる可能性が高いです。

運用資産のうち、金の投資を20%?

一般的に金は株と逆相関(金が上がると株は下がり、その逆も然り)の関係にあるとされ、万が一株式市場が暴落した場合でも、資産崩壊を防ぐ役割を期待できるんです。ETF(上場投資信託)や投資信託を通じて全資産の20%ほどを振り分けるといいでしょう」

株の下落の影響を少しでも抑えるのであれば、逆の相関関係のある商品を保有することでバランスをとって行く。

具体的に金の商品というと現物もありますが。国内市場にもETFは存在します。

・SPDRゴールド・シェア(1326)

引用 https://www.jpx.co.jp/equities/products/etfs/issues/files/1326-j.pdf

・純金投資信託“金の果実”(1540)

引用 https://kabu.com/item/etf_etn_reit/feature/kikinzoku.html

というETFが存在します。

金の現物を購入する場合、バーチャージと呼ばれるものがかかります。バーチャージとは、いわば500グラムを下回る量のゴールドバー取引が買取業者からすれば、本来想定外の取引であることから、別途手数料として発生しています。

500g未満の現物の金を売買する場合には約10%〜15%前後の手数料が発生します。

つまり、小口で金の現物を売買するとバーチャージ分、手数料が割高になってしまいます。ETFはその点、バーチャージという手数料が発生しない文、少額でも投資しやすいのかメリットになるでしょう。

20%を金投資、残りは?

それについては明日以降の記事にしていこうと思います。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

私がセミリタイア達成へ向け、お金に関して多くを学んだオススメ書籍を紹介しています!