お金と長期投資について

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

物事はあれこれ考える前にやってみないと良いも悪いもわからない。今は何事も積極的に取り入れようと行動してするようにはしていますが。

どうも楽観的にはいられず、悪い方を考えてしまいます。行動に写す時には石橋を叩いて渡る派の私です。

経済的自立なんていう大層な目標を掲げていますが、裏腹に、今の仕事がなくなってしまったらという不安と葛藤しています。

そのサラリーマンである労働収入の依存度を下げるために配当金再投資やブログ運営などを副業的に行い。

自分自身の成長という意味では資格取得に勤しんでいます。

そんなお金の考え方、投資の向き合い方を今回考えていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

お金とは

まず辞書でお金=貨幣という言葉を調べると。

商品の価値尺度や交換手段として社会に流通し、またそれ自体が富として価値蓄蔵を図られるもの。鋳貨・紙幣のほかに、当座預金などの信用貨幣を含めていう場合が多い。

物やサービスを受けるための交換手段ですね。何かを得るには何かを失う。貨幣がない頃は物々交換でしたが、物の価値を数字に表すことで物の価値を測れる基準を作ったというですね。

お金には大きく分けて3つの役割があります。

①欲しい物を買うため

②物の価値を計るため

③貯めるため

になります。今の世の中、お金がなければ豊かな生活は送りにくいですし。紙幣や硬貨を得るために労働をしていると言っても過言ではありません。

なくても良い世の中だったらこんなストレス社会に身を投じる必要もないのですが、守るべき家族がいて、心豊かな生活を送るには必要不可欠なものなので仕方ない部分です。

長い間日本はデフレを脱却できずにいます。デフレを脱却できない結果、従業員の給与が増えず、お金を使わない。需要がなくなればお金の価値も減ります。

バブル景気までは貯蓄オンリーのスタイルでもインフレによってなんとかなっていたものが、崩壊から現在まで、そしてこれからは通用しません。同じようなスタイルを取っていては、格差は広がる一方です。

追い討ちをかけるようにコロナウイルスによる経済の停滞によって、一段と厳しさが増していくことが予想されます。

目次に戻る▶▶

投資について

貯蓄オンリーのスタイルが限界を迎えている今、すべきことは投資なのですが、投資に対する考え方は人それぞれです。

私は人生を豊かにするツールだと思っています。お金の不安から早く解放される手段として、おそらく死ぬ直前まで付き合っていく予定です。

投資をしていれば、ある程度世の中の情報が必要になりますし、何よりお金に対する知識、金融リテラシーが向上します。

現代はネットで調べれば、あらゆる情報が得られる時代です。

それゆえに自分自身で情報を精査し、判断する能力を養っておくことは重要です。

未だに投資詐欺に引っかかる人が後をたたないのは、その情報を正確に理解できないまま、お金を差し出してしまうことです。

投資は無知のままで稼げるほど甘くないですが、知識を持って適切に付き合っていけば、人生を豊かにする力になりえます。

私の投資スタイルは長期投資で自身のお金を『時間』をかけることで『複利』を積み重ねていく。

そこにプラスαで企業から頂ける配当金も投資に充て、「複利」の力を加速させていく戦略です。

目次に戻る▶▶

長期投資をする理由

私は長期投資をする理由は短期投資で失敗した経験があるからですが。

短期投資やレバレッジをかけた投資は。

・複利の恩恵を受けられない。

・サラリーマンは時間の制約がある

・リスクの許容を超える金額の取引は精神を蝕む。

と考えているからです。誰しも早く資産を築ければそれに越したことはないですが。今ある生活を犠牲にしてまで、投資にのめり込もうとは思いません。

私と投資の距離感として、長期投資が現状ベストと考えています。投資初心者の私が短期投資のキャピタルゲインを目指し、市場の猛者達を出し抜くにはサラリーマンという身分は分が悪いし、実際失敗した経験から長期投資に落ち着いた形です。

長期投資はある程度放置しながらでも「時間」がリスクを分散してくれます。そして「複利」の恩恵を受けることができます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 96af4d89b38412d9df4da2f7e521e3f2.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: afbffda95a5857b46edf5b2597d7b57a.png

私の現状の資産から20年後のシミュレーションになります。お金を銀行に預けるのでなく、投資で3%の利回りの商品に投資を続けることで、約750万の税引後利息を生み出す計算になります。

投資で3%の利回りの商品が20年後まであるかが問題になってきますが。

それは経済成長の期待できる国の中の優良企業と呼ばれる株式に投資することが可能性として高いと考えます。

そこで私は米国の中の優良企業を中心に投資をしているのです。

私はお金を勝ち取りにいくのではなく、お金と共に歩む選択をとりました。

目次に戻る▶▶

まとめ

お金はこれからも人々に取ってなくてはならない存在ですが、お金とうまく付き合うことで、お金の為に生きる時間を少なくできればと思っています。その為に私がやるべきことは。

①長期投資で「複利」と「時間」で資産形成

②家計管理をする(常に余剰資金を最大化する努力をする)

③学び(資格取得など)を継続し、自身の価値を上げる

④副業を通じて収入を上げる

大きく分けて4点になります。①と④は人それぞれの考え方、環境によって出来るできないがありますが。②と③は誰しも出来るし、やるべきです。

お金とうまく付き合っていく為には、お金を理解する姿勢が必要だし、ツールとして使いこなすには知識が必要です。

私は長期的視野でお金と向き合い続け、投資を通じてお金について生涯学びを続けるつもりです。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!