【4%ルール】【年収分の25倍】FIREにおける目標設定とリスクのバランスについて

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

とても著名な方がこうした方がいいと言っても、それがそのまま自分に当て嵌まるかはわかりません。

FIREは4%ルールや年間生活費の25倍の資産を築けば自立できると言われています。

目標の目安にするのは良いですが、それが達成できたからと言ってFIRE生活が必ずしも安泰とは限りません。

自身に見合ったスタイルを模索していく必要があると私は思っています。

今回の記事は。

米国流FIREは日本版に置き換える必要がある?についてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

米国流をそのまま真似るのはリスク?

アメリカ発「FIRE」が日本国内でも広まりつつある。億単位の資産を作って早期リタイアし、その後は悠々自適……という夢のプラン。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔さんは、「米国流をそのままマネするのは、リスクが高い。日本流にアレンジして取り組むといい」という――。

あくまで目指す数値は目安であり、それが全てではありません。人それぞれ身を置いている環境は異なるので、各々に適したスタイルがあると思います。

情報を鵜呑みにするのではなく、理解し、自分の中に落とし込んでいく作業が必要です。FIREを目指すには投資は少なくとも必要になってきます。自分のお金を運用する為、もちろん損をする可能性もあります。

数値目標を掲げることは大事ですが、現状無理な目標を掲げてもモチベーションが下がるだけです。

経済的自立を目指すことに問題はありませんが、上ばかり見すぎた結果、足元がしっかりしていないと目標達成は難しい、今回はそんな記事になります。

「1億貯めて年4%稼げば一生安泰」米国流FIREブームをマネする人を待ち受ける悲劇

引用 https://president.jp/articles/-/48495

ブームの「FIRE」基本ルールは「25年分の年収確保」と「4%ルール」

基本的な考え方は、若いうちから「しっかり稼ぎ」「徹底的に節約して、投資資金を増やし」「資産運用を行う」。FIREの柱となる“ルール”は以下の2つです

●「25年分の年収確保」

仮に年400万円でリタイア生活を送るなら1億円(400万円×25年)を貯めればFIREできるとされ、目標金額を考える基本ルールとされる

●「4%ルール」

リタイア後は投資などで年4%の収益をあげることをめざし、運用収益(1年分の生活費に相当)を活用することで元本の資産は永遠に減らずにすむ

FIREを目指す上で一つの目安になっているのはこの25年と4%というのが大事なキーワードになってきます。

25年分の年収確保に関しては、年間400万円の生活費であれば✖︎25年で1億円必要になってくる。これが200万円なら5000万円、100万円なら2500万円が目標の目安になってきます。

また4%ルールに関しては、年間4%の収益を毎年安定して得ることができれば、資産を減らさずにFIRE生活を維持できると言われています。

どちらもこれを達成するには投資を組み合わせていかないと達成することは厳しいです。サラリーマンだけの収入だけで目指すとなったら余程高年収じゃないと達成は厳しいでしょう。

年収500万円にも満たない私が目指すこと自体、高望みかもしれませんが、もし資産運用が順調に伸び、副業も伸びれくればもしかしたら達成できるかもしれません。特に投資は大きく損をする可能性もあれば、逆も然りで利益をあげられる可能性もあるのです。

私は現時点で総資産5000万円を目標に資産運用しています。米国市場を軸に、日本市場、副業などを収入を最大限高め、支出を最小限に抑え、残るお金の最大化し、資産形成を加速させていこうと日々活動を続けています。

それでも実際に投資をしているとこの目標の高さを身にしみて感じます。その金額ばかりに目がいってリスクの取りすぎにならないように意識するように心がけています。

25年分の収入を貯めようと高リスク運用で失敗…長年の努力が溶ける

まず、25年分の年収確保というのは相当高いハードルである、ということです。仮に年350万円(月30万円弱)でやりくりするとしても、8750万円になります。

25年分の年収の確保ということ自体非常に高いハードルだということは投資をしているとより実感します。高いリスクを負えばもちろん高いリターンを狙え、資産形成を加速させてくれる可能性はありますが、失敗すれば最悪相場からの退場もあり得ます。

運用期間が短く、目標金額が高ければよりハイリスクな商品を運用しなければなりません。早く結果を求め、ビットコインやレバレッジをかけて取引すれば、当たれば資産家になれますし、外れれば資産がゼロに近づいてしまいます。

私は長期投資を軸に、バイアンドホールドが基本です。家計黒字を維持し、毎月安定して株式を購入し、時間をかけ少しずつ資産を築いていきます。早く成果を出すことを目的としていないので、レバレッジをかけた取引はしていませんし、ビットコイン投資は資産の1%にも満たない程度で、小遣い程度の資金で運用しています。

長期投資であっても筆者の言うように運用に失敗すれば、長年の努力を失う可能性もあります。25年分の収入だけを間に受けて、リスク管理を軽視して高リスクな運用すれば、大火傷を負うリスクも大きくなると言うことですね。

目標とリスクのバランス、そして情報収拾の大切さ

収益額を最大化しようと投資金額を増やす行為もリスクが大きいです。最近のビットコイン相場の乱高下などで、資産を増やすどころか大きく損失して茫然自失という、泣くに泣けない状況もありえます。

つまり、メディアでもてはやされる「光(一部の成功者)」だけ見て、「闇(多くの脱落者)」に目を背けるような無謀なチャレンジとなってしまいかねません。

FIREが注目を集め、また資産運用に興味を持つ若者も増えてきていると思います。FIREを達成してお金に困らない、時間に縛られない理想的な生活を送ること。夢のような部分を追い続け、身の丈に合わない必要以上のリスクを負ってしまうのは問題です。

メディアは良い部分だけ切り取って、不都合な部分は見せないようにします。成功している人もいる中で、多くの失敗例もあると言うことを理解しておかなければなりません。

投資は自己判断なので、誰も責任を取ってくれません。そのため情報を判断するときに自分に都合の良い情報ばかりを集めがちです(自身の判断を正当化するために)

私はなるべく都合の悪い情報を多めに集めるようにしています。デメリットを多めに集めた上で、上回るメリットを感じれば投資します。もし判断ミスが起きたとしても納得できるくらいでないと。いつまでも失敗を引きずってられない部分もあります。

人ぞれぞれ取れるリスクは異なります。高い目標ばかりに囚われ、行動が大胆になりすぎると思わぬ落とし穴に落ちることになるかもしれません。

次回以降は4%ルールを参考にしながら日本版FIREについて考えていこうと思います。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)


にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク