お金と向き合うサラリーマンのポートフォリオ 6月3週目

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

先週はポートフォリオがあっという間に大きくプラスして、米国市場の力強さを感じたところでしたが、今週は木曜日の暴落によって含み益が一気に吹き飛びました笑

久々にコロナショックを思い出しましたが、あの時の総悲観状態とまでは行っていないかな?

状況が違いますからね、あの時はコロナ真っ只中で経済も見通しも真っ暗な状態でしたが、今は少しずつ経済が再開し、明るさが見えてきた中での暴落ですから。

再開すれば第2波の脅威には当然晒されますが。今までの経験がありますので、対処もしやすいと思います。

私もコロナを通じた経験を活かして、今後の投資生活に活かしていきたいと思います。

それでは記事に入っていきます!

よろしくお願いします!

スポンサードリンク

現在のポートフォリオ

13日現在のポートフォリオの評価損益になります。先週に比べ−365603円で-6577円と一気に含み損に転落しました。CL(コルゲート)以外見事にマイナスとなっています。

NYダウ1800ドル安 「第2波」懸念、下げ幅史上4番目

引用 日本経済新聞社 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60278990S0A610C2I00000/

これが大きな原因ですね。歴史的な出来事なのに驚きが少ないのが。慣れって恐ろしいものです笑

ここまで大きな下落が発生すると、当然割安な銘柄が増えてきますね。今月初旬に、今月の買い増し銘柄を考えてみたのですが。

今回の暴落によってまた検討し直ししていこうと思います。

株はどんな人でも未来の予想は出来ません。コロナショックだって2020年を迎えた時に誰もが予想はしていなかったと思います。

投資というのはそういう予期せぬ事態からガラッと局面が変わること、難しいところであり、醍醐味でもあり、面白いところであると私は感じています。

保有株の変化

軒並み大きな下落率ですね。配当金再投資をしている身としてはこのような状態がある意味で、嬉しくもあります。

配当利回りも軒並み上昇しているので、株価収益率と共に今後の進捗を見ながら、買い増し候補の再検討をしていきます。

大幅な下落は株数を多く買えるチャンスでもあります、タイミング投資をするつもりはありませんが、一株でも多く買うことが自身へ配当金額として帰ってきますし、最終的には経済的自立にも繋がります。

まだまだ目標へ向けて道のりは始まったばかりですが、これからも一歩一歩着実に進めていきたいと考えています。

長期投資の良い面、大事な部分

長期投資の良いところは。

・直近の値動きを気にしすぎない

・リスクを時間が分散してくれる

の2点が挙げられます。

100万円を投資する場合、1回きりなのか、回数を分けて購入するのか?どちらが良いかという話になります。

こっちの方が確実に良い!ということはありません。

・市場の局面(上昇局面、下落局面)

・企業の市場の中での立ち位置(グロース株なのか、ディフェンシブ株なのか)

などなど様々な要因が絡んでくるので一概にどちらが良い!というものはないと思っています。

ですが、長期投資においてリスクを分散するという観点から言えば、回数分けて購入する方が分散されます。

長い投資期間をかけても日本のバブル崩壊後であれば30年の期間を設けてもプラスリターンにならない可能性もあります。

引用 楽天証券より https://media.rakuten-sec.net/articles/-/14032

ではどうすれば良いのか?長期投資において大事な部分は。

①経済の成長が期待できる市場に投資する

②参入障壁の高く、強固なビジネスモデルを構築している企業に投資する

ここだと思って私は投資しています。①の観点から言えば日本市場はあまり有望ではないと思っています。これから生産年齢人口は減っていきます。

子供の生まれる人数が年々減っていること、そして医療の進歩によってさらなる長寿化していくことを考えると、中々経済面で明るい未来がひらけているとは言い難い。

②の観点で行くと、NTTやオリエンタルランドなど参入障壁の高さや強固なビジネスモデルを構築している企業はあります。この点においては投資したい企業は何個か出てきます。

私がもし日本企業で投資するとしたらこんなポートフォリオを組むという記事が以下になりますので、もし時間がありましたらご覧になってみてください。

まとめ

私はこれからも米国市場と共に投資を続けていくつもりです。コロナで経済が停滞しようが、市場の暴落でポートフォリオが壊滅的な被害を被ろうが関係ありません。

私は世界一の経済大国である米国の中の、その中でも優良企業と呼ばれている銘柄に投資を続けます。

それが現時点で経済的自立へ着実に歩みを進めることができ、そして実現可能性が高いと考えているからです。

何度もいうようですが、投資に正解はありません、未来は誰にも読めません。それがリスクでもあり醍醐味でもある。

そんな投資と向き合っていくことで成長できると私は思っています。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!