【5000万円を目指す上で】【年間利回り1%の違い】と限られた時間を有効に使うこと

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

資産運用を本格的に始めてから、利息も積もればバカにならない金額になるということがわかりました。

最初は小額だとしても積み重なればいずれ大きな金額になります。

短期投資のような投資スタイルが物理的に難しい私は長期投資でコツコツと積み重ねるスタイルの方が精神衛生上あっていました。

今後もこのスタイルが基本軸にしていくつもりです。

今回の記事は。

資産1億円以上のサラリーマン投資家が守っている鉄則ということで学んでいこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

投資を始める前まで

投資を始めるまで利息といったら、銀行の利息程度しか頭になく、微々たる利息では、利息を軽視しがちなところはありますが、その考えは間違えで、長期的な資産運用においては如何に利息を積み上げていくか、複利の大切さを痛感し、現状賢明に時間と複利を活かした投資スタイルになりました。

100万円で2%の利息がつけば税金は抜きにして2万円の利息がつくのです。しかも2%の利回りを出している企業となれば選択肢は多いです。

利息を積み上げていくことで得られる複利の効果は侮れません。

お金持ちになるにはどうすればいいのか。経営・資産形成コンサルタントのボード・シェーファーさんは「『複利』の力を生かすことで経済的な自由は手に入る。複利で資産を増やすためには3つの重要な要素がある」という

記事の方も複利の力を活かすことで経済的な自由が手に入るとまで言っています。今回は以下の記事を参考にしながら、時間と複利の効果について見ていこうと思います。

「富裕層の一般常識」資産1億円を達成するサラリーマン投資家が必ず守っている鉄則

引用 https://president.jp/articles/-/48391?page=1

「時間」「利回り」「掛金」の3つが重要

複利でお金を増やすには、「時間」「利回り」「掛金」の3つの要因が重要です。

複利の奇跡を知れば、経済的自由を手にするために利用しないのは馬鹿げているとわかっていただけるでしょう。貧乏は美徳ではなく、ただ目を閉じているのと同じなのです。

これは決して言い過ぎでもなく、本当に複利を利用しないのは長期的に見ても損だと考えています。せっかく私たちのようなサラリーマンでもこの3要素を活かせれば、将来的な資産形成に繋げることができる可能性があるのに、投資という言葉を聞いただけで警戒するのは正直もったいないです。

確かに資産が減るリスクも当然ながらありますが、銀行に預けているだけでは、投資以上に増えることも決してありません。リスクを恐れていても、何も変わらないし、インフレが進んでいけばむしろお金の価値は減っていってしまいます。

何より複利を得る上で非常に大切な要素である、時間を無駄にしてしまいます。

複利を活用することで、お金自身にも働いてもらう状況を作り出せます。身を粉にして働くだけが全てではない。投資を通じて考え方が変化していく中でお金を稼ぐ一つの手段として労働があるんだということが考えるようになってから、さらに投資や副業を加速させています。

これは3つ目の要素である、掛け金という部分に該当しますかね。

では次からは時間と利回りについて見ていこうと思います。

時間

できるだけ早く、貯蓄を始めることの意義はすでに述べました。例を挙げます。30歳から月に2万円貯蓄するとします。12%の利子が付けば65歳で約1億2860万円になります。これは35年間、お金に仕事をさせたことによります。

45歳から始めると20年しか時間がないことになります。同じく12%の利子が付くとして、1億2860万円手に入れたければ、2万円の6倍の12万円の月額が必要です。

・35年×月2万円

・20年×月12万円

・10年×月50万円

記事の中の12%の利子がつく商品は何なのか?というのは疑問が沸いてきます。そこは置いといて、ここで大事なのは時間です。年齢が若ければ若いほど、時間を有利に使うことができます。

65歳が定年として、そこまでに資産を築きたい場合30歳から始めれば、時間は35年もありますが、45歳から始めたら20年しか確保することができません。

時間がどれほどかけられるかで、後々の資産は変わってきます。当然時間があったほうが資産形成に有利なことは間違いありません。(複利の力は侮れません)

20代のうちは労働する力(人的資本)も充分にありますし、精一杯働くと同時に資産運用も始めていけば、20年後、30年後には大きな資産として返ってくる可能性があります。

何より時間は取り戻そうと思っても戻ってはいません。お金は損をしても取り戻すことができますが、時間はそれができません。失敗するリスクを恐れるよりも時間を失うリスクの方が影響は大きいと感じています。

また時間とともにもう一つ大事な要素は利回りという考え方になってきます。

利回り1%”の違いで資産額に大きく差がつく

高い利回りがいかに重要か、数字を比べてみてみましょう。7、12、15、21%では桁違いの差が生まれます。35年間毎月1万円を投資したとします。年に7、12、15、21%で、どのような結果になるでしょう。

・7% 1801万546円
・12% 6430万9595円
・15% 1億4677万1802円
・21% 8億3391万1522円

この利回りはあくまで影響力の大きさを示すためにこの利回りを示しているのでしょう。FIREの4%ルールにあるように、資産を減らさずに安定的にリターンを狙える数値は4%であると言われています。(4%でもなかなかに難しいですが)

高ければ高いほど積み重なっていく利息の大きさがわかると思います。現実的ではないにしても1%の差が長い年月をかけていくことで雪だるま式に増えていくことがわかります。

高い利回りの商品は株式投資においては市場では不人気の銘柄が多いです。私の保有しているタバコ銘柄は10日現在で7.27%となっていますが、この1銘柄に集中投資はしません。

これから右肩上がりの市場でもありませんし、むしろ健康被害の側面から今後世間の目はより厳しくなり、株式市場の評価も劇的に上昇することは考えづらいからです。

高い利回り=資産形成を加速させることは間違いありませんが、そればかりに目がいくと痛い目を見ます。

資産が倍になる?72の法則?

72を年利で割ると、資産を倍にするのに必要な年数になります。

72÷年利(%)=資産が倍になる

もし、12%年利の投資があり、100万円の資産を倍にするには何年かかるかというと、72÷12=6年です。12%の場合、6年毎に金額は倍になります。

この法則は投資をしている人の中では有名な考え方になりますね。私のポートフォリオの利回りは10日現在で4.57%となっています。4.5%とすると72÷4.5=16という結果となり、倍になるまでは16年という期間が必要になってきます。利回りが高ければ高いほどその期間は減っていきます。

取れるリスクを分析し、可能な限りの利回りを目指す

12%の利回りを目指すというのはほぼ無理なような気がします。4%程度がリアルなところだと思っています。

何よりも大事なのは、自分自身の状況をしっかりと把握し、資産運用に最大限活かしていくことです。銀行に預けたところでもらえる利息は微々たるものですが、全く備えがないのも心許ないです。

私自身は年間生活費としておおよそ200万円あれば問題ないと考えていましたが、現在この考え方に変化が生まれつつあります。サラリーマンという安定した収入が今のところあるのだから、その点を鑑みればもっと待機させておく資金は少なくても問題ないのではと思っています。

これも資産形成を経験していく上での成長ですかね。複利と時間を活かして投資していくことで、徐々に資産が形成されていっているという事実が、自信となり、考えの変化をうんでいるのだと思います。

取れるリスクというのはその時々のライフステージによって異なります。今現在夫婦共働きで、収入に大きな障害のない今、積極果敢に投資していかないと、もったいない時間の使い方をしているのではないかと感じる今日この頃です。

リスクを取りながらも、よりリスクを軽減できるようにするために、限りある時間を有効に使っていく。複利と時間、そして自身の資金力、うまくバランスを取りながら今後も資産運用に全力を注いでいこうと考えています。

今回は以上になります。次回以降は時間と複利を活かす投資の必要性について考えていこうと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました!

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

サブブログも運営中 お金のアレコレをまとめています。

【オカユログのお金のアレコレ】 

https://okayuchikuwa-sub.com/

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク