収入、支出 日本経済

おい、家が23時間500万円でできるぞ!

スポンサードリンク
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 03:59:02.974 ID:ZmzkHct3M
https://news.mynavi.jp/article/20221011-2478300/

>兵庫県のスタートアップ企業・セレンディクスが、3Dプリンターを使った一般向け住宅、「フジツボモデル」を開発。49平米1LDKの平屋建て住宅で、2023年春に500万円での販売を目指すとしている

引用元: ・おい、家が23時間500万円でできるぞ!

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:01:22.911 ID:ZmzkHct3M
良かったなこれで
おまえ等も家持ちだ
3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:02:33.977 ID:397GEumRa
土地がない
4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:04:33.872 ID:ZmzkHct3M
http://imgur.com/XBTi1l6.png

これが500万円だぞ・・

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:05:15.970 ID:rXBgS14v0
土地ねぇわ
6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:06:20.800 ID:ZmzkHct3M
革命だろこれ・・
7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:07:13.034 ID:ryV5SLpyd
夏暑く冬寒そう
8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:07:18.809 ID:ACiFC9Gr0
800万くらいあればローコスト住宅出来るじゃん
9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:07:25.047 ID:x9MebfNpM
耐久性と保温性は大丈夫なのか
11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:08:34.268 ID:ZmzkHct3M
>>9
>この「フジツボモデル」は、49平米で1LDKの一般住宅向けの平屋建てだ。水回りも完備しており、耐火性・耐水性・断熱性などを備えている。鉄筋コンクリート(RC)造で、高さは4メートルほどだ。施工時間はこちらも24時間以内で、販売価格は「車が買える」程度を目安にしたそうで、500万円を予定している。
10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:07:49.705 ID:7br2asz90
これならコンテナのほうがいいわ
13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:10:01.352 ID:7br2asz90
RCなのか それより基礎が気になる
14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:10:06.921 ID:9QPIE9zVM
嘘くさい
もっと高くなりそう
15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:10:58.295 ID:c8ogeZ1u0
俺んち?どこどこにあるフジツボだよって周りに言いたくない
19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:13:37.720 ID:ZmzkHct3M
>>15
まだ詳しくは分からんが
あくまである程度形が選べるかと
まあフジツボが一番安いモデルってことなのかな
16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:11:24.151 ID:6RVcGyLsa
森の中に置いてツタをはわせてカムフラージュしたい
17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/10/24(月) 04:11:33.104 ID:CZ6bwUiF0
日本版の底辺向けトレーラーハウスがこれになるの?
20: そっくん ◆SokkunHeX. 2022/10/24(月) 04:14:28.202 ID:owamv1I7a BE:114325865-PLT(20203)
sssp://img.5ch.net/ico/u_pata.gif
面白そうではあるがなんとも
スポンサードリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オカユログ

プロフィール 現在30代。結婚 転職 移住を同時に行ったサラリーマン(製造業勤務) 短期投資で失敗してから長期投資へ方向転換。 そこから米国市場への投資を始める。配当金を再投資して不労所得(配当金)を積み上げています。 2019年配当 約13万円。 2020年配当 約25万円 2021年配当 約40万円(達成) 2022年配当 約60万円(目標)

-収入、支出, 日本経済