コロナバブルによるお金の価値と2%のインフレ目標

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

配当金によって平凡なサラリーマンである私の仕事観が一変しました。

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、マス層サラリーマンのオカユログです!(@okayuchikuwa

昨年コロナウイルスの感染拡大によって、人々の生活の様々な場面で影響がありました。

特に各家庭での経済面での影響は大きかったんではないでしょうか?

私自身も残業がほぼなくなり、今年において、収入源は確実にあります。

そんな中でも支えとなっているのは投資でした。

今回の記事は。コロナによってお金の価値を今一度考えるきっかけがあった今。どうしていくべきなのか?について考えていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

お金の価値が減っている?

コロナバブルでお金の本当の価値は減っている

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/57a42d80e93d227821f8874aeb492044723702d7

記事を作成した方は先日、ある媒体で株価のバブルをテーマにした座談会に参加した中での内容のようです。

株価はバブルであり、バブルの最終局面にある」とする弱気派の論者と、「一流企業は健全であり、各国の金融財政政策も現状が継続するはずだから今の株価がバブルだとは思わない」と考える強気派の論者の間に挟まり、筆者は「株価形成はバブル的だが、たちの悪いバブルなので、まだ続く。株価水準として日経平均株価3万円は『黄信号点灯』くらいの水準だ」という両者の中間くらいのポジショニングだった。

コロナウイルスの抑制にはまだまだ繋がっておらず、首都圏を中心に、緊急事態宣言の延長を余儀なくされています。

私は実家が神奈川なので、もう1年以上実家に帰れていません。

そんな余談は置いておいて、コロナウイルスによる経済の影響は深刻で、2020年度の日本のGDPはマイナス4.8パーセントと2009年11月ぶりのマイナスを記録するなど、大きく停滞した一年となりました。

そんな中でも株価は昨年の3月のコロナショックから、徐々に立ち直りを見せ、昨年に日本市場の、日経平均も最高値を更新するなど、どこ吹く風のような状態になっています。

コロナバブルなのか?

現在の株高については、「コロナを背景として、金融緩和に加えて大規模な財政支出が行われて、お金がだぶついていて、株価が上がっている」という点で一致していて、ほとんど議論が起こらなかった。一言でまとめると「金(カネ)余りによる株高説」だ。

経済関連のニュース(Newsモーニングサテライトなど)をみている時、行き場のないお金が株式市場に流れ込み、株価が上がっていると言う、話は聞いたことがあります。

コロナショックで経済が停滞し、かけるべき資金が止まってしまったことで、それが株高の背景にある。

経済がこれだけコロナウイルスの影響を受けている中で、市場は最高値を超える。

結果として、投資をしていた私も、少なからず恩恵に預かり、総資産の方も最高を更新しています。

「金余り」という言葉を頻繁に聞くようになったのは、1980年代後半の日本のバブル時代だった。語感が下品で好きにはなれないが、金融緩和を背景に起こる資産価格の上昇は、この言葉で説明するのが一番しっくりくるという点で厄介な表現だ。使いたくないと思いながら、つい使ってしまう。

日本のバブルが崩壊するまでもその傾向があったと言います。ということは、コロナウイルスが収束が見え、人々の生活や経済が正常に機能し出した時にどうなるか?が心配の種になってきますね。

現在の状況は原因と結果をくっつけて「コロナバブル」と呼んでよかろうと思うが、コロナバブルは一面では、株式や暗号資産のような資産に対して、「お金」の価値が低下している現象だと見ることができる。この際、「お金」とは何だということを、改めて考えておきたい。

株式や暗号資産が上昇していると言うことは、お金よりも価値があると言えるということですね。

お金が欲しい理由は?

お金が欲しいのは、なければ困るからだというのが一面の理由であり、お金を巡るシステムは便利ではあるけれども、必要悪的な存在だ、というくらいに思っている人が割合多いのではないか。  

お金が「汚いもの」だと思っている人も少なくない。特に教育関係者の一部にこうした意識があることは、学校での金銭教育、投資教育が進まないことの要因の一つだろう。

お金がなければ、最低限の生活を営むことはできませんし、例えば住宅ローンなど信用を伴う契約はできません。

お金は生きていくために必要です。

収入が絶たれてしまうのは=経済的な死を招きかねない。だからこそ、社会人は時に我慢も強いられても継続的に働かなければなりません。

そんな中、不労所得を得ているなんて言おうものなら、楽して稼いでいると思う人もいるかもしれませんね。

しかしながら不労所得だって立派な収入です。そこまでにはリスクを負って積み上げてきたものがあります。

それを知ってるのか知らずなのか、一方的に楽しているというイメージで語られてしまうのは悲しい限りです。

お金の役割

お金の役割は自由を拡大する為の手段だと言っています。

「ひとことで言うと、お金は自由を拡大する手段です。お金があれば、欲しい物が手に入ったり、行きたいところに行けたり、必用な情報が手に入ったり、他人からサービス受けたりすることができるし、助けたいと思う人を助けるためにも役に立ちます。お金があれば、できることの範囲が広がると言えるでしょう」

お金があれば移動の幅が広がる、健康維持に不可欠な食を確保する、サービスを受けられるなど様々なメリットがあります。

お金が全くなくても人間らしい生活が営んでいけるのなら、誰も働きたくないでしょう。

特に我慢して朝早くから夜遅くまで働くことで体調を崩すなんて、収入に関係してこなければ、すぐに辞めるはずです。

お金は自由を拡大する手段であることはわかりながらも増やす手段が分からず、サラリーマンという誰もが理解できる手段で満足してしまいます。

しかしながらそこで止まってしまったら富む人はさらに富む、その差が徐々に拡大していくことになるのです。

もし今後インフレが進んだら?

でも実際にサラリーマンだけで資産を築いていけばいいじゃないか、無理にリスクを負わなくても・・、と思うかもしれません。

しかしながらこれからもしインフレが進んでいけば、お金の価値は下がることになります。

例えば、100円で買えていたジュースが200円になった場合、同じジュースを手に入れるために2倍のお金が必要になります。

例え、1000万円の資産を持っていても、インフレが進んでいけば、1000万円の価値はなくなってしまうかもしれません。

それを避ける為にはインフレ以上の資産を築くことが必要になってきます。その為に投資は必要不可欠なのです。

日本銀行は「毎年、物価が安定的に2%ずつUPするまでは、マイナス金利を続ける」という宣言をしているのです。幸いその目標には遠く及ばない水準で推移しており、マイナス金利は続いています。

しかしながらもし2%の成長が実現可能になってしまったら・・。

引用 https://mon-ja.net/191007-01_2-percent-price-rise/

100万円の車があったとして、購入するとしたら、0%なら100万円ですが、それがインフレが進んでいけば、もちろん必要な金額は増えていきます。

もし5年後に2%のインフレが起きていたら・・100万円の車を購入する時には1104081円が必要になってくるのです。

問題解決には投資は必要不可欠

インフレによるお金の価値の減少を阻止するには、銀行に預けていても目減りしていくだけなので、そのペースを上回る資産の増加がなければいけません。

資産は目減りしていく一方なのです。それを解決するには、投資をしていかなければならないのです。

私は経済的自立、セミリタイアを目指していますが、それはお金からの縛りをなくすのもそうですが、お金の価値の減少を少しでも食い止める為の活動でもあります。

その為には、支出を最小限にし、収入の最大化を常に意識して行動していくことが重要だと思っています。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

以上オカユログでした!@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加オカユログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

新たな挑戦!ということでYouTubeも始めてみました!ブログを見る時間がないときに音声で聞き流していただければと思います。

今月更新の動画一覧です!日々更新していきます!

良ければチャンネル登録よろしくお願いします!

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer
スポンサードリンク