お金と向き合う サラリーマンの積立nisa 資産報告

okayuです。@okayuchikuwa

積立nisaの魅力は何と言っても売却時にかかる利益が非課税(本来なら20.315%の税金)であるということ、以前自身の資産をシミュレーションする際に積立nisaも行いましたが、資金に対する運用益の割合が大きい。それは通常かかってくる20.315%の税金がかからないことにあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d927b1032c81d6a841feedbaf65f2a3.png

私がメインで投資している米国株の配当金には税金がかかってきますし、米国での税金(10%)もかかってきますので、2重課税され約30%近い税金が取られます。

それを外国税額控除を利用して確定申告で取り戻す必要があります。

積立nisaは利益に関して税金が20年間かからない(一方評価損は損益通算出来ません)のは非常に魅力です!節税にも繋がりますね。

年40万円の入金をあと18年継続って意外と長い道のりですが、「継続は力なり」ですね。

そんなわけで今回の記事は積立nisa資産報告です。

スポンサードリンク

積立nisa資産報告

私は楽天証券で積立nisaをしています。

投資している商品はemaxis slim 米国株式(s&p500)です。

5月分の積立(33000円)が終わりましたので、保有数や評価額が伸びていますが、評価損益のマイナスが増えています笑

全期間の時系列推移です。コロナショックまでは毎月の入金に加え、米国市場の上昇相場のおかげで資産も階段を登るように右肩上がりでしたが、一気に含み損を抱え、2ヶ月を要してようやく持ち直してきたところです。

毎月33000円を積み立てている理由はドルコスト平均法の効果を利用するためです。

・ドルコスト平均法とは?

ドル・コスト平均法とは、価格が日々変わる金融商品を一度に購入するのではなく、一定額ずつ分けて購入することで、平均買付単価を抑える方法です。例えば積立投信などで毎月一定額を積み立てると、価格が高いときには少なく、安いときには多く買い付けるため、毎月一定量(口数)を買う方法よりも、結果的に買付単価が平準化することになります。
価格が変動する金融商品は、たまたま価格が高いときに一気に購入すると、高値づかみをしてしまう可能性があります。また、時間分散によるリスク軽減効果が期待できます。

引用 SMBC日興証券より https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/to/J0608.html

時間の分散をする事による含み損へのリスク軽減が目的です。ドルコスト平均法を用いる事のメリットは以下の2点です。

買うタイミングで悩まなくて良い
・高値づかみのリスクが減り、購入単価が安定する

金額さえ決めておけば、積立金額の範囲内で、安い時には多く、高い時には少なく購入してくれます。私は月初に積立を行なっています。

余計なことを考えずに、淡々と積立が出来るのがドルコスト平均法の良いところですよね。

スポンサードリンク

目次に戻る▶▶

商品を選ぶ基準

積立nisaで商品を選ぶ際の判断基準の一つとして。

純資産の伸びに注目します。純資産総額の規模の大きさでその投資信託は多くの投資家から支持を集めているかどうかを判断する基準となります。

純資産はコロナショックで下がりはしましたが、そこからまた右肩上がりで上昇を続けており、現在は過去最高を更新しています。

基準価額は先週より下がり、純資産額が増えているということは購入している人が増えているということですね。

資産の伸び率は昨年(5月11日時点)と比較すると、441.27%です。大きく伸びています。

選ばれている理由は商品自体が現在世界一の経済大国である米国市場の中でさらに厳選された500社の指数と連動しているからでしょう。

米国が投資先としてようやく投資家の方々にも注目されてきたということでしょうか?

米国は2050年まで人口増が見込め、今後も経済の成長が期待できますし、GAFAを筆頭に、世界有数の企業が数多く存在する米国の株式市場に20年間非課税で投資出来るのだから、投資しない手はないと思います。

スポンサードリンク

目次に戻る▶▶

まとめ

積立nisaで米国株式市場に積立したければ、私が積み立てている商品か、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)がオススメです。

理由はどちらも管理費用が割安(emaxis slim 米国株式(s&p500) 0.0968% 楽天VTI 0.162%)であることと純資産額が伸びている点です。

20年という長期での投資になりますので、経済成長の期待できる米国の商品を今後もコツコツ積み立てていきたいと思います。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

スポンサードリンク