不労所得 ホームデポから配当金を頂きました

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

働かずして得るお金。素晴らしい響きですね。

サラリーマンとして働いていますが、労働をしているからこそ不労所得のありがたみ、そして貴重な収入だと思うことができます。

労働収入と違って、リスクを負った結果として不労所得を得られるので、喜びは労働収入をある意味で超えます。

今後もコツコツと積み上げていく配当金についての記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

HD(ホームデポ)の基本情報

HD  基本情報(MSNマネーより情報抜粋)

セクター 消費財 (景気循環型) 業界 専門小売店

52週最高値 259.29 52週最安値 140.63 利回り 2.41% EPS 10.07

2019年 売上高 1,102.25億円 営業利益  158.43億円 営業利益率 14.37%

ホーム・デポ(The Home Depot, Inc.)は住宅改善小売業者である。【事業内容】同社は建材、住宅改善製品、芝生・園芸製品を販売し、各種サービスを提供する企業です。

ファッション小売店や百貨店にとってネット販売最大手のAmazonは非常に大きな脅威となっているが、ホーム・デポ(Home Depot)には影響が薄いと言われています。

それは住宅リフォームという専門性にあります。リフォームするには相応の金額がかかります。ネットショッピングで気軽に買えるものではなく、実際に物を見て購入したい消費者のニーズに応えています。

そして業者(建築業者、不動産管理者、共同住宅のオーナー)にフォーカスしていることもホームデポの特徴として挙げられています。

・最近の株価は

週足の株価推移になります。コロナショックで大きく株価を落としましたがそれまではほぼ右肩上がりで推移していました。

下がった後も回復が急激で、既に最高値を52週最高値を更新しています。私が保有しているグロース株のV(ビザ)よりも回復のペースが早いです。

配当金を受領しました

今回は20株、2856円の配当金を受け取りました。

今回の配当金受領によって今月も合わせて2万円を超えました。ここ一年、株を購入することはあっても売りに出すことはありません。

バイアンドホールドが基本なので、毎月の買い付けを積み重ねてきた結果が毎月の配当金となって帰ってきています。

私の現在のポートフォリオは全部で16銘柄と多めに構成されています。性格的にリスクを少なくしたいので、結果この銘柄数になりました。

バイアンドホールド出来ているのは、1銘柄に対する依存度を少なくすることで市場や企業自体の影響を分散させていることにあります。

直近の決算は?

純利益は10.7%減の22億5000万ドル(1株当たり2.08ドル)。リフィニティブのアナリスト予想平均は1株2.27ドルだった。

全体の純売上高は7.1%増の282億6000万ドル。予想は275億4000万ドル。既存店売上高は6.4%増加した。

コロナ感染拡大を防止するための外出制限措置が経済に打撃となる中、今年の住宅改善関連の支出は落ち込みが予想されています。

米ホーム・デポ、2-4月期は10%減益 コロナ関連費用が圧迫

引用 https://diamond-rm.net/market/56339/

住宅関連の銘柄は景気循環株になりますので、経済の影響を受けやすいと言われています。公共事業や生活必需品と異なり、生活に必要不可欠な要素ではないことから、景気悪化は業績への悪影響をもたらします。

経済再開は徐々に進められていますが、今年一年は外部環境的に厳しい一年だと思うのですが、株価が上昇しているのは何故なのでしょう?

まとめ

毎月の買い増しを積み上げてきたことで、2万円を超える配当金を得るまでになってきました。

働かずして、不労所得を得るのは、素晴らしいことです。自身のリスクと引き換えに得ている収入なので、労働収入と同等、それ以上の価値があるかもしれません。

今後も家計支出を管理し、余剰の資金と配当金で少しずつ保有株の買い増しを行なっていきます。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!