ポートフォリオ内のタバコ銘柄について

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

配当金再投資を実践している身として、タバコ銘柄は一度は保有を検討するのではないでしょうか?

毎年フリーキャッシュを積み上げることのできる、その高い利益率で株主に安定した配当をもたらしてくれます。

私は一切タバコは吸いませんが、投資対象としてタバコ銘柄を応援しています。

今回の記事は。

不労所得を得る上でのタバコ銘柄の役割、魅力についての記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

保有しているタバコ株について

私はMO(アルトリアグループ)とPM(フィリップモリス・インターナショナル)の2銘柄を保有しています。

米国株で配当金再投資戦略をとっている人にとって、タバコ銘柄というのは非常に魅力的で、保有しているかたも多くいると思います。

利益率が高く、参入障壁も非常に高いタバコ銘柄は安定した配当金を生み出してくれます。

MO、PM(MOからスピンオフした銘柄でその時代を含んだ年数です)両方とも51年連続増配銘柄です。安定した配当金で株主からの期待に応えてくれています。

スポンサードリンク

・MOとPMについて

私のポートフォリオの中の年間配当金金額でもMOとPMは上位に位置する銘柄です。8月25日現在のMOの利回りは7.92%、PMは6%と高い水準となっています。

不労所得を積み上げている投資家にとって非常に魅力的な利回りですね。

銀行に預けても100万円で100円しか利息がつかない中、それぞれの銘柄は100万円投資したとして単純計算(税金を考えない)でMOで79200円、PMで60000円配当が頂けるという計算になります。

非常に大きいですよね、購入し、保有を続けるだけで、銀行に預けるだけでは到底手の届かない利息(配当金)を生み出してくれます。

しかもタバコ銘柄は今も昔も不人気銘柄で、割安で放置されている場面がほとんどです、ここ最近はESG投資の観点からさらに不利な立場となっています。

ESG投資という観点から見ると

タバコ銘柄は世の中的には良いイメージはありません。もちろん健康被害が懸念されるからです。

さらにESG(環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の頭文字をとった)投資が注目され、社会的な目は厳しさを増し、業界としては以前より厳しい状況になっています。

https://okayu-chikuwa.com/これから重要?esg投資について/

それでも私が保有するのは、先ほども述べたように、利益率が高く、参入障壁も非常に高いタバコ銘柄は安定した配当金を生み出してくれる点です。

売上高とフリーキャッシュフローについて

MOの財務(過去4年分)について。

MOは売上高は大きく伸びてはいません、むしろ年々減少傾向ですが、利益は高い水準で出ており、またフリーキャッシュフローは年々増加傾向です。

PMに関しては売り上げ、利益ともに年々伸びており、フリーキャッシュフローも増加傾向にあります。

MOもPMもフリーキャッシュフローが年々伸びています。

フリーキャッシュフローが伸びているということは私たちとって一番重要です。配当金の源泉はフリーキャッシュフローから出ます。

株主に還元する原資がしっかりと確保されているということになりますので、安心してホールドしていられますね。

加えて先ほども言ったようにMO、PM(MOからスピンオフした銘柄でその時代を含んだ年数です)両方とも51年連続増配銘柄です。

投資は応援する企業を保有するのももちろんですが、自身の資産形成の為の手段でもあります。

高い配当利回り、そして高い収益性、フリーキャッシュフローを維持している事実がある以上、投資しない理由は今の所見つかりません。

恩恵を受けられる限り、投資家として今後も保有、買い増しを行なっていきます。

投資は必要な時代です

投資は人生を豊かにする為にこれからの時代、必要不可欠な存在になってきます。

むしろ正社員の優位性が薄れてきている今、サラリーマンとして勤労所得に依存しきるのは資産を形成する点においては、危険だと私は考えています。

勤労所得への依存度が低くなれば、仕事にも良い影響が出てきます。

残業代を稼ぐための無駄な残業が減り、帰宅時間が早くなり、結果プライベートの充実に繋がります。私生活の充実も図れます。

1年半で毎月の不労所得1万円を超えるまでになりました。

https://okayu-chikuwa.com/不労所得の現在地、やってきたこと/

私はこれからもタバコは吸いません。タバコその物を買うのではなく、株を買う。そういった意味ではタバコを吸う人を応援する形になりますが、配当金を受け取る為にはタバコ株は非常に魅力です。

株に惚れ込みすぎず、あくまで資産を形成する為の手段だと言うことを肝に銘じてこれからも投資と向き合っていくつもりです。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございました。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。