再投資を軸に総動員で資産形成を目指す11月3週目資産報告

現在の不労所得状況

10月度の不労所得は32567円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

初めまして okayuと申します。@okayuchikuwa 現在30代 適度な田舎な町で平凡なサラリーマンをやっており…

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

証券口座はそれぞれに特色があります。自分にとって少しでも有利な証券会社は何か?を考えた結果SBI証券と楽天証券になりまし…

okayuです(@okayuchikuwa

経済的自由を勝ち取る為に、日々倹約に励みながら、収入を増やす(正確には複線化する)取り組みを行なっています。

投資にはリスクはつきもので分散投資が必要ですが、収入源も一つに絞るのはこれからの時代リスクとなります。

複数を組み合わせることで依存度を少なくして、投資と同じくリスクを分散する必要があります。

リスクを負って積極的な資産運用の成果をこのブログを通じて報告していけたらと考えています。

今回の記事は。

11月3週目総資産報告をしていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

11月3週目運用報告

・総資産

先週と比べ、−117210円と微減でした。1500万円台半ばで推移しています。先週まで米国市場は異様なほど上昇していたので、一服といったところでしょうか。

総資産に占めるリスク資産の割合は変わらず、60%台を推移しています。少しずつ上がってはいるのですが、ここ最近の株高で積極的な買い増しには躊躇してしまいます。

そんな中でも着実に動いています。V(ビザ)の利確、利確した利益でTの新規購入など着実に積み上げてはいます。

私の場合は長期投資がメインになりますので過度に恐れすぎず、淡々と買い増ししていくのみです。銘柄を絞らず分散投資と時間を利用することでリスクを分散します。

・預金

先週と比べ、+56754円と微増となりました。これはVを利益確定売りしたことで一時的に現金が増えたことによるものです。

待機資金として置いておくのはもったいないので、積極的に運用していきます。今月の定期買い増しもしていないので、売却益の一部は買い増しに回していく予定です。

・株式投資、投資信託

株式投資は−170063円、投資信託は+1763円となりました。

今週の米国市場(S&P500指数)は今週は下落して終わりました。(黄色のラインはナスダック、水色のラインはダウジョーンズ、赤色が日経225になります)

期間は2020年からで設定しています。日経もここ最近の上昇でS&P500に迫る勢いで推移しています。ナスダックは相変わらず遥か上を推移していますが、少し停滞気味ですかね。

日本市場は29年ぶりに26000円台に復活したということでニュースになりました。逆に言えばいかに長い期間低迷していたのかがわかるニュースでもありました。

東証前引け 小幅続伸 一時29年ぶり2万6000円台、景気敏感に買い

引用 https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS13_X11C20A1000000/

一方で米国市場はリーマンショックやコロナショックなど一時的な急落局面はあったとしてもそこから回復し、成長を続けてきました。

世界的な企業が数多く在籍する米国市場への投資は長期的な資産形成へ向けて今後も大きな味方になってくれると信じて投資を続けていくつもりです。

・分散投資にはETFという手も

ETFとはExchange Traded Fund の略で、日本語では「上場投資信託」といいます。

ETF = Exchange Traded Fund (上場投資信託)

特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

最大の特徴は1銘柄で分散投資ができるところにあります。

個別株によるリスクは倒産するリスクです。倒産してしまえば、保有する株の価値は無くなります。それを様々な企業を組み合わせて保有することで、手軽に分散投資でき、顧客のリスクを分散することが出来るのが特徴です。

引用 https://www.nikkoam.com/products/etf/about/feature

私は個別銘柄の投資が中心ですが、HDVという高配当ETFにも投資しています。ETFもそれぞれの銘柄によって特色があり楽しいです。

ナスダックに上場している時価総額が最大規模の非金融企業100社を含 むナスダック100指数に連動した投資成果を目指すQQQやS&P500に連動した商品VOO、米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場を投資対象とするVTなど様々な商品があります。

経済的自由へ向けた取り組み

・コルゲートパルモリーブ から配当金受領

日本ではあまり馴染みはないですが、世界的には非常に有名な歯磨き粉のコルゲートで有名なメーカーです。歯磨き粉の分野では、世界シェアNo.1の会社です。会社の発表によると、世界シェアは約40%です。

生活必需品はいくら景気が悪くなったとしても需要がなくなることはありません。安定した需要で私たちホルダーへの配当金の源泉、フリーキャッシュフローを積み上げています。

・V(ビザ)の売却

先日全20株のうち半分の10株を売り、Tの新規購入を行いましたが、残りの10株も売り売却を完了しました。

利確によって得た資金を保有銘柄買い増しの資金に充てていくつもりです。

V(ビザ)に関しては今後も株価の動向を注視していこうと思います。中期投資でまたエントリーすることもあるかと思います。

・頭と尻尾はくれてやれ

投資格言で「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉があります。

投資家の心理としては「最安値で買い、最高値で売りたい」ものですが、底値で買って天井で売ることはほんど不可能で失敗しがちです。買うときも売るときも上下は少し残したほうがいいという考え方です。

今回のV(ビザ)の売却はまさに投資格言通りに行動ができたかなと自己満足しております笑

欲張りすぎても売り時を逃す、安くなるのを待っても安くなるかどうかはわからない。

欲張りすぎないことが重要ですね。

資産は多様な選択肢の中から自分で選ぶ

資産を築く為には様々な投資商品の中から自分で選び、管理していかなければなりません。

選び方、管理の仕方によっては自分の貴重な資金を減らしてしまう可能性だってあるわけです。

自身の投資軸を定め、その軸がブレない範囲で様々なことにリスクをとって挑戦し、資産運用をしていくことが重要です。

私の投資軸は米国株で配当金を再投資することで不労所得を積み上げることです。

これを大きな軸として、そのスタイルを脅かさない範囲でインフラファンドや仮想通貨の投資、副業を行なっています。これらの取り組みが結果として現れてくればさらに不労所得を積み上げる資金を生み出すことができます。

収入は必ずしも労働だけではない。

収入の幅を増やし、投資資金の捻出も複線化することがこれからの時代大切で。収入も分散されればそれだけ途絶えるリスクも分散されます。

お金を稼ぐ手段は労働以外にも様々あります。労働だけで資産形成出来る時代はもう終わりました。

私は収入を複線化し、得ることができたお金は投資軸をより太くする為に使っていく。

現状持っている自身の資産とこれからも稼ぎ出すお金は総動員して投資資金に回していくつもりです。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

ブログランキング・にほんブログ村へ株式ランキング

私が利用しているサービスです


楽天カード+楽天証券+楽天市場

楽天経済圏への第一歩、

家計の味方楽天ポイントをお得に貯めています。楽天カードだけでも楽天市場でのお買い物がお得に♪

楽天カード

積立nisaは楽天証券、カード決済で積立で楽天ポイントゲット

楽天証券

楽天の各種サービスを利用して最終的に楽天市場で買い物、これが楽天経済圏です。

SBI証券

米国株投資はSBI証券、SBIネット銀行の米ドル為替コストが安いのもありメイン口座です。

SBI証券

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer

ハピタス
ポイ活も積極的に行なっています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ザ・モトリーフール・ジャパン株式会社

登録無料です。米国株の情報収拾に、投資の参考にしています。

モトリーフール

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。