マネーリテラシーの必要性

okayuです。@okayuchikuwa

投資と出会い、向き合っていく中でお金に対する知識不足を痛感し、今まで自分なりに勉強してきたつもりです。

今の現状を以前の投資していなかった自分が見たら。

こんなギャンブル的なことをして大丈夫なのか?と心配していると思いますが、その時は「投資」を「投機」と同じに考えていたから。

しかしリスクを理解し、行動していけば投機(ギャンブル)ではなく投資になり、資産形成を行う上で一か八かの要素が少なくなります。

投資を通じてもっとも学んだこと。お金に対する判断基準をしっかり持ち、高めていくこと=マネーリテラシーを高めることの重要性です。

崩れゆく終身雇用制度、同一労働同一賃金の検討などで。

一度入社した会社に定年まで働き続け、定年まで迎え流ことができれば、老後の余生は安泰。

というような少し前まで当たり前に出来ていたことはこれから難しくなります。

今回はこれからの時代のマネーリテラシーについて記事にしていきたいと思います。

よろしくお願いします!

スポンサードリンク

マネーリテラシーとは?

まずマネー(金融)リテラシーとは何なのでしょうか?

リテラシー(Literacy)とは読み解く能力のことで、金融リテラシーとは金融に関する知識や情報を正しく理解し、主体的に判断することができる能力を指します。

金融庁は「最低限身に付けるべき金融リテラシー」として、①家計管理、②生活設計、③金融知識及び金融経済事情についての理解と適切な金融商品の利用選択、④外部の知見の適切な活用、という4つの分野に分け、適切な収支管理やライフプランの利用など15項目を挙げています。

引用 SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集より

となっています。金融に関する情報を理解するための知識を得て、判断能力を高めることが金融リテラシーの向上に繋がります。

日本人は世界に比べても金融リテラシーが低いと言う話をよく聞きます。

学校で金融に関する教育が行われなかったのが低い要因ではないかと言われていますが。

ただ単に投資を必要としなくても、生活できる社会だったからではないでしょうか?

社会保障が充実し、賃金が右肩上がりでリストラもない状態で老後まで過ごしていける社会構造であれば、無理にリスクを取る必要もないですもんね?

さらに言えば、銀行の金利にもあると思います。上のグラフはゆうちょの定期預金の金利の推移になります。バブル崩壊する直前まで、金利は6.08%ですが現在は0.01%。無理してリスク資産に投資しなくても元本保証でこれだけの利息が付けば、投資なんて必要ないですよね。

その親世代の子供が30代の私たちです。投資する必要のなかった世代が私たち子供にお金を貯蓄する重要さを教えられても、投資に関しては教えるのは難しいと思います。

スポンサードリンク

目次に戻る▶▶

最低限身につけるべきマネーリテラシー

金融庁が最低限身につけるべきマネーリテラシーを4つの分野に分けました。

①家計管理

適切な家計管理を行なって赤字を縮小し、黒字の確保を習慣化することです。

私の場合、昨年固定費の見直しを行い、収支の黒字額を増やすことができました。

②生活設計

ライフプランを明確にすることです。

私はFIRE(経済的自立)を目指し、米国株への投資で得られる不労所得や収入の複線化を目指しています。FIREを達成することが現在の目標です。

最終的なゴールへの具体的な金額はまだ決まっていません。家族と今後議論しながら決める必要があります。

③金融知識及び金融経済事情についての理解と適切な金融商品の利用選択

単利・複利などの金利、インフレ、デフレ、為替、リスク・リターンなどを理解し、経済の状況に応じて適切な商品を購入することができるように内容を理解すること。

私は米国企業に長期投資しています。配当金再投資を行うことで、複利の力を利用して資産形成を目指しています。

日本株に投資するのも一つの手ですが。世界一の経済大国として依然成長が期待できる米国市場に投資することが一番と私は考えています。

投資によるリスクはもちろん負いますが、リターンを得るためには必要不可欠です。リスクの負い方は1銘柄に集中投資を行うのではなく、数銘柄に分散投資をすることでリスクを分散しています。

④外部の知見の適切な活用

金融商品を購入するにあたり、外部の情報も取り入れること。

まずはこれらを理解することが必要になります。

目次に戻る▶▶

日米欧の資産割合

マネーリテラシーの中でも特に不足しているのは③金融知識及び金融経済事情についての理解と適切な金融商品の利用選択です。

それを示すものが以下のグラフになります。日本銀行が発表した資金循環の日米欧比較になります。

引用 日本銀行 資金循環の日欧米比較より データ参照

日本は預金の割合が圧倒的に多く、投資信託、株式など、リスク資産の割合が少ないことがわかります。

米国はリスク資産の割合が多く、欧州は日本と米国の間でバランス良く資産が配分されていることがわかります。

このデータを見ると米国市場が何故ここまで上昇してきているのかがわかる気がします。

たくさんの人が投資をする→株価や物価が上がる→所得が上がる→さらに投資ができるという非常に理想的な循環が生み出されます。

一方日本では多くの人が金融や資産運用に関する正しい知識や理解(マネーリテラシー)が不十分であるため。

投資する人がまだまだ少ない→株価が上がりにくい→所得も上がりにくい→投資に回す余裕がないと言う循環なのだと思います。

スポンサードリンク

目次に戻る▶▶

向上に必要なのは自身の意識

マネーリテラシーの向上はこれから資産を築いていく上で、必要な要素になってくるのは間違いありません。

と言っても、最終的には自分自身が必要だと思うかどうか、これにつきますよね。

いくら他人からマネーリテラシーが必要だ!と言われても、自身が必要とし、向上したいという意識を持たなければ知識は無駄になってしまいます。

学校の勉強と一緒ですね、親からテストでいい点を取るために勉強しなさい!って言われたところで知識が定着しますか?加えて今後の人生に活かされますか?

自分が興味あることはすんなり知識が定着するし、使える知識になりますよね。

崩れゆく終身雇用制度、同一労働同一賃金の検討で。今まで通りのスタイルでは通用しなくなってきます、特に20代、30代の若い世代は。

これからマネーリテラシーの重要性に気づく人、気づかない人で資産の格差が広がっていくでしょう。

しかしいつからでも遅くはありません、自分で必要と感じた時から学び始めたって問題ありません。気づき、行動することが重要です。

目次に戻る▶▶

まとめ

私はマネーリテラシーをこれからも向上させていくつもりです。何故なら投資を通じて資産形成につなげ、経済的自立をするために必要だから。

今の時代検索すれば情報はたくさん出てきます。メリット、デメリットをしっかりと把握した上で課題解決に向けて行動していけば。

マネーリテラシーも自ずと高まってくると思います。

今後も適切に判断するためにマネーリテラシーの向上に努めていきたいと思います。

今回は以上になります。最後まで読んでくれた方ありがとうございました。

それでは皆様が充実した日々を過ごせますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

スポンサードリンク