リスクと挑戦 サラリーマン資産報告 8月4週目

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

自分で決めた投資ルールに則って、日々淡々と保有株への入金を行っています。

株式投資を行っていると、毎週資産が大きく変動しますので、最初は動揺する時もありましたが、現在は余程のことがない限り動揺することがありません。

これも投資家としての成長だと思っていますが、まだまだ投資家としてのレベルは低いです。

さらなる成長の為に勉強を絶やすことなく、資産とともに成長を続けていくつもりです。

さて今週も資産報告に入ります。

今回の記事は。

リスクと上手く向き合い、資産形成へ向かって歩んでいくことがテーマになります。

それではよろしくお願いします。

スポンサードリンク

今週の資産報告

今週の総資産は−51355円でした、先週比で99.7%です。ほぼ株式の下落によって総資産は減少しました。

この程度の変化はほとんど気にすることではありません。

3月に起きたコロナショックの時は1日で数十万単位で下落した時もありましたので、あの時に比べれば大したことはないです。

感覚が麻痺してきているともいえますが、投資方針がある程度確立されてきたのもあり、動揺することはありません。

私は値上がり益を目指す投資スタイルではなく、不労所得を得る為に活動しています。時間がかけて資産形成を目指すのがスタイルなので、直近の変動はさほど重要ではありません。

下落しても、やることは変わりません。定期的な積立を行って資産形成に向けて自分のお金を運用することですが、運用にはリスクは伴いますので、現状を把握する為に定期的に資産を確認することは必要です。

長期投資は短期投資と異なり、時間を長く取ってあるので、ある程度は放置でも問題ないと言われていますが、多少の変化も逃さないように、総資産、ポートフォリオの変化を週単位でチェックするようにしています。

大きな変化があった時に素早く反応、対応が出来るように常に資産を考えながら活動していますので、現状の把握は重要です。

今週のCSCOへの投資も資産(厳密にはポートフォリオ)を確認して、大きく下落していることから原因を確認し投資に至りました。

今週の出来事、今後やるべきこと

・配当金の入金

今月は少ない銘柄ですが、配当金の入金がありました。ヘルスケアのABBV(アッヴィ)と歯磨き粉コルゲートで有名なCL(コルゲートパルモリーヴ)です。

(CLは別記事でまた書きます)不労所得は着実に積み上がっています。分散して保有することで毎月不労所得が得られるサイクルを作ることができます。

・保有株の買い増し

今週はちょっと衝動買いな側面もありますが、CSCOが決算から大きく売られ値下がりしていましたので、買い増しを行いました。

今回の買い増しによって年間21.5ドルの配当金の積み増しになります。小さな積み上げでもコツコツとやっていくだけです。

・今後やるべきこと

資産のさらなる分散を検討しています。総資産で見ると米国市場に依存している部分が大きいので、その他の商品への投資も検討中です。

資産のさらなる分散を検討しています

米国株で配当金再投資戦略に出会いここまでは米国株を中心に不労所得を積み上げる作業に全力を注いできました。

自身で決めた投資スタイルとはいえ、しっかりと運用でき、資産形成ができていくのか不安もあり、まずは一つをある程度形にすることに精一杯で。

他のことまで管理が行き届かなかったところが正直なところです。

そんな投資初心者な私でもある程度投資スタイルを確立できてきた実感がありますので、先日異なる分野であるインフラファンドへの投資をはじめました。

生活防衛資金を除き、なるべく待機資金のないように心がけていますが、米国株式場一辺倒ではいくら銘柄分散をしているとはいえ、総資産におけるリスクは大きいです。

リスクヘッジを(リスクには危険、ヘッジには回避という意味があり、リスクヘッジは危険を回避するという意味で使われます)より実行していかないと、もう一段階上の資産運用をしていかないと資金を有効活用できているとはいえません。

コモディティ商品や暗号資産を勉強中です。

ちなみにコモディティとは。

コモディティとは商品先物市場で取引されている原油やガソリンなどのエネルギー、金やプラチナなどの貴金属、トウモロコシや大豆などの穀物といったようなコモディティ(商品)に投資することをいいます。

さらなる資産形成へ向けて知識はないよりあった方が良い!金融リテラシーをどんどん向上させていきます!

大事なのは商品のリスクをしっかりと理解すること

投資に対するイメージは大分変わってきたとはいえ、まだまだ各種商品に対する勉強不足は否めなく、イメージで敬遠しているものもあります。

商品の特性、リスクを理解しないままで自分の貴重な資金を投入していまうことは非常にリスクが高いです。

最近投資をしていて思うのは商品を調べ、理解した上で自分でリスクの許容範囲を設定してその中で管理していけば問題ないと感じています。

自分の中で管理できれば、資産運用へ向けて力強い味方になってくれる商品が米国市場やインフラファンド以外にもあるかもしれない。

少しでも資金を分散し、かつ有効に活用できるようにこれからも経済的自立へ向けてどんどん突き進んでいくつもりです。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク