何故?自己破産は減らないのか(あり得ない?)

  • 2020年2月19日
  • 2020年2月19日
  • 雑談
Pocket

okayuです。

今回は自己破産が増え続けているニュースについて取り上げたいと思います。

参照するニュースは以下になります。

自己破産7万超 増加傾向続く キャッシュレス化の影響も

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200218/k10012290751000.html

引用 NHKニュースより

このブログを読んでくださる方々は金融リテラシーの高い方がほとんどだと思います。普通に考えたら自己破産?なんてあり得ないでしょとなりますが。

今後ますますキャッシュレス社会が浸透してくれば、見えないお金を取り扱うようになる結果、自己破産がより増えてくるかもしれません。

もちろん私も自己破産なんてあり得ないし、あってはならないと考えています。その為に金融リテラシーを高める努力をしていますし、ブログを書いているのですから。

しかし明日は我が身、ならないリスクは0ではありません。ネガティブなことも改めて学ぶことでリスクを再認識する良い機会になりますしね。

目次

  • 自己破産とは?
  • スマホで簡単に借り入れ出来る?
  • キャッシュレス化が影響?
  • 美味しい話には裏がある意識

自己破産とは?

経済的に立ち行かなくなった方が、裁判所に申立てを行って財産を清算する手続をいいます。破産手続も法律に則って行われる手続です。この破産手続を規律する法律が破産法になります。

自己破産すると生活に様々な支障をきたします。

・ブラックリスト(信用情報の事故情報)に10年間登録される

・生活必需品以外は全て処分する

・手続き中は住居を自由に移転できない

・手続き中は郵便物が破産管財人によって調査が入る

考えてみただけで、そんな気軽に出来るものじゃないと感じますね。一気に借金が精算されるんだからこれぐらいのペナルティは仕方のない部分ですよね。

こんなペナルティを負うリスクがありながらも自己破産してしまう人は少なからず存在する。何故?それはニュースによると以下が挙げられるそうです。

スマホで簡単に借り入れ出来る?

スマホの普及率は劇的に上がっています。総務省の調査によれば2017年時点で約60%がモバイル端末を持っているとのこと。今この時代モバイル端末を持っていな人を探す方が難しいですものね。

情報通信機器の保有状況

https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd252110.html

引用 総務省ホームページより

スマホが普及することで借り入れのハードルが低くなったと言われています。

なぜか?それは

借り入れの際、申し込みは店頭窓口や無人契約機にいかなければならなかったものが、スマホで簡単に申し込みが出来るようになった為です。

店舗に行く手間が省けて、周りに顔をみられることもない。スマホ端末のみで全てが終わるのなら、そちらの方が良いですね。

その気軽さゆえに、借り入れの感覚が薄くなってしまうのでしょうか?

私は借り入れはする気は毛頭ないですし、借り入れしなければならない状況を作らない努力をしていくつもりです。

お金は時に人を狂わす、劇薬にもなり得ます。常に冷静に、フラットな気持ちでお金と向き合っていきたいと思っています。

キャッシュレス化が影響?

キャッシュレス化は生活スタイルが変わります。私もキャッシュレスをするようになってから現金を使うことはほぼなくなりました。

クレジットカードさえあれば事足りるので、持ち歩く現金の額も少なくなりました。銀行のATMに行く回数も劇的に下がりました。(月に1回行くかいかないか)

クレジット生活は非常に手軽だし、時間短縮にも繋がります。ただカード払いを申し出るだけであとはカードをさすだけで支払いが終了します。お金を出さなくていいので、会計の時間も短縮されます。

しかも家計簿もアプリと連携されれば、支払い内容が反映されるので家計管理もしやすいです。

その便利さゆえに、現金を動かしている感覚が薄れ、次第にいくら使っているのかを把握することが困難になり、借金をするまで使ってしまう。

というのがキャッシュレス化が及ぼす悪影響に挙げられます。

確かにキャッシュレスを利用しているとお金を使っている感覚は現金の時よりは薄まっているのは事実です。私もそう思います。

だからと言って、いくら使ったかわからなくなるというのは私としては疑問があります。

自分の大切なお金ですよ?キャッシュレスをすることで管理ができなくなってしまうのであれば、それはたとえ現金だとしても管理できないんじゃないかな?と思わざる終えません。

何も調べず、キャッシュレスを始めた人は今すぐ、キャッシュレスのメリット、デメリットを調べるべきだと思います。

美味しい話には裏がある意識

私は何事も美味しい話には裏があると疑いを持って行動するようにしています。

疑いを持って接することで、判断が慎重になり、被るかもしれないリスクを軽減することができます。

メリットの裏にはデメリットが必ずある。デメリットも把握した上で、それでもメリットが優っている場合、私は導入の決断をするようにしています。

自分に都合の良いところだけ切り取って判断するのはオススメしません。デメリットを知ることでメリットもより活きてくるのです。

また見極め、判断の繰り返しで自然と金融リテラシーの向上にも繋がるのではないでしょうか?

今回は以上になります。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!