【800万円】【積立nisa】の出口戦略と若さという武器を活かすこと

毎月企業からの配当金で保有株の買い増ししながら不労所得を積み上げています。

資産5000万円 セミリタイア を目指す年収500万円未満の平凡サラリーマンの日記です。お金を通じた記事を扱っています。真面目なものから笑えるものまで幅広く扱っています。

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

積み立てnisaもしくは一般nisaを利用している人が多いと思います。

投資を普及させる為に政府主導て個人の資産づくり促進と、「貯蓄から投資へ」の流れを促すことによる経済の活性化を期待することを目的とした税制優遇の制度です。

私も積み立てnisaを利用していますが、目先の33000円の積み立てばかり目がいって出口戦略までは考えていませんでした。

今回の記事は。

年齢別の積み立てnisaの出口戦略について見ていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

積立nisaの出口戦略

「つみたてNISA」の最大のメリットは20年の非課税期間だ。ただ、非課税期間が終わった後はどうしたらいいのか。元銀行員で資産運用YouTuberの小林亮平さんは「売り時は積み立てを始めた年齢によって異なる。まだ働き盛りであれば、そのまま運用を続けたほうがいい」という――。

今の時代、いろんな媒体から情報が得られるようになって、非常に恵まれた時代になったなって思います。

だからこそ情報を自分の判断で取捨選択する必要も出てきて、情報リテラシーも必要になってきたともいえますが。

お金に関する情報は特にですが、自分から積極的に知ろうとしない限り、情報がやってくることはありません、勉強でも教えてくれませんので。

今回は資産運用の中でも積み立てnisaに関する気になる部分の解説記事を通じて私も情報を更新していこうと思います。

「あわてて動くと損をする」非課税期間の終わったつみたてNISAはいつ売ればいいか

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/fee9c4a6c3f4c2ce22ee8180ce31c55a691d2203

20年の非課税期間が終わったら自動で課税口座へ

つみたてNISAは積立をした年から約20年の非課税期間が終了するまでは、どのタイミングで売却しても、利益に税金がかかりません。 また、つみたてNISAに限らずすべてのNISA口座は、必ずしも非課税期間が終わるまでに売却する必要はなく、非課税期間の終了時に保有していた商品は自動で課税口座に移ります。

私自身積み立てnisaでS&P500指数に連動したインデックスファンドで積み立てを毎月33000円分()行っています。

一応S&P500のここ数十年の平均リターンは7%と言われていますが、低めに見積もって5%でシミュレーションすると以下になります。

非課税期間の20年間、年間限度金額40万円だった場合元金が約800万円で資産合計が1350万円とシミュレーションできるので、差し引き約550万円が非課税として受け取れる計算になります。

本来であれば20.315%の税金が課せられるところを無税で受け取ることができれば、非常に大きいことです。

では非課税期間が終了した後の対処はどうしていけば良いのか?が今回の本題になります。

税金がかかるのは20年後以降に得た利益分

課税口座に移った後に増えた利益については税金がかかるため、仮に新しい取得価格が100万円だとして、課税口座に移った後に120万円まで値上がりしたところで売却すると、120万円から100万円を差し引いた20万円には課税されます。

課税口座に移ったとしてもそれまでの利益分は課税はされず制度終了後に運用で生み出された利益に対して課税されるという形になります。

図のように40万円で購入した商品が期間終了時に100万円になったいたとして、値上がりの利益60万円分はそのままもらえて、そこからさらに運用し、120万円で売れた場合は20万円分に課税、ということは42700円分税金が取られるだけということですね。

もし20年後、利益が出ていたとして、S&P500指数が将来性があると感じたら、そのまま保有し続けるかもしれません。

では次の章では非課税期間終了後に、課税口座に移して運用を続けていった場合、20、30、40〜50代とそれぞれどの年代から積み立てを始めたかで変化する出口戦略について見ていこうと思います。

今回の記事では20代について見ていき、明日以降30、40〜50代で見ていこうと思います。

20代で始めた人は20年後もそのまま運用がおすすめ

非課税期間の終了が始まる43歳は、会社員の方だとバリバリ働いて収入もそれなりに上がっている年齢なので、つみたてNISA口座で運用していた資金をすぐに使う予定がなければ、課税口座に移った後もそのまま運用を続けるといいでしょう。

その上で、子どもの教育資金や住宅購入資金など、家族のライフイベントで今後必要になった分だけ都度売却するか、60歳が近づいたら少しずつ売却して老後の生活費に充てるのがおすすめと言えます。

43歳で非課税期間が終わるということは逆算すると、大学卒業時から積立nisaを始めているということになります。余程家族からの英才教育?がなければ卒業時から資産運用を始めることはないでしょう・・。もしもそんなに意識の高い人がいれば、将来は安泰のような気がします。

私の親世代は投資は一般的とは言えず、私自身はサラリーマンの収入に依存する人生に危機感を持ち、自分で投資を始め、ここまできました。今の20代、30代は投資に対するハードルは低くなってきているので、もしかしたら私たち世代の子供は投資が当たり前の環境で育っているかもしれないので、社会人デビューから資産運用を始める子供も増えているでしょうね。

ちょっと話がそれましたので戻しますと、43歳でサラリーマンをしていれば、毎月それなりの収入は確保できると思います。積立nisaの運用益に頼らなくても家計は維持できるでしょうから、記事で言っているように課税口座に移してそのまま運用し続けるのもありかもしれませんね。

もし使うとなっても、ライフイベントごとに必要に応じて売却するのも手ですし、選択肢を多く確保できそうですね。これが若くから資産運用を始めることの最大の強みでしょう。

そう考えると、20代に全く投資を始めていなかったことは唯一の心残りですね。資産運用がスムーズに行っていたかと思うと、時間をより有効に使えていたら・・と感じざる終えません。

若ければ若いほど多くの時間を投資に割くことができる

資産運用に多くの時間を割けることは、大きなメリットです。長期で運用していくことで「複利」が積み上げられきます。

複利とは、元本についた利子を次の投資にも組み入れて運用し、どんどん元本を増やす運用方法のことです。投資の期間が長ければ長いほど、複利の恩恵を受けることができるのです。

25歳から始めるのと35歳から始めるのでは、10年も多くの時間を運用の時間に時間に充てることが出来ます。複利の力が侮れないということは、先ほど私自身が行った積立nisaのシミュレーションにも現れていると思います。

若い時は多少無理してでも働ける体力もありますし、転職するにしても若さは武器になります。若い時が何故有利か?と言えば、多くの時間があるからだと私は思っています。

若いうちは自身の労働力を活かしてバリバリ働き、稼いだお金を時間をかけて運用していき、複利も積み重ねて行く。たとえ運用に失敗してもリカバリーする時間も多く取れますので、失敗を恐れず積極的に資産運用する姿勢が大事です。

活用できる制度は積極的に取り入れ、自身の将来のための行動を若いうちから始めていきましょう!

最後まで見ていただきありがとうございます!明日以降は30代〜の出口戦略について見ていこうと思います。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

follow us in feedly

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

スポンサードリンク